2020年07月13日

追悼エンニオ・モリコーネ 〜 口笛とギターとトランペットと

 イタリアの映画音楽の大家、エンニオ・モリコーネが亡くなった。と書いているが、実は訃報に接するまで「エンリオ」・モリコーネだと思い込んでいた。小学生のときにTVで外国映画を見始めたとき、まず西部劇にハマった口なので、最初に覚えた作曲家はエルマー・バーンスタインと「エンリオ」・モリコーネ。残念ながら小学生の私は映画雑誌のカタカナ表記を読み間違えたまま、Ennioの綴りを確かめることはなかった。何十年も親しんできたはずの人の名前を間違えていたとは、なんとおバカな映画愛好家だろうか。
 更に思いを巡らすと、映画監督や俳優の名前を勘違いしていたことが一度ならずあったのだった。例えばイングマル・ベルイマン。かなり長い間「ベイルマン」だと思っていた。だってその方が読みやすいじゃないですか。この間違いはあるとき自分で気づいたので事なきを得たが、『冒険者たち』のヒロイン役、ジョアンナ・シムカスのことは全く真剣に「シスカム」だと信じ込んでいた。学生の頃、『冒険者たち』に心酔していた友人から「間違ってるよ」と指摘されたのに「絶対にシスカムだ」と逆ギレして訂正を求めたくらいだ(言うまでもなく、当時はその場でググるなどの解決法はなく、家に帰って映画俳優年鑑のページをめくるまで正解に行きつかなかった)。

 そんなわけで急に見知らぬ人になってしまった気がするエンニオ・モリコーネなのだが、その音楽は頭の中にしっかりと植え付けられている。まずは旋律。哀愁を帯びているのに、一度聴いたら忘れられない強靭なモチーフ。そして口笛。『荒野の用心棒』(※1)のメインテーマは日本では「さすらいの口笛」というタイトルがつけられてレコード化されたほど、口笛の存在感が際立っていた。加えてスキャット、ハーモニカ、ギター、トランペット。これらが渾然一体となって哀しみのモチーフをリフレインする。するとどうだろう。見かけたことのない俳優たちが、ほとんどセットのない荒れ野の平地で、銃を構えて立つだけの映像が、なんともドラマチックに迫ってくるのだ。そう、エンニオ・モリコーネは音楽によって映像の見映えを変えてしまった。埃っぽく薄っぺらい設定が、モリコーネの音楽をつけるだけで、ニュアンスのある味わい深い印象に変貌する。それはほとんど一連のマカロニ・ウエスタンものの特徴でもあった。
 そのマカロニ・ウエスタンの創始者と言われた映画監督がセルジオ・レオーネ。レオーネの作品はモリコーネの音楽がなければ存立が危うくなるほどに音楽を前提に作られている。『続・夕陽のガンマン』(※2)の有名な決闘シーン。いい人、悪い奴、汚ねえ奴の三人が三角形に立って睨み合う。一度に二人に向かって銃は撃てない。では自分はどちらを撃つか。あるいは相手はどちらを撃とうとしているのか。西部劇の決闘と言えば一対一、または味方対敵が相対するものと決まっていた。それをわずかひとり増やしただけで、レオーネは多層化・複雑化した決闘に仕立ててしまった。三人の顔のクローズアップが連続し、顔の中の視線は左右にさまよう。この場面のモリコーネの音楽。三人はかき鳴らされるギターに促されるように立ち位置に向かう。そこに高らかなトランペットのソロ。そして一瞬の静寂の後、規則正しく打楽器がリズムを刻む。睨み合う三人。やがて再びトランペットが主旋律を奏でて三人の手は銃にのびる…。音楽なしに見たら面白さは半減。と言うか明らかにモリコーネの音楽があることを前提にショットが組み立てられているのだ。
 『続・夕陽のガンマン』によりレオーネはハリウッド資本を得ることに成功。そしてヘンリー・フォンダ、チャールズ・ブロンソン、ジェイソン・ロバーズというハリウッド俳優が勢揃いする大作『ウエスタン』(※3)を完成させる。その製作過程にあたってレオーネはまず最初にモリコーネに曲作りを依頼した。そして出来上がった音楽に合わせて撮影を進めたと言う。映像と音楽の表裏一体化。ミュージカルではなく西部劇における音楽のヴィジュアライズ。それをレオーネにインスパイアさせたのがエンニオ・モリコーネその人であった。

 ところで「マカロニ・ウエスタン」と言う映画ジャンルについては1960年代から70年代前半に栄え、以降は没落してしまった感がある。しかしながらモリコーネの音楽に象徴されるように、オリジナルな映画作りの土壌を作った点においてもっと評価されるべき作品群だった。その嚆矢となった『荒野の用心棒』は、舞台設定はハリウッドから、キャラクターとストーリーは黒澤明からのパクリであったが、それまでの映画にはない全く新しい「世界」を持っていた。その世界の根底にあったのは、ゴッタ煮による無国籍感覚、あるいは様々な価値観の排除だ。俳優はイタリア人とアメリカ人が混じり、撮影場所はスペインの荒れ野。西部劇にお決まりの「フロンティア精神」などはお構いなしに善悪の境界線も曖昧だ。もちろんインディアンによる「襲撃」もないし、東部と西部の対立もない。いろいろな制約はすべて取っ払って、「世界」を自由に組み立てられる。ある意味で非常にラディカルな映画製作が実践できた「マカロニ・ラボ」であった。
 同時にそのラボは製作費予算を潤沢には持てなかったし、映画業界からはキワモノ扱いされたのだろう。セルジオ・レオーネは『荒野の用心棒』の主演にヘンリー・フォンダやチャールズ・ブロンソンを望んだらしいが、それらのオファーはことごとく断られ、TVシリーズの「ローハイド」に出演していたクリント・イーストウッドが観光気分でヨーロッパに行くことになった(※4)。今ではこうしたエピソードのひとつとってもすでに伝説と化していて、マカロニ・ウエスタンの主演がなければ、映画監督としてのイーストウッドの活躍もなかったかも知れないし、フォンダとブロンソンは結果的には『ウエスタン』で共演し、レオーネの念願が果たされることになるのだ。

 エンニオ・モリコーネは、名声を手に入れたにも関わらず、ありとあらゆるジャンルの映画に楽曲を提供し続けた。どう見てもゲテモノとしか思えないような作品でもモリコーネの音楽だけは際立っていて、映画自体を乗っ取ってしまうようでもあった。一例をあげるなら、『ヒッチハイク』(※5)という超B級映画がある。コリンヌ・クレリーの裸体だけが売りなのに、モリコーネの音楽を身にまとうとなにやら倦怠感の漂うヒールアクションに見えてくるのだ。
 そのように映画の質や格を選ばす、請われた仕事を嫌がらずにこなしていたからか、賞には縁遠かったモリコーネが、アカデミー賞の作曲賞を受賞したのは、つい最近で2016年のこと。モリコーネは八十五歳になっていた。受賞作品は『ヘイトフル・エイト』(※6)。マカロニ・ウエスタンフリークでもあるクエンティン・タランティーノ監督からの満を持してのオファーだった。セルジオ・レオーネ風を踏襲した、見事なまでに悪人しか出てこない西部劇かつ密室殺人劇。さすがにタランティーノだけあって、映像が音楽に食われてしまうことはなかったが、モリコーネの楽曲は世代の違う才能とのセッションを楽しむようにも聴こえた。エンニオ・モリコーネに作曲賞を授与することが出来て、映画芸術科学アカデミーもホッとしたことだったろう。(き)


エンニオ・モリコーネ Ennio Morricone 1928年11月10日~2020年7月6日

goodbadugly.jpg


(※1)『荒野の用心棒』は1964年にイタリア・西ドイツ・スペインの合作で製作された。

(※2)『続・夕陽のガンマン』は1966年製作。英語版タイトルは”The Good,the Bad and the Ugly”で、TVの吹替版ではメインタイトルが出るときに「俺いい人、俺悪い奴、俺汚ねえ奴」と三人の声優による台詞が入っていたと記憶する。

(※3)『ウエスタン』は1968年、イタリア・アメリカ合作映画。蒸気機関車の横をヘンリー・フォンダのフランク一味が馬に乗って併走する移動ショットが素晴らしい。

(※4)TVシリーズの主演男優がイタリアへ出稼ぎに行く。クエンティン・タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のメインテーマになっている。

(※5)『ヒッチハイク』は1977年イタリア映画。調べてみたら、このB級作品の監督パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレは、ルキノ・ヴィスコンティの『若者のすべて』『山猫』の脚本家であったことを知り、驚愕している。

(※6)『ヘイトフル・エイト』は2015年アメリカ映画。プロダクション・デザイナー(美術監督)の種田陽平にとって『キル・ビル』以来二度目のタランティーノ作品。



posted by 冬の夢 at 22:06 | Comment(2) | 音楽 映画音楽・ソウルなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エンニオ・モリコーネ(奇遇?ですが、ぼくも愚かにもエンリオと思い込んでいました!)といえば、『ニュー・シネマ・パラダイス』もこの人の作曲でしたよね。それで、またしても奇遇?なことに、以前山崎ハコのライブを聴いたとき、先日亡くなられた夫君の安田裕美氏がギター伴奏を担当していて、山崎ハコが「安田さんは、皆さんもご存知の通り、ギターがとても上手い。実は、先日、テレビのCMで『ニュー・シネマ・パラダイス』のテーマミュージックが使われていて、それがすごく美しくて、CMなのに聴き惚れていたら、安田さんが『それはぼくが弾いている』と言ったので、とても驚いた。(皆さんも驚くでしょ?)種明かしは、CMには契約上サウンドトラックを使えないので、他のギタリストがわざわざ録音し直したものを使っている。つまり、日本中のテレビで流れている演奏は、本物ではなくて、安田さんの演奏の方なの。でも、本物に劣らないどころか、もしかしたら本物よりも上手なような気さえする、云々」と語り、その後に、安田裕美が実際にその曲を弾いてくれたという思い出があります。確かに、曲も良かったけれど、演奏も良かったです。
Posted by H.H. at 2020年07月15日 01:51
 亡くなったジャズ・ベース奏者のチャーリー・ヘイデンが……同時代の好きな奏者を、しばしば故人と書かなくちゃならないのは悲しいけれど……ギターのパット・メセニーと二人で演奏している版も、とても美しいですよ。「メイン・テーマ」と、それ以上に人気があった「愛のテーマ」(こちらは息子のアンドレアが作曲)の両方、演奏しています(『Beyond the Missouri Sky』1997)。
Posted by (ケ) at 2020年07月15日 17:53
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: