2021年09月26日

歌舞伎座九月公演『東海道四谷怪談』 〜 リアルの上を行く仁左衛門と玉三郎

 コロナ禍での歌舞伎座は、基本的に三部制での公演を継続している。上限五千人に観客数を制限しているのはもちろんこと、入れ替えの間には座席の消毒をして、食堂以外での飲食は禁止。幕間には頻繁に係員が場内を巡回して、マスクの着用と会話を控えるようパネル表示で徹底している。
 大向こうの掛け声は相変わらず禁止されているけれど、今月の第三部『東海道四谷怪談』を見たらば、思わず「松嶋屋!」「大和屋!」と屋号を口にしたくなるはず。若手役者に世代が切り替わろうとしている歌舞伎界にあって、舞台にいるだけで観客を魅了してしまう仁左衛門と玉三郎が共演するのだ。拍手だけでは感激を表しきれない、そんなもどかしさを感じた観客が多かったのではないだろうか。

 『東海道四谷怪談』の作者は、鶴屋南北。当時の現代劇の中でも特にシリアスでリアリティのある芝居は、「生世話物」(きぜわもの)と呼ばれていた。河竹黙阿弥に引き継がれるその流れの大元を確立した鶴屋南北は、現実にありそうな切実な描写を舞台に持ち込んだ。「浪宅の場」で、武士である伊右衛門が傘張りの内職をしている最初の場面。あるいは、宅悦に色仕掛けをされたお岩が武家に生まれた女として短刀をかざすところ。いずれも、南北が仕掛けたリアリズムの反映である。
 しかしながら、今回の公演の見所は別であって、それは仁左衛門と玉三郎の存在感。ふたりの存在感がリアリズムを追い越してしまっていて、リアルな芝居よりも役者のリアルさがひとつ上を行くのである。しかも、仁左衛門と玉三郎のどちらか一方ではなく、ふたりともに。こんな芝居を見られるのが、真の贅沢さ。三等席のチケットが取れずに見るのを諦めようかと思ったのだけど、一万円以上する二等席でも十分にお釣りがくるくらいに価値のある公演だ。

 まずは仁左衛門。民谷伊右衛門の佇まいは、貧しい武士の情けなさを感じさせるものだが、仁左衛門には一切それがない。外見はみすぼらしいものの、仁左衛門の伊右衛門は常に雄渾として、威厳を失わない。普通ならそれが虚勢を張ったこけおどしに見えてしまうところを、仁左衛門がやると品位が落ちないので、少しも嫌な気分にならずに見ていられる。
 伊右衛門が伊藤家への婿入り祝言のために、お岩に金目のものを出せと迫る場面。お岩を小突きながら、赤ん坊の蚊帳まではぎ取る強欲ぶりなのだが、見ていて腹立たしく感じられない。お岩がいるのに別の家への婿入りを承知してしまううえに、そのお岩をいたぶる陋劣な悪党なのだ。たぶんほかの役者ならば、ひたすら不愉快になるだけのはず。そうならないのは、仁左衛門自身が持つ役者としての貫禄なのか経験なのか。

 かたや玉三郎。お岩の役は、髪梳きの場面が見せ所と決まっているが、今回の公演では、伊藤家喜兵衛から贈られた薬を飲むくだりが凄かった。産後のお岩に血の巡りが良くなるからと薬を飲むように勧める伊右衛門。本当は容貌を崩れさせる劇薬なのだが、この時点では伊右衛門もそれを知らない。仁左衛門の話に戻ってしまうと、このときのお岩を労る優しさがあまりにも本当の真心に見えるのが、存在感だけでなく演技の巧さのなせる技なのだろう。
 伊右衛門が出かけて、ひとりになったお岩はその薬をありがたそうにして飲み干す。この場面の玉三郎を見ると、お岩の不幸過ぎる運命に憐憫の情を持たない観客は皆無だろう。赤子を横に寝かしつけながら、拝むようにして薬を手のひらに取り出す。それを口に入れて湯呑みの白湯でぐいと飲み込む。手のひらには残った薬の粉。それを丁寧に払って湯呑みに入れ、薬が混じった白湯を最後まで飲み干す。
 この流れを玉三郎がやると、ありがたみに真実感謝し、薬の効能を虚心坦懐に信じ込み、何事も粗末にはしない、お岩という女性の生真面目な実直さが浮かび上がる。これを広い舞台の中でただひとりでやり通さなければならないのに、玉三郎はその空間と時間を自らの存在感でいっぱいに満たしてしまう。私は見たことはないのだが、亡くなった歌右衛門の髪梳きや『先代萩』のまま飯きは、大仰とかやり過ぎとか批判されていたらしい。しかし、玉三郎には過剰感はまったくない。受け持った時空を、過ぎることなく欠くこともなく、寸分違わずぴったりに埋めてしまう。その役者としての柄が、他の者たちの追随を許さない威容を示しているのだった。

 『東海道四谷怪談』は人気の演目なので、これまでも繰り返し上演されてきた。私が最初に見たのは、十八代目勘三郎が勘九郎だったときの納涼歌舞伎。お岩・小平・与茂七・お岩の霊・小平の霊を早替わりでつとめてケレン味が強く、見ていて愉しい芝居になっていた。伊右衛門は芝翫を襲名する前の橋之助で、残念ながらそちらの記憶はほとんどない。二度目は、吉右衛門が伊右衛門をやった新橋演舞場。このときは福助のお岩で、一階席で見たせいか、髪梳きの段取りをつぶさに見ることができた。
 両方ともに通し公演だったので、「蛇山庵室」から「仇討」までが上演された。お岩と小平の霊が、お化け屋敷的な仕掛けで飛び出してくるところで、伊右衛門の凶悪さに天誅が下る。だから物語もひとつの輪になるし、観客も溜飲を下げるわけだが、今月の公演は、コロナ禍ゆえの上演時間の制限で、その前の「隠亡堀」で終演となる。やや物足りない気分ではあっても、ひょっとすると逆に「浪宅の場」のみがクローズアップされて、だからこそ仁左衛門と玉三郎の存在感が映えたのかもしれない。いずれにしても、この先いつ見られるかどうかわからない、極めて貴重な舞台であったことは間違いない。(き)

四谷怪談.jpg


posted by 冬の夢 at 15:48 | Comment(0) | 伝統芸能 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: