2019年09月30日

Japan earn stunning win over Ireland! 〜 勝つと信じる者の勝利

 リーチ・マイケルは試合後のインタビューで、「勝因は?」と訊かれて、「絶対に勝つというメンタリティ」と答えた。
 観客のひとりに過ぎない私に欠けていたのはこれだった。日本が勝つとはほんの少しも信じていなかった。見苦しい言い訳をするならば、それはたぶん私だけではない。これまでのラグビー日本代表の国際試合を見てきた人たちにとって、アイルランド代表に勝つことは信じるどころか想像も出来なかった。
 しかし、フィールドにいた選手たちはほんの一瞬も勝利への確信を手放すことはなかった。勝つと信じることは自分自身を信じることでもある。そして自分を信じるためには自分の限界を超えることが必要だ。ラグビーワールドカップ2019日本代表の選手とスタッフ全員がその限界を超えて、「アイルランドに勝つ」と信じたこと。それが19対12の勝利を呼び込んだのだった。
 同時に大いに反省させられたのは、ラグビーをスキルの巧拙の総体でしか見ていなかったこと。もちろんハンドリングエラーは少ないほうが良いし、スクラムを互角以上に組むことで有利にボールを確保出来る。しかしそれ以上にラグビーのゲーム展開に必要なものがある。それは戦略とマインド。スポーツの試合を決するのは、ゲームプランをどう組み立てるかであるし、選手の意識をどこまで統一し集中出来るかにある。そんな基本的なことを見落としていた自分が恥ずかしい。

 日本代表がアイルランド代表と戦うにあたって立てたプランの第一が陣地を取ること。つまりボールを出来るだけ相手陣に運ぶことを優先した。開始直後から22mライン内側のマイボールをロングキックでタッチに蹴り出したのはそのためだ。相手ボールのラインアウトになったとしても、ボールを自陣ゴールラインに近づけさせなければ良い。アイルランドがボールを保持し突進してきても、激しいタックルで応酬し、前にボールを運ばせない。手詰まりになったアイルランドのその後は、フォワードで前に出られずハイパントを蹴る、または、反則をして日本ボールのスクラム、あるいは、ブレイクダウンで日本にターンオーバーされる、のいずれかになっていた。

 それでも試合巧者であるアイルランドにしてみれば、スタンドオフの意表を突いたキックパスから2トライを奪ったわけなので、日本の手強さに手を焼きながらも確実に試合のリード権を手に入れていた。かたや日本代表は開始直後のゴロキックの弾み方が悪く、松島幸太郎はインゴールでトライを取り損ね、ゴールポスト正面からのペナルティキックを田村優が外してしまうなど、ゲーム運から見放された展開になっていた。
ところが、それは前半20分過ぎまでのこと。結果から言えば、アイルランド代表は21分にトライ後のコンバージョンキックをジャック・カーティが決めた後、ゲーム終了まで無得点のまま日本に完封されたのだ。
 ここで日本代表に発動されたのが、もうひとつのゲームプランである選手交代。予想しなかったことだがナンバー8のマフィが負傷退場し、控えに回っていたリーチ・マイケルに代わった。これが見事にハマる。ゲーム内容は均衡していながら得点で離されるイヤな展開からはうって変わって、地道に互角に戦い続けて、ゲームの流れは確実に日本代表に傾いてきたのである。

 これこそがマインドの部分。控えに甘んじ、キャプテンをラブスカフニ選手に託したリーチ・マイケルが全力かつ猛然とタックルを仕掛ける。その存在そのものが日本代表のブーストとなって、全選手のエンジンを最大出力状態化する。タックルへの意識が高まり、アイルランドの突進をことごとく最小限に食い止め、ボールを奪えば、フォワードが短いパスを素早く繋ぎながら前に前にとジワジワ陣地を進める。アイルランド代表は追い詰められるようにしてペナルティを犯し、緊張から解き放たれた田村が次々にペナルティキックを決めた。後半に入るとアイルランドは防戦一方。福岡堅樹の左隅へのトライは、四年前の南アフリカ戦の逆転トライほど劇的ではなく、取るべくして取った、圧倒的攻勢の当然の帰結だった。

 視点を変えれば、戦略とマインドは、日本戦に臨むアイルランド代表に最も欠けていた点だったかも知れない。
 アイルランドにとっての天王山はスコットランド戦。予選プールの覇権を争う初戦においてアイルランドは100%の力を出し切ってスコットランド代表を粉砕した。アイルランドの選手たちはスコットランド戦に照準を合わせて自らをモチベートしたに違いない。そしてそのピークで得た完勝に十分満足したであろう。それはすなわち次に控える日本戦を、甘く見たわけではなかろうが、対スコットランドほどには意識統一するのが難しかったということに他ならない。
 さらに日本の気候への対処。9月下旬とは言え、蒸し暑いコンディションは予想出来たはず。スコットランド戦で全力を振り絞った後のダメージは大きく、かつ日程も日本より短いとあらば、スコットランド戦先発陣の疲労度は相当なものだったろう。レギュラー争いを意識させることも踏まえて、あえてスコットランド戦でサブに回った選手たちを先発させる手もあり得た。
もちろんアイルランド代表監督はそんなリスクは侵さなかった。なぜなら監督をはじめ、選手もスタッフもまさか自分たちが日本代表に負けるなどという事態を考えもしなかったからだ。

 「勝利を信じた」日本代表と「負けるとは思いもしなかった」アイルランド代表。
 自分たちの設定した目標を強靭な意志を持って実現させるのだと信じることの重要性。それを日本代表の全員が誰よりも先に気づいていた。そしてラグビーとは、そうした意識や、相手を上回るための戦略や、選手たちのコンディション、局面局面での判断、そのうえでの身体機能の実際化など、幾重にも重なったファクターで成り立っている競技なのだ。
 その総合力を自らのものとして、単なるフロックではなく盤石の戦い方でアイルランド代表を破った日本代表に、懺悔するとともに拍手喝采を送りたい。
 四年前の南アフリカ戦でフルバックをつとめた五郎丸選手は「ラグビーに偶然はない。すべては必然なのです」と言った。もうラグビー日本代表に「番狂わせ」という言葉は似合わない。日本代表の真の実力を如何なく発揮して、ベスト8進出を勝ち取ってもらいたい。(き)


ラグビー03.jpg



posted by 冬の夢 at 23:03 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: