2019年02月14日

国立劇場二月文楽公演『壇浦兜軍記』〜 ミュージシャン寛太郎の阿古屋

二月の文楽公演は三部制。さすがに平日18時からの夜の部は空席も多く、どうせならもう一時間遅く始められないかと思ってしまう。と言うのも、一番最後の演目『阿古屋』が近年稀に見る大興奮の舞台だったから。そのキーマンは、三味線の鶴澤寛太郎。寛太郎の三曲は文楽が音楽劇であることを改めて教えてくれた。

『阿古屋』は『壇浦兜軍記』の三段目。
平家の残党である景清の行方を詮議するため景清と深い仲にあった傾城の阿古屋を取り調べる。景清には会いたいが、行方は知らぬと言う阿古屋。岩永左衛門が水責めの拷問で白状させようとするのを畠山重忠が押し留め、琴・三味線・胡弓を演奏させる。それを聴いた重忠は、奏でる音色に嘘はないと阿古屋の詮議を終わらせる。

あらすじはいたって単純なので、眼目は阿古屋の三曲の演奏にある。傾城(けいせい)とは最高位の遊女のことで、君主が夢中になって城を傾かせるくらいの美人であると同時に、君主と対等に会話が出来る教養にも長けていた。稽古事の中には踊りや演奏も含まれていて、琴や三味線、胡弓も弾けて当たり前。遊女であるからには個人情報の秘匿は職業上身に付いている。水責めなどしてもその掟を破る阿古屋ではない。それを知ったうえで、重忠は三曲を弾かせる。重忠の詮議に遭って曲調に乱れがあれば、阿古屋の言葉に嘘がある証拠。よって『阿古屋』とは、冷静に平静に、急くことなく乱れることなく三曲を弾き切ることによって成り立つ舞台なのである。

歌舞伎では、阿古屋を演じる女形が舞台上で実際に楽器を演奏する。芝居をしながら弾くだけでも難儀なことなのに、傾城の衣裳がとんでもなく重い。演奏する間も演技を疎かには出来ず、例えば背筋をピンと伸ばして毅然とした態度で居続けることが求められる。
そんな大儀な役なので、阿古屋を演れる女形は玉三郎しかいなかった。その玉三郎とて、いつまでもひとりでお役を担うわけにもいかない。そのような背景から昨年暮れの歌舞伎座では、玉三郎の薫陶を受けて、児太郎と梅枝の二人が阿古屋を初役でこなしたのだった。

玉三郎の『阿古屋』を見たのはもう随分前のことだし、当時は女形が三曲を弾き分けることの大変さをわかって見ていたわけではなかった。ただひたすら、阿古屋の豪華絢爛な衣裳と、重量級の帯を締めていながらの玉三郎の海老反りでの見得に見惚れていただけだ。
文楽を見ても、桐竹勘十郎が遣う阿古屋は他の人形とはその存在感が違う。阿古屋の周りだけが浮かび上がって見えるようであり、後光が差すようでもある。それは勘十郎の遣い方もあるが、人形自体の違いでもある。阿古屋の首(かしら)は「傾城」で、首も身体の寸法も女の人形の中では最大サイズ。さらに三曲を弾くときには楽器に合わせて手首を取り換える。琴では二本の動く指に爪を付けた右手。三味線を弾くときには、右手は撥と一体化させ、左手は三本の弦を押さえるために三つの指が動かせるからくりだ。その左手は胡弓の演奏にも使われる。(※)
このように特別な仕掛けが施された阿古屋であるので、遣う方も通常とは違い、左遣いも足遣いも黒衣の装束ではなく着物で出る。頭巾を被ると床が見えないからなのかとも考えたが、演奏を見ながら遣っているわけではなく、あくまで人形を引き立たせる演出上の効果を狙った決まり事なのだろう。
勘十郎は、今回の公演のために新しく阿古屋の帯に蝶々の飾りを付けてみたとも言っている。人形遣いが工夫を重ねて徐々に変化しながら今の阿古屋になっているのだ。

そして、琴・三味線・胡弓の順で三曲が始まる。
「阿古屋を拷問の責め道具は、某かねて拵へておいたり。誰かある持参せよ」と織太夫が語ると、空いていた床の上手側に寛太郎と清志郎の二人の三味線弾きがすっと座る。舞台では阿古屋の人形の前に小道具の琴が運ばれて来て、それと同時に床では楽器としての琴が準備される。受け取った寛太郎、素早くかつ落ち着きをもって琴の右側を台座に固定してやや傾斜を作ると、静かに調弦して音を整える。
そして、取り換えられた阿古屋の右手が絃の上に置かれて、三本の琴爪が動き始めたそのとき、寛太郎の指もまた同期しながら実際に琴の絃を爪弾き、音を鳴らす。
そうして始まったのは、まさにジャムセッション。演奏する寛太郎と阿古屋を遣う勘十郎が完全に指をシンクロナイズさせて琴を奏でる。左遣いによる阿古屋の左手が絃を押し手するたびに、寛太郎の琴も半音上げ下げし、寛太郎の隣では、清志郎が三味線の伴奏を合わせる。文楽だからオーケストラのように指揮者の元でのリハーサルはたぶんしていないはず。事前の準備や合同練習などはなく、三味線弾きと人形遣いが即興で、かつ完璧にシンクロするジャムセッションだ。
そんな舞台を見ながら思わず相好を崩してしまった。これは文楽と言うべきか、コンサートと呼ぶべきか。しかも楽器を演奏するだけではない。演奏する人形を操ることも含まれている。文楽とは人形と三味線が一体化した音楽劇でもあるのだ。歌舞伎の『阿古屋』は芝居だったけれども、文楽ではコンサートにも見える。江戸時代の芸能をジャンル分けすることに何の意味もないが、その幅の広さには今更ながら驚かされてしまう。

歌舞伎で女形が弾き、文楽では三味線弾きが弾き分ける。同じ演奏でも、そこにはアクターとミュージシャンという差が現れる。演じながら演奏するのが歌舞伎なら、演奏することだけに集中するのが文楽。ひとりの役者を集中すれば良い歌舞伎と、人形と床を同時に見て聴くことを要求される文楽。
うーん、どっちが良いか。いや、どっちが好きか、なのか。私は圧倒的に文楽に傾いてしまった。それほど寛太郎の演奏は、ひとりのミュージシャンのパフォーマンスとして圧巻だった。弓を使って弾く胡弓は、ほんの数メートルの近さでバイオリニストの独奏を見ているかのよう。弦の響きで見物の肌が震えているのではないかというくらい密な臨場感があった。寛太郎の三曲は、三味線弾きがプロフェッショナルなミュージシャンであることを再認識させてくれた。

歌舞伎とは違って、文楽は見物が声をかけたり拍手をしたりする間がほとんどない。歌舞伎の『阿古屋』なら演奏の途中で拍手喝采があったのだろう。客席にいながら、見物がその興奮を拍手で伝えたいという空気感が周囲に充満してきた。幸いにも舞台では従卒たちが阿古屋を取り巻き、楽器を替える準備に立つ。それが拍手をする合図になった。準備をしていた見物たちは阿古屋の演奏が終わると瞬発的に大きな拍手を鳴らし、見物の満足感が一気に劇場の中に吐き出された。その拍手は空席分を易々と埋めてしまい、まるで超満員の劇場で鳴り響くようであった。ある人は人形に、またある人は床に向かって拍手している。誰に対してでも関係ない。演奏した寛太郎、演奏を演じた勘十郎、ともに見事なパフォーマンス。演者も見物も、そこにいる全員が大満足だったに違いない。(き)


阿古屋.jpg


(※)YouTube国立劇場チャンネル「桐竹勘十郎が語る阿古屋の魅力」より。


posted by 冬の夢 at 21:35 | Comment(0) | 伝統芸能 文楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: