2021年09月19日

国立劇場九月文楽公演『卅三間堂棟由来』 〜 文政四年の最先端

 国立小劇場に『卅三間堂棟由来』(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)を見に行った。
 重要無形文化財保持者いわゆる人間国宝に認定されることになった桐竹勘十郎が出る『双蝶々曲輪日記』の第一部と、沼津だけではなく敵討までやる『伊賀越道中双六』の第三部の、ふたつの出し物に挟まれての第二部。これではいかにも打順が悪く、緊急事態宣言が延長されたこともあって、日曜日なのに空席が目立つ中での見物だった。それでも咲太夫が切り場語りで出るし、呂勢太夫の相方はいつもながらに鶴澤清治だから、聞き応えはもちろん十分。
 それに上乗せしての見どころは、人形の使い方と舞台転換。文楽は、先人たちが見物をいかに楽しませるかの工夫を積み重ねた結果のエンターテイメントなのだと、あらためて感じ入ってしまった。

 あらすじはこんな感じ。頭痛を患う白河法皇の平癒祈願のため、柳の木を切り倒して三十三間堂を建立すべし、と熊野権現からお告げがあった。そう聞いてうちひしがれたのは、平太郎を夫にもつお柳。実はお柳は柳の木の精で、かつて伐採されそうになったところを救われた平太郎に嫁ぎ、みどり丸という男子をもうけて慎ましく暮らしていたのだ。お柳は平太郎に本性を明かし、お家再興のための髑髏を手渡すと姿を消してしまった。老母を殺害した謀反人和田四郎を討ち取った平四郎は、みどり丸とともに木遣音頭に合わせて、柳の木を都に向けて曳き出すのであった。

 人間が因果により人間以外の生き物と契りを結ぶ物語は、異類婚姻譚(いるいこんいんたん)というジャンルにひとくくりにされるそうだ。お柳はその名の通り、人間ではなく柳の木の精。そんなわけで、このお話は、人の姿に身をやつしたお柳が、柳の木に戻って行くところが見せ場だ。そして、実際に見ていて驚いたのは、お柳が人間ではいられなくなったときの人形の遣い方、と言うか使い方だった。
 最初にお柳が姿を消すときの使い方は、こうだ。三人の人形遣いのうち、左遣いと足遣いが人形から手を離す。主遣いひとりになると、人形の半身が虚脱したように見える。そして、いきなり主遣いが人形とともに手摺の向こう側にしゃがみ込む。主遣いと人形は舟底にいるわけだから、見物席からお柳は見えない。つまり消えてしまったわけだ。「こんなんで消えたことにするなんて、子ども騙しもいいところじゃない?」という疑問ももっともですが、なにしろ江戸時代の宝暦十年初演、文政四年(1821年)に今の外題で上演された人形浄瑠璃。活動写真で観客の度肝を抜いた、目玉の松っちゃんこと尾上松之助がカット割りで突然画面から消えるなんて見せ方は、当たり前だができるわけがない。ならば、と人形遣いがストンとしゃがみ込んで消えたように見せたらどうか。単純な工夫だが、当時の見物たちはそれなりにびっくら仰天したんではなかったろうか。
 消えたとはいえ、五年も平太郎と仲睦まじく暮らしたお柳である。そんなことで簡単に消滅してしまうほど、人間界への執着は軽くない。再び姿を現して、お家再興に役立つ髑髏を平太郎に渡し、あとに残すことになる息子みどり丸に別れを告げる。
 そして、いよいよ本当にお柳が柳の木に戻っていくところ。深緑のきものを着たいつものお柳は、突然に白装束に変わる。歌舞伎でいえば、黒衣が仕掛け糸を引き抜いて衣装がぶっかえる場面となるわけだが、文楽では、主遣いが深緑のお柳人形を舟底へ落とし、足遣いから渡された白装束のお柳人形にサササっと持ち替える段取りだ。「おいおい、今、人形落としたよね」なんて野暮を言ってはいけない。普段のお柳が瞬時に霊験な白装束に変わったということにして先へ進みましょう。
 白のお柳がゆらりゆらりと平太郎家の居間から玄関に出ると、スッと壁に溶け込むようにいなくなる。映画なら二重写しにしてお柳の映像だけをフェードアウトさせるだろうけど、文楽はそんな手の込んだことはしない。壁の上下真ん中が軸になっていて、壁が回転するのに合わせて、白装束お柳と主遣いが壁の向こう側に消えるという寸法だ。さすがにこれは甲賀の忍術屋敷のどんでん返しと同じだし、歌舞伎でも『東海道四谷怪談』では見せ場の「戸板返し」で使われている。忍者が消えるくらいなのだから、人形だって消えるように見えるはず。早替わりや戸板返しなど意表をついた演出を歌舞伎では「ケレン」と呼ぶ。文楽にもケレンがあるとは知らなかったけれども、気持ちが舞台に向いていれば、単純な仕掛けであっても、ケレンは味わい深いものになるのだった。

 もうひとつの見どころは、舞台転換。お柳が消えた後で、敵役の和田四郎が平太郎の老母を締め殺してしまうのはあまりに無惨だが、その平四郎住まいから柳の木の伐採場へ場面が転換がする。これがまた見事な視覚的効果なのだ。
 平太郎の家屋のセットが舞台奥のほうにズズーッと後退していく。屋内にいる人形遣いもセットとともに後じさり。舞台奥には照明が届かないから、人形もセットも後退とともに暗がりに沈み込むように見える。それらを覆い隠すかのように伐採場の背景幕が降りてきて、台車に乗せられて曳かれる柳の木が登場、最後の木槍音頭の舞台に入れ替わっているという寸法だ。これらの流れは、ひとつのシーンがアイリスアウトして暗転し、次のシーンへとカットインするかのごとくに見える。もちろん見物は、場面が切り替わったことをごく自然に受け入れるだろう。

 人形を落とす。人形を取り替える。回転壁を利用する。セットが舞台奥に後退する。どれもこの演目が最初に上演された文政四年においては、最新の仕掛けだったのではないだろうか。技術の革新は、斬新な演出に直結する。どちらかと言えばマイナーな演目でそれが発見できたのは、手当たり次第に観劇してみることのご褒美のようなものだ。
 ちなみに、木槍音頭での呂勢太夫の謡いと清治の演奏は、見物全員が床だけに吸い付けられるかのようだった。独演会、いや二人会のような様相での幕引きであった。(き)

お柳.jpg

posted by 冬の夢 at 23:22 | Comment(0) | 伝統芸能 文楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: