2019年09月19日

IS01、復活!(新製品の話じゃないです…)【下】

 前篇【】で書いたように、他にもアプリが搭載済みだし、この文では書かなかった機能や、デスクトップガジェット的なアプリもある。
 わたしは原則「読み書き」とそのための「調べ」用が主用途だから、以下の機能(アプリ)でじゅうぶんだが、それでも数があります。

※二〇二〇年四月下旬現在、ネット接続使用はしていません。辞書アプリと音声プレーヤーくらいです。外出しないため、使う機会もほとんどなくなりました。

190924s3.JPG

はプリインストール。
は追加インストール。

■ファイラー ES ファイルエクスプローラー(1.6.1.3)

メール< K-9 Mail (4.001) MailDroid (2.61)

■テキストエディタ Jota Text Editor (0.2.30)

■ビジネスアプリ Documents To Go(Office系統合アプリ)

■書籍ビュワー 縦書きビューワ(0.9.8.5)

■辞書 「ジーニアス英和」「ジーニアス和英」ほか

ブラウザ opera mini (7.6.4)

■画像ビュワー PerfectViewer (1.5.3.4)

■音声プレーヤー bTunes (1.5.1)

ネットラジオ A Online Radio (1.0.7) TuneinRadio

■ツール Wifi Status Bar Switch Timezone Changer (1.0) FMトランスミッター

地図 マップ(Google Map)


       *

 まさか、わたしと同じような使い途で、いまどき IS01、という人もいないと思うけれど、動作可能なアプリでバージョンがわかるものは付記しておいた。もちろん、わたしが大間違いなことをしている可能性はあるので、くれぐれも、そのままマネせず、研究してみてください。つぎの**から***までは、発売時ならともかく、いまさら説明しても詮ないことばかりなので、読むのは、興味のあるかただけどうぞ。

       **

 まずファイラー。あれこれと「読み書き」に使うなら、メモリカード上のファイル整理に必須だ。 IS01 はトラックボールまでも装備されているのだが、「ES ファイルエクスプローラー」が若干、機能不足なのとかぶって、うまく使えていない。

 エディタアプリは、納得できるものがなさそうだ。プリインストールのオフィス系ソフトにバンドルされた「Word To Go」も悪くはないが、瞬発力あるエディタがいい。それと同時に、行数枚数で見当がつけられる簡易ワープロアプリがあるといいのだけれど、スマホの現行OS対応アプリにも、ないのでは。

 IS01 は「しむなし」で使うと、時刻がGMT設定になってしまうので、非常にヤヤこしいことになる場合がある。「しむなし」でも時刻ゾーンが変更できる「Timezone Changer」はとても助かる。もっとも、メモリバッテリーがアウトしているのか、かんじんの時刻が保持されないけど……。

 ネットは、外出中はほとんど使わないし、スマフォの画面では必要十分に見えないので、ブラウザは好みや慣れでしょう。数種類試したが以前から横長モバイルにはいいと思っている「Opera」の対応ヴァージョンをインストール(使用していません)。

 惜しいのはメーラーアプリで、「メール」と「Gmail」がプリインストールされているが、使いづらかったり、アカウントがなかったり。
「K-9 Mail」は、設定項目こそ多様だが、取り回しをよくする設定ができないのがつらい。せめて振り分けはしたいが……ただし、最新OS対応版が出ているなら存分に進化していると思う。なにせこちらは Android 1.6 ですんで……。「Maildrod」も、設定項目が少ないかわりに使いやすいが、もの足りない点では同じだ(使用していません)。

 テキストビューワは、「縦書きビューワ」を「青空文庫」を読むのに使っていて、無償配布のIPAフォントをダウンロードしたり、字間行間を追いこんでいくと、自分に合った版面に近づけられる(そのようにした)。
 英文が取り回しやすいテキストビューワは見つからない。辞書と連携できたりすると最高だが、だったら最初から専用タブレットで読め、って話かな。 
 画像ビューワは、写真を見てもらいながら説明するとき便利なので、いろいろ探したが、使いやすいアプリは見つけていない。音声プレーヤもリストやライブラリで管理する方式が面倒なわたしに合ったアプリは、発見していない。

 思わぬ面白さなのは、FMトランスミッター。友だちのウチやクルマで、音をラジオに飛ばすと驚くので楽しい。いや、接続端子があればアナログ接続すればいいし、ブルートゥースも装備されているんですけどね。だいいち、ノイズが少なく届く距離は、ほとんどないも同然(笑)だ。
 ただ、この機能を使って知ったのは、同世代には案外まだラジオを(FMチューナーがあるオーディオやラジカセも含め)持っている人が多い、ということ。

 それから、この文を書くまで気づかなかった(叱)が、辞書、事典が7種類もパッケージされている! 
 これまで電子辞書を使ってきた。わたしの拙い英語力だと、とにかく語のヒット率が高い「リーダーズ」がありがたいので「リーダーズ」と「リーダーズ・プラス」がバンドルされた、液晶バックライトもない昔の電子辞書だ。なるほど IS01 に辞書類がデフォルト装備だったとは。「ジーニアス」は、いい辞書なのかな〜。

       ***

 まったく! これでキーボードがマシだったら、素晴らしい「読み書き道具」だったのに……。
 じつはいまも、 IS01 は横に置いて確認しながら、パソコンで書いているわけで……。

 もっとも、この IS01、「しむ」も入れて電話もかけられるようにし※1、「スパイ手帳」さえなかったに違いない時代の少年探偵団──初登場は戦前だった──に持たせたら、怪人二十面相など明智小五郎ぬきでもイチコロだ。
 だいたい、実売三万円以上の新品未開封品が、ディスコン、SIM無しとはいえ、6千円だった※2。 辞書で勉強、音楽で娯楽、カメラや電卓、方位磁石に懐中電灯※3にもなるんだから、すなおに「カッコイイ!」といっておけばいいか。

 そう、こうした「ガジェット」は「おとな向け少年用品」であることが開発の基本にないと、いい製品にならない。デジタル版「スパイ手帳」だ。そして、かつて文具店などで売られていた「スパイ手帳」が、微妙に「使えない手帳」だったように、夢を叶えようとすればするほど、微妙な使えなさが各所に現れてしまうというわけだ。それが「ガジェット」ですよといってしまっても、いいのではなかろうか。
 
「ガジェット(gadget)」を、 IS01 でなく電子辞書の「ロングマン現代アメリカ英語辞典」で調べてみたら、こう書いてあった。

 small, useful, and well-designed machine or tool, sometimes used when you think the tool is not necessary

 小さくて、役に立つ、設計がいい機械や道具
 これはべつに必要ないなと思うときに、ときどき使われるもの


(ケ)

★前篇【上】は→こちら←


※1 2022年3月末に、auは3G携帯電話向けサービスを終了する。
※2 現在、中古機はもっと安くなっている(「おすすめ」してるわけじゃないです)。
※3 アプリ(カメラストロボを点灯させる)が必要だと思う。

Originally Uploaded on Sep. 24, 2019. 02:15:30
posted by 冬の夢 at 00:05 | Comment(0) | 日記 旅・徘徊・発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: