2020年01月21日

John Keats を読む Ode to Psyche 邦訳【完成版】

Ode to Psyche
プシュケーに捧げる

O Goddess! hear these tuneless numbers, wrung
 By sweet enforcement and remembrance dear,
And pardon that thy secrets should be sung
 Even into thine own soft-conched ear:
Surely I dreamt to-day, or did I see
 The winged Psyche with awaken'd eyes?
I wander'd in a forest thoughtlessly,
 And, on the sudden, fainting with surprise,
Saw two fair creatures, couched side by side
 In deepest grass, beneath the whisp'ring roof
 Of leaves and trembled blossoms, where there ran
  A brooklet, scarce espied:

 女神よ! この歌を聞いてくれるかい 調子っぱずれだけどさ
  美しい記憶がやさしく背を押すから なんとか作ったからね
 許してもらわないと いけないけどね あなたの秘密を歌うのが
  その柔らかな貝殻のような耳にまで 届いてしまうことを
 きょう しかと見た夢の話だ ほんとに見たのかもな?
  翼のあるプシュケ あなたのことを
 ぼんやり森を歩いてて
  とつぜん出くわし 気絶しかけたよ
 エロスといる あなたを見たからさ
  親密そうに秘密の場所で眠っていたよね
  ゆれる花 草葉おおう
  清らかなせせらぎが
   見えかくれに流れる 深い草むらのうちで


Mid hush'd, cool-rooted flowers, fragrant-eyed,
 Blue, silver-white, and budded Tyrian,
They lay calm-breathing, on the bedded grass;
 Their arms embraced, and their pinions too;
 Their lips touch'd not, but had not bade adieu,
As if disjoined by soft-handed slumber,
And ready still past kisses to outnumber
 At tender eye-dawn of aurorean love:
  The winged boy I knew;
But who wast thou, O happy, happy dove?
  His Psyche true!
 
 根は土深くさし込み かぐわしい花芯は
  青から銀白に輝く紫のつぼみ
 ふたりは 草のしとねに静かに寝息をたて
  腕を重ね 抱き合って 翼に包まれ 
  いまにも触れ合う唇は
 ふとおとずれた眠りで わずか離れただけ
 やさしい夜明けに 愛が目ざめたなら
  数えきれないほどキスしようとするかのように
   翼の少年はエロスだ ぼくは知ってた
 なにより あなたが誰だったかだ ああ 幸せに幸せな鳩のほうは?
   エロスに愛された ほんもののプシュケだね!


O latest born and loveliest vision far
 Of all Olympus' faded hierarchy!
Fairer than Phoebe's sapphire-region'd star,
 Or Vesper, amorous glow-worm of the sky;
Fairer than these, though temple thou hast none,
 Nor altar heap'd with flowers;
Nor virgin-choir to make delicious moan
 Upon the midnight hours;
No voice, no lute, no pipe, no incense sweet
 From chain-swung censer teeming;
No shrine, no grove, no oracle, no heat
 Of pale-mouth'd prophet dreaming.

 ギリシアの神々の 古ぼけた大層な格付けなんて
  女神になりたての あなたの美しさには形無しさ
 月の女神アルテミスの サファイア王国の星より清らかに
  夕空に色っぽく輝く蛍のような、宵の明星ヴィーナスより麗しい
 なのに あなたのための神殿はない
  信者がつぎつぎと花輪を捧げる祭壇もない
 真夜中じゅう甘く嘆き歌う 乙女たちの合唱もない
 歌声がないから リュートも パンフルートもない
  鎖で振り回される香炉からあふれ出す香りもない
 神殿がないから ご神木だって 信託所だってない
  青ざめた唇でご託宣を熱く告げる預言者もいない
 

O brightest! though too late for antique vows,
 Too, too late for the fond believing lyre,
When holy were the haunted forest boughs,
 Holy the air, the water, and the fire;
Yet even in these days so far retir'd
 From happy pieties, thy lucent fans,
 Fluttering among the faint Olympians,
I see, and sing, by my own eyes inspir'd.
So let me be thy choir, and make a moan
 Upon the midnight hours;
Thy voice, thy lute, thy pipe, thy incense sweet
 From swinged censer teeming;
Thy shrine, thy grove, thy oracle, thy heat
 Of pale-mouth'd prophet dreaming.

 ああ 美しすぎるあなた! 女神として敬われることも
  竪琴を奏で信心を捧げてもらうことも ないとはね
 巡礼を集める森の木々が神聖だったり
  風や 水や 火が 万物の源だったりした
  古代は あまりに遠しってところだからさ
 でもね めでたい信心なんて見当たらない この時代とはいえ
  あなたの輝く翼が 薄れる神話の神々が居ならぶ間で
  羽ばたくのが見える ぼくにこそ だから ぼくは歌う
 このまなざしを 力づけてくれるものに誓って
 そうだ ぼくに あなたの聖歌手をやらせてよ
  真夜中に 静かに歌わせてくれるね
 あなたのための歌声に あなたの リュートに パンフルートに
  振り回される香炉から あなたへ漂っていく甘い香りになりたい
 あなたの神殿に あなたの神木に あなたの信託の場になりたい
  あなたのための 青ざめた唇の預言者の夢見を ぼくに熱く語らせてください


Yes, I will be thy priest, and build a fane
 In some untrodden region of my mind,
Where branched thoughts, new grown with pleasant pain,
 Instead of pines shall murmur in the wind:
Far, far around shall those dark-cluster'd trees
 Fledge the wild-ridged mountains steep by steep;
And there by zephyrs, streams, and birds, and bees,
 The moss-lain Dryads shall be lull'd to sleep;
And in the midst of this wide quietness
A rosy sanctuary will I dress
 With the wreath'd trellis of a working brain,
 With buds, and bells, and stars without a name,
With all the gardener Fancy e'er could feign,
 Who breeding flowers, will never breed the same:
And there shall be for thee all soft delight
 That shadowy thought can win,
A bright torch, and a casement ope at night,
 To let the warm Love in!

 そうさ ぼくが あなたの神官となり 神殿をつくろう
  ぼくの心のなか 誰も踏みこめない王国に
 そこでは 心地よい苦しみを糧に ぼくの思想は若枝をのばし
  松の風鳴りのかわりに つぶやき続けるはずだ
 いつしか生い茂る樹木になり はるかはるか 彼方まで
  けわしい山々の斜面を ひとつひとつ 緑におおう
 そこでは さわやかな風に 渓流 小鳥 蜜蜂たちに
  緑の髪して誘惑にいそがしい木の精ドリュアスも あやされて眠るはず
 そのいちめんの静けさ そのさなかに
 ばら色の聖域を ぼくが つくるぞ
 格子垣をめぐらせ さかんに働く脳が仕立てた 輪飾りに
  花蕾に釣鐘 名も知らぬ星々もちりばめる
 花を育てるなら同じ花は二度と作らない
 想像力という 働き者の庭師こそが思いつけるすべてを
  ぼくの聖地には あなたのために
  苦しみと翳りのなかで考え続けてこそ
  受けとるに値する 静かな喜びがある
 輝く松明をひとつ 夜も開け放った窓をひとつ
  できたての愛を招き入れることができるように!

200122Cs.JPG

(ケ)

【解説】は→こちら←です。


※誤訳もあると思います。訳文転載時はこのブログを明示ください。 (C) 趣味的偏屈アート雑誌風同人誌
 the image is public domain
 Originally Uploaded on Jan. 22, 2020. 22:00:00

posted by 冬の夢 at 22:00 | Comment(0) | 文芸・読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: