2020年06月10日

ウィントンの娘として、その言葉を聞く─2020年5月31日、あるトランペット奏者の発言 B

We can’t be feeling that good about our nation right now. Separated by wealth disparity, segregated in thought and action, poorly led on the left and on the right, confused in values of institutions and symbols of excellence, lacking in all integrity from the highest to the lowest levels of government, undisciplined in exercising the responsibilities of citizenship, disengaged and overfed on meaningless trivia and games, at each other’s throats all the time for every issue. We seem to be at a dead end.

 私たちはいま、わが国のよさを感じとれなくなっています。富の格差によって分断され、思想や行動によって分かたれて、左翼や右翼へいい加減に誘導され、よい制度や、偉大な存在の価値がわからなくなっています。政府のトップから現場まで、あらゆるレベルで清廉さが欠如し、市民としての責任を果たすことをろくに学んでおらず、私たちは、あらゆる論点についていつも激しく争いながら、切り離されてしまったうえに、なんの意味もない些末な情報やゲームを飽きるほど与えられています。私たちは、行き止まりにたどりついてしまったかのようです。


It’s funny to think this whole experiment in democracy could end with a populace that is so polarized and self-absorbed that it can’t imagine atoning for the slavery and subjugation of other human beings and sharing enormous wealth (financial and other) with each other. But it wouldn’t be that surprising, because no matter how many times we find ourselves with the opportunity to right tremendous wrongs, we just keep coming up with the same wrong answer. It’s like having the solution to a math problem, not knowing the underlying mechanics to actually solve it, and lacking the patience and humility to ask for help-to learn. It’s the damndest thing to just keep doing the same wrong thing over and over again, and more forcefully wrong each time......or maybe, that wrong answer we keep coming up with─maybe it’s just who we actually are.

 思えば、おかしなことです。民主主義の実験全体が、分断化されて自己中心的な人民とともに、奴隷制や他者の隷属を解決することなく、また膨大な富を(財政的にもその他の意味でも)分かち合うこともなく、終末に至ることがありうるなんて。といっても、驚くことでは決してありません。なぜなら私たちは、とてつもない誤りを正す機会を目のあたりにした自分の姿に、いくたび気づこうとも、ただ同じ間違った答えを考えつくだけだからです。それは、問題を実際に解くための基本的な仕組みを知らず、学びの手助けになることを聞く忍耐力も謙虚さもないまま、数学問題の解法を得ているようなものです。同じ間違いをただ何度も何度も繰り返したうえ、よりひどく間違えるようになったりするなんて、最悪にひどいのですが、たぶんその、いつも間違った答えを思いつき続けるのが、私たちの本当の姿だ、ということなのでしょう。


Life is not a book or a movie. It is itself much too complicated and simple to be understood from any one person’s perspective. Its truths come to their own conclusions that live as facts though lies may stand as temporary history. But George Floyd lying in the cold cold ground at this moment is a fact, as was the fact of Eric Garner and all of the other Americans who didn’t deserve to be killed by their peace officers. The murders of both men are eerily similar. And they, taken together though almost six years apart, are not even a referendum on the offending officers, but a view into how we can’t get past the illegality and illegitimacy of our courts and our politics that snatched back the North’s victory from the South in the Civil War. This successful legal and political wrangling to recast slavery as peonage and to maintain an underclass is still going on. Its victories, in effect, spit on the graves of 700,000 Americans lost on both sides in that conflict. And we refight our Civil War every day. It was interesting hearing Keisha Lance Bottoms, the Mayor of Atlanta and Killer Mike both reference the Civil War, the Civil Rights Movement and this moment in one breath. They put this present moment in its proper context – a continuation of the struggle for human rights and civil liberties against the legacy of slavery and unapologetic racism.

 人生は本でも映画でもありません。人生そのものは、ひとりの視野で理解するには、とてつもなく複雑であり単純でもあります。人生の真実は、それぞれの人生の結論に至ると、事実として生き続けていきます。たとえいっときの間、嘘の歴史がまかり通るにしても。しかしそうであっても、この瞬間、冷え冷えとした地面に埋葬されているジョージ・フロイドは、ある事実なのです。そしてエリック・ガーナーやそのほか、われわれの安全を守る警察官に殺される理由などなかった多くのアメリカ人たちも、事実です。どちらの場合も殺人者は不気味なほど似ています。六年近い間があって起きているというのに、違法警官に対する住民投票は存在していませんし、せいぜい、南北戦争で北軍に南軍に対する勝利をつかませた、司法と行政の違法性や非合法性から私たちがいかに逃れられないか、という見かたが得られるにすぎません。その当時は奴隷制度を日雇い雇用へ焼き直し、下層階級をそのままにしておく目的で、司法上の、そして政治的な論争が、成功をおさめたわけですが、その状態はいまも続いているのです。実のところ南北戦争での勝利とは、そんな論争のために両軍で亡くなってしまった七〇万人ものアメリカ人の墓に、つばを吐きかけるようなものです。そして私たちは、日々、現代の私たちにとっての南北戦争を戦い直しているのだといえます。アトランタ市長のケイシャ・ランス・ボトムズと、ラッパーのキラー・マイクが、どちらも南北戦争を引き合いに出しているのを聞くのは興味深いことでした。公民権運動と、いまのこの瞬間が、ひと息でつながっているのです。二人とも、この瞬間を正しい文脈で語りました。──奴隷制と、なんの謝罪もない人種差別の伝統に対し、人権と市民的自由を求める戦いの継続である、として。

These were Abraham Lincoln’s thoughts on slavery:

 以下は、エイブラハム・リンカーンが、奴隷制について考えていたことです:


“I hate it because of the monstrous injustice of slavery itself. I hate it because it deprives our republican example of its just influence in the world, enables the enemies of free institutions with plausibility to taunt us as hypocrites, causes the real friends of freedom to doubt our sincerity, and especially because it forces so many really good men among ourselves into an open war with the very fundamental principles of civil liberty, criticizing the Declaration of Independence, and insisting that there is no right principle of action but self-interest.”

「わたしは奴隷制を憎む。それ自体の巨大な不公正ゆえに。わたしは奴隷制を憎む。なぜならそれが、わが共和制の模範からそれが世界に与うべき正しい影響力を奪い、自由な制度の敵どもが、わたしたちの側を偽善者だともっともらしく嘲弄するのを可とし、真の友人に、わたしたちの誠実さを疑わせるがゆえに。そしてなおさらに、わたしたちの中にいる数多くの真によき人々に、市民の自由の根本原則のため戦争を始めることを強い、独立宣言を批判し、正しい行動規範などなく利己的な私欲のみが存在すると主張するがゆえに。」


Notice the list of corruptions that Lincoln laid out 160 years ago - there is no better definition of our current position. He must have come up out of the grave to tell us yet again. Sad as it is to say, contemporary Americans just may not be up to the challenge of democracy. A lot of countries in the world seem to be openly retreating from it. But that open retreat will be different here, for our credo of equality, freedom and the dignity of persons requires us to construct elaborate ways of eliminating stubborn problems that we seem to not have the will, wherewithal, and humanity to solve.

 一六〇年前にリンカーンが列挙した腐敗に注目してください──私たちの現状を、これ以上うまく定義しているものはありません。リンカーンはそれを私たちにいまいちど教えるために、墓から出てきたに違いないのです。残念というほかありませんが、現代アメリカ人は、民主主義の課題に応えるにはふさわしくないのでしょう。世界の多くの国も、明らかにそれを避けているようですが、ここアメリカでは、その、明らかに避けるやりかたが違います。というのは、私たちに平等や自由や尊厳に対する信念があるがばかりに、解決しにくい問題は、ないことにしておく入念な方法を作り出すことになるからです。おかげで、問題を解決しようという意思も方法も人間性も、私たちにはないように見えるのです。


And it’s the slow, slow choke out of everything black: that fake construct of blackness that was invented in America for the express purpose of elevating an equally fake whiteness; that blackness that has been parodied and mocked and shamed, been raped and robbed and lynched, cheated and fooled and straight up hustled into slapping itself under the banner of entertainment, still seeking the attention and resources of its masters by hating and disrespecting and killing itself; that omnipresent blackness to be named and renamed again and yet again for the purposes of denying its very name and birthright, that blackness that shows up in everything from a bowl of grits and a Southern twang to a whining rock guitar and a piece of fried chicken, to The Constitution itself. Yeah, choking all the blackness out is going to be hard. Because it shows up as state’s rights versus federal authority, as the root of the electoral college and as gerrymandered districts and the modern repression of some people’s right to vote. That inescapable blackness is always a primary subject in the discussions that elect Presidents where it shows up as immigrants, criminals, and disavowed preachers. It’s clearly seen every day and night in our richest cities staggering down the streets in a tattered stupor with a sign saying, “do you see me?” and bearing the dates 1835, 1789, 1855 and all of those slavery years. And all those ghosts remind you that we rolled back Reconstruction, we denied the Afro-American heroism of WWI with the segregation of WWII, that we denied our citizens access to equal funding and equal housing and equal education and equal health care and equal opportunities and that we rolled back the gains of the Civil Rights movement under on the very watch of many of us that are alive to read this post. And that at each broken promise, said with a smile, “fare thee well brother, fare the well”.

 そして、あらゆる黒さが、ゆっくり、きわめてゆっくりと、絞め殺されつつあります。黒さとは、同じようにありもしない白さを、より位が高いもののように表現するため、アメリカのなかに捏造された黒さであり;戯画化され茶化され、辱められ、レイプされ、奪われ、リンチされているのに、だまされてバカにされ、娯楽という名目でわざわざ黒塗りまでする偽りの黒さであり;黒いということそのものを憎み、見下して殺しながらも、いまだにご主人様の注目と懐を宛てにする、そのような黒さでもあり;黒いということはあらゆるものに存在しているのに、その本当の名称も生与の権利も否定しようと、黒という表現を何度も何度も言い替えてきた、そうした黒さであって;けれども一杯のトウモロコシ粥から、南部のギュインというロックギター、そして一個のフライドチキンにはじまって、憲法そのものにいたるまで、あらゆるものの中に現れている黒さです。そうです、憲法にも含まれている、あらゆる黒さを絞め殺すことは難しくなりつつあります。なぜなら、それは連邦の権威と州の権利の対立に現れ、選挙人団の出自においても現れ、不当な選挙区の問題や、現代になっても一部の人々の選挙権を抑圧をしていることに現れているからです。こうした、避けがたい、黒さに関する問題は、つねに議論の基本です。次期大統領候補たちの議論の中で、移民問題、犯罪者問題、拒絶された牧師たちなどのことで。もっとも豊かな都市でも、日夜、ぼろをまとってよれよれになった人たちが、こんなことが書いてあるパネルを持って通りをよろめいていくのがはっきり見えます。「わたしが見えますか?」と。それは1835年、1789年、1855年や、その他あらゆる奴隷制時代のことを思い起こさせるのです。そうした幽霊たちはみな、私たちが南北戦争後の南部再統合時代へ戻っているのだと気づかせ、私たちが第一次大戦でのアフリカ系アメリカ人の活躍を、第二次大戦での人種隔離によって帳消しにしてしまったことを思い出させ、さらに私たち国民が、その平等な資産形成や住居供給、教育や医療の機会均等にチャンスを持てることを否定したのだと思い起こさせるのです。さらにそのうえ、時代を生き抜いて私のこの投稿を読んでいる多くのかたがたが、公民権運動によって得られたことを、目撃していながら後退させてしまったということも、気づかせているのです。望みのある約束を破るそのたびに、笑顔で「元気でやってくれ、兄弟、じゃあさよならだ」といったことも。


That slow choking of all the blackness out of the American DNA will prove to be impossible because we are written into the original Constitution - albeit it as 3/5ths of a person. Black folks’ struggle, more than any other, has advanced the integrity of that document down through these bloody centuries. The challenge that faces our country now is what it has always been: Can we reckon with the idea that the opposite of injustice is not justice, it is corrective assistance. The question that continues to plague us across centuries, decades, years, months, days, hours, minutes and even seconds: Do we have the will and the intention to get that 3/5ths up above 5/5ths and create a productive society the likes of which has never been seen?

 アメリカが持つ遺伝子から、黒さというものを、じわじわと窒息させてしまうこと、それは不可能なことだと証明されるでしょう。なぜなら私たちは、最初の合衆国憲法に書かれているからです。たとえ人間として5分の3の存在であっても※。黒人たちの闘いは、血にまみれた何世紀もの間に、地に落とされた憲法条文の高潔さを、他の何より進歩させるものでした。私たちの国がいま直面している課題は、今も昔も変わっていないことについてです。私たちは、不公正に対置すべきものは公正であるよりも、まず格差を是正する助力をすることだという案を考慮しうるでしょうか。私たちを悩ませる問いは続くのです。何世紀も、そして十年ごとに、何年も、何か月も、毎日、毎時、毎分、そして毎秒ごとにさえも。私たちには、5分の3であることを5分の5まで引き上げて、生産的な社会、あるいはそれに似た、いままで見たこともないような社会を創造しようという、決意や意思があるのでしょうか。


One thing I know for sure, that’s not ever going to happen with your foot on a black neck, and I’m not talking about the most current, obviously guilty police officer. This is about all of us rejecting the injustices of our collective past with consistent and relentless individual action that goes far beyond giving money.

 ひとつ、私がはっきりわかっていることをいいましょう。足で黒人の首を押さえつけるなどということは、その気がなければ起きるはずがないことです。ですから私は、起きたばかりの、どうみても有罪である警察官のことを話しているのではありません。これは、カネを与えるなどということよりはるかにひどい、冷酷で透徹した個々の行動による、私たちがこれまでに共有してきた不正、そんなものは受け入れない私たち全員についてのことなのです。


This has been my response to injustice in our country and in the world across the last forty years:

 これが私の、この国で、そして世界中で、過去四〇年にわたって起きてきた不正に対する返答です。


200610AL.jpg 200610LD.JPG 
ALL RISE 1999 LINCOLN CENTER JAZZ ORCHESTRA
LOS ANGELES PHILHARMONIC / ESA-PEKKA SALONEN
THE EVER FONKY LOW DOWN 2019

→【説明へつづく】

(ケ)

→【@(@〜B)はこちら】
→【A(@〜B)はこちら】
■誤訳がありえます。そのため、訳文の複写使用は控えていただくよう、お願いします。

Originally Uploaded on Jun 11, 2020 14:00
posted by 冬の夢 at 00:05 | Comment(0) | 時事 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。