2018年05月02日

さようならギブソン レス・ポールはもっていないけれど…【新情報追記】

 世界的に知られるアメリカの人気楽器メーカー、ギブソンが経営破綻したというニュースは、ギターファンをそれほど驚かせなかったはずだ。
 創業一六〇年になる「百年企業」だが、来るものが来た、という話でもあったと思う。

 ワシントン・ポスト紙は、すでに昨年、「Why my guitar gently weeps The slow, secret death of the six-string electric」という記事──ご存じの曲名にかけたタイトル──を掲載していた。
 ギブソンのみならず、アメリカの有名なギターメーカー各社が、販売減に苦しむ状況を報じたもので、じわじわエレキギターが死んでいく、というレポートだ。※2
 記事によると、人気ギターショップや、ロックギタリストたちに取材した「エレキギターが売れなくなった理由」は、ギター・ヒーローとしての若いスターの不在と、演奏と鑑賞の両面での音楽スタイルの変化だという。
 わたしたち日本の一般のギター好きや音楽ファンも、その二つの点には、うなずけるものがある。

       

 エレキ、アコースティックともにギターを売るなら、若い世代の憧れや「なりきり」心理をくすぐる、商品開発や販売も大切だ。スポーツ用品のように。
 人気ギタリストやスター選手と同じ楽器やシューズを使ったからといって、彼らのようになれるわけではないことは、みな知っている。楽器やシューズを「共有」することで、時代のアイコンの一部になりたいのだ。

 ところが、ギブソンのエレキギターがトレードマークの奏者というと、ジミー・ペイジや、スラッシュ──彼はすでにギブソンのアンバサダーではなかったっけ──あたりしか、インパクトのあるキャラクターが思いつけない。
 ふたりとも知名度も存在感も抜群だが、悪いけれど若くない。若い世代がマネしたがるスターでは、もうないだろう。若いバンドマニアたちが熱狂するようなギブソン弾きがいないから、ギブソンのギターへの憧れや購買欲も減るというわけだ。

       

 関連すると思うが、音楽スタイルの変化といえば、たしかに、ロックバンドの中心はエレキだ! とはいえなくなっている。
 ワシントン・ポストは「ロックは終わる」と書いているが、そうまでは思わないものの、ヒップホップの登場以後、楽器が弾けなくても音楽ができてスターにだってなれる。音楽がやりたいと思ったらギターショップへ行く、というのは、もうなさそうだ。

 ワシントン・ポストの記事で印象的だったのは、リヴィング・カラーのギタリスト、ヴァーノン・リードのコメントだ。
 リードがサンタナのギター演奏を初めてラジオで聴いた当時、ロックは文化の中心にあり、ギターを弾くことも、そうだったという。リードはわたしと同世代だから、一九七〇年代だろう。
 リードはいう。そのころは、新譜発売の情報を聞きつけると「旅」をしたものだと。旅とはつまり、音楽を聴いたり弾いたりするには、時間も小づかいも使ったそうだ。なるほど。
 リヴィング・カラーのライブに行ったことがあって、いまでいうミクスチャーのはしりのような新世代ギタリストだと感じたのだが、そのヴァーノン・リードも、いまではそう思っているわけか。

       

 ギブソンは二〇一四年に、楽器の販売不振を音響機器でカバーしようと、オーディオメーカーの該当機器部門を買収し、日本のティアックも傘下に加えている。社名も、二〇一三年に「ギブソン・ギター」から「ギブソン・ブランズ」にしていた。
 また、エレキギターは半世紀以上前の発明以来、基本構造は変化していないが、さまざまな部分を自動化したギターを開発し発売するようにもなった。
 
 それらの商品が裏目に出たことは、残念ながら明白だが、かならずしも誤った経営判断だったとは、いいきれないと思う。
 六〇年以上前に発売したレス・ポール・モデル──ペイジもスラッシュも弾いている──の不朽の人気を大切にしながら、新展開をねらった試みだったからだ。

       
 
 ギブソンを苦しめたのは、意外な伏兵だと思う。
 レス・ポールの最大の敵は、レス・ポールそのものである、という問題だ。
 というのは、レス・ポールの新製品を売り出すとしたら、その最大のライバルは、いい時代に作られて状態がよく、まあまあの値段で買える、中古のレス・ポールなのだ。

 近年は品質が低下した、という不評を払拭するため、ギブソンは高級な特別シリーズや、有名奏者の楽器のレプリカシリーズなど、レジェンド的な新製品を登場させた。
 それらがマニアの注目を集めたことは間違いない。しかし、若い人たちがこぞって買ったとは、とうてい思えない。
 さらに、そういう楽器を発売したら誰もが知ってしまった。昔のエレキをいま作るには、とても予算がかかり、いくら「憧れ」ても、おいそれとは買えないものになってしまうことを。
 ギブソンにとって手痛い逆効果になったのは、なんとか手が届く値段の新品のレス・ポールは──森林資源問題から、材の調達からして難しくなり、合成材も使われている──ひょっとして、たいした楽器ではないのでは、という印象も同時に広まってしまったことだ。

       

 ワシントン・ポストの記事を読んでいくと、ギブソンの最大のライバル、フェンダーが、好調ではないものの、やや楽観的なコメントをしているのが目立っている。

 フェンダーは、レス・ポールのライバルの看板製品、ストラトキャスターの会社だが、それを唯一無二の存在にするより、他社製も含めた「ストラトキャスター系」のエレキに普及してもらい、自社のストラトキャスターを「本家」として欲しくなってもらおう、という方向を意識しているようだ。
 日本やメキシコでも製造し、高級機も入門機も見た目はほとんど区別がつかないストラトキャスターとして発売しているのは、その戦略の一環と想像できる。畑を耕す意味だろう、音楽教室の展開にも積極的なようだ。

       

 かつての自社製品が名作すぎ、その中古が新製品の商売敵になってしまうという状況を、製品に新技術を投入するだけで打開できるかというと、かんたんではなさそうだ。

 ドイツカメラの至高のブランド、ライカや、スウェーデンのハッセルブラッドも、おそらく同じ問題を抱えたと思う。カメラのデジタル化時代が到来したおかげで、両社は新しいデジタルモデルを発表できた。しかし、裕福な趣味人でなければ買えない値段だ。
 また、完全に自社オリジナルでない製品もあるらしいところも、どうなのか。よくいわれる「ブランドのロゴに払う」支出を、ファンやマニアがどこまで続けてくれるかだ。

 ギブソンは、音響機器路線などを整理し、楽器製造は継続するというが、デジタルギターというわけにもいかないし、将来のロックスターをめざす世代に広く多く売ろうとするなら、「ギブソンのロゴ代」なんてものは、そう長くは受け入れられないだろう。

       

 ギブソンといえばレス・ポール。
 持っていない。
 ロックバンドを最後にやってから何十年もたつし、長くない残り人生で、またやる可能性はない。だから、いらないギターだけれど、中学や高校のころ、楽器店に鎮座しているところへ「お参り」ばかりしていた身としては、いちどは自分の楽器として弾きたいなと思うこともある。借りたこともなく、レス・ポールで演奏した経験は一度もないから。
 もちろんギターだけ買っても、なんの意味もない。できればギブソンにアンプメーカーとコラボしてもらって、やはり昔の、ブースターをかました音やハーフクランチの音が、簡単に再現できる専用小型アンプも、お安く……。
 すいません、楽器オタクじゃないですが、つい。(ケ)

180502LC.PNG 
持っていないのでパブリック・ドメイン画像を探したら、この写真があった。
 一九五七年モデルのレス・ポール・カスタム。
 現行通常品で三〇〜五〇万円くらい、高級ラインで百万円近辺だろう。
 ホンモノの一九五七年製だと、三百万円くらいするのでは?
 死んでも買えないから気軽に値段を書いたが、同じモデルに、あまりにも複雑な仕様違いや価格差があるのも、
 知識はないがレス・ポールを弾きたいという人には、不親切な商品展開かもしれない。


【追記】

 ギブソン・ブランズは、二〇一八年に連邦破産法関連手続きを終了、投資ファンドが経営権を取得した。新CEOには、大手菓子メーカーからシューズブランドをへて、ジーンズのリーバイスのブランド担当だった人が着任した。自身もギターファンで、弾くという。



※1 五月一日、過剰債務で経営破綻。
※2 Why my guitar gently weeps 
   The slow, secret death of the six-string electric.
   And why you should care.
   Washington Post June 22, 2017
※  二〇二〇年六月二十七日、書き直しました。管理用


▼このブログの記事「さようなら Fender Japan」はこちら


posted by 冬の夢 at 23:04 | Comment(0) | 音楽 オーディオ・楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: