2020年09月23日

かつて日本は駿馬が躍動する「草原の国」だったという面白い本が出ていた

 うちの近所に「池月」がいた。  池月(いけづき)とは、源平歴史ファンにはおなじみの、源頼朝の持ち馬だった二大名馬の一頭だ。  いまから八百四十年前、平氏を討って源氏を..
posted by 冬の夢 at 15:26

2018年08月18日

日本の古代史を「朱」の採掘輸出ビジネスで解釈しなおそうという面白い本が出た .

 このブログで著書を紹介してきた蒲池明弘さんが、この夏、文春新書にさらに一冊の新著を加えた。  題して『邪馬台国は「朱の王国」だった』。  これまた面白い本なので、手にとっ..
posted by 冬の夢 at 13:20

2017年03月27日

古事記は縄文火山の記憶の書でもあるという面白い本が出た .

 このブログで紹介したことがある、蒲池明弘さんの著書が、文春新書の一冊となってさきごろ発売された。  不思議なタイトルの本だ。 『火山で読み解く古事記の謎』。  古事..
posted by 冬の夢 at 22:19

2017年01月27日

「大阪城=前方後円墳」という説を知っていますか? .

「〜という説を知っていますか?」というのは、インターネットの客寄せ常套句のひとつ。 「まとめ」と称して、ネット上の既存情報を巧妙に切り貼りしてアクセスを稼ぎ、連動する広告収入..
posted by 冬の夢 at 01:27

2014年04月12日

源義経の「坂落とし」は高尾山だった!という話【改】 .

 義経を手本にせよとて、まづ卅騎ばかり、まッさきかけておとされけり。(略)おほかた人のしわざとは見えず。ただ鬼神の所為とぞ見えたりける。 『平家物語』の「坂落」には、そう..
posted by 冬の夢 at 03:07