2017年03月31日

Alyson Moyet − Invisible 元気が出る曲のことを書こう[20]【改】

 すばらしく大きくて、美しい。
 ミューズ姉妹の誰ひとり、彼女のような姿で名画に描かれたことはないと思うが、わたしが描けるなら歌の女神はそう描きたい。

 歌声も絶品だ。※1
 見た目どおり声がでかいが小技も効く、それはそのとおりだが、そんな賞賛では彼女に失礼だ。
 鼓膜が破れそうなハイトーンでわめくくらい、そこらの小娘がカラオケ店でもやる。声量が上がるほど中低音が豊かになり包容力が強くなる、そこがいい。
 熟女の色気ではなくて、この曲を歌ったときは二十三歳。豊かな声質を若々しい元気さが支えてもいる。この曲もフルボリュームで歌っていて、声を割るというのだろうか、思いきりシャウトしているが、余裕でやっている感じが、たまらなくいい。

20170331sG.JPG
SINGLES 1995
 一九八〇年代のエレクトロポップデュオ、ヤズーで歌って人気を得たのち、ソロで活動しているときの曲だ。
 ヤズーの活動期間はわずか二年。起用される前はエセックスの田舎町で店員やOLをしながら、ロックやブルース、パンクなどのバンドでパブに出演するくらいで、プロになるなど夢にも思っていなかったというから、開花を待つ天分があった。
 電子音楽のポップソングをアナログの権化のような彼女に歌わせたのは──このころのシンセサイザーはまだアナログだが──デペッシュ・モードを抜けヤズーを作った、ヴィンス・クラークのセンスだろう。 
 八〇年代のはじめ、デペッシュ・モードの『A Broken Frame』(一九八二年九月)──ジャケットも曲も、制作の中心にいたクラークが抜けた直後なのに最高──を知り、そこからヤズーの『Upstairs at Eric's』(一九八二年八月)に行きあたり、モイエを知った。当時「ピコピコ音楽」は大っ嫌いだったのに、モイエの歌が好きになったので、モイエのいないデペッシュ・モードも合わせて、よく聴いていた。

 アリソン・モイエがソロとなって発売したレコード『Alf』(一九八四年)にはいっている「Invisible」は、かつてモータウン・レコーズの専属制作者チームとしてシュープリームスの「Stop! In the Name of Love」など、つぎつぎにヒット曲を作ったホランド/ドジャー/ホランドのラモント・ドジャーが作った曲だ。
 ピコピコは鳴りをひそめ、いかにも八〇年代らしいゴージャスなバンドサウンドと六〇年代ヒットソウルナンバーの懐かしさが、気持ちよく合体している。

 昔のソウルミュージックの聴かせどころは、印象的なキーワードやフレーズをリフやサビに持ってきて、強く聴く側に訴えかける仕立て。その言葉が曲のタイトルである場合も多く、いやでも記憶に残るようにできている。
 この曲のキーワードも、タイトルの「Invisible」。
 どうってことはない内容だからこそか、アリソン・モイエが歌うと身にしみる。
 そして、その「どうってことなさ」がシミジミくるよう日本語にするのは、むずかしい。

 You've got me so confused and there's word I could use
  どこまでわたしを とまどわせるのよ いってあげたいことがあるわ 
 But I'm afraid to say them.
  でも いってしまうのは怖い
 I feel I've been had and I'm boiling mad
  煮えたぎるくらい おかしくなる ずっとそうだった
 Still I can't live without you.
  それでも あなたなしでは生きられない
 You don't have the time and you won't spend a dime
  時間もつくらず 10セント玉も使わず
 Not even to call me.
  電話ひとつよこさないのね
 You don't know I exist and I wouldn't be missed
  わたしがいるってことがわからないし わたしがいなくて悲しくなることもないのね 
 If I had the nerve to quit you.
  あなたなんか放り出す気になれたらな

 Invisible - I feel like I'm invisible.
  いないんだわ 自分がいないように感じる
 You treat me like I'm not really there
  まるで わたしがそこにいないみたいだからよ あなたは
 and you don't really care.
  それをぜんぜん 気にしないっていうの
 I know this romance
  このロマンスには
 it ain't going nowhere.
  出口がないのね
 Invisible (just like my love). You treat me like I'm invisible.
  見えないわ(わたしの愛のように) 見えてないみたいに わたしをあつかうのね
 When you get the need to flirt you do your worst
  恋をもてあそぶつもりなの 最悪のことをしてるのよ
 You just don't care how much it hurts.
  どれほど わたしを傷つけるか 気にもしないのね  (以下略)

20170331aF.JPG
Alf 1984
 彼女が「デブ」だから「わたしのこと見えてないみたいにあつかわないで!」という曲を歌うと、よけいに身にしみる──ということではない!
 彼女のルックスは好きだったが、「ぽちゃ系」の女が趣味なのでもない。
 皮肉でなく、当時の彼女はすごく健康そうに感じられた。
 同い年なのに、すでに疲れきっていたわたしを芯から元気づけてくれたのは、全身で歌いまくるような、健康な歌いかただ。
 一九八〇年代半ばごろといえば、日本ではバブル黎明を告げるような元気印女子の音楽が全開で、白井貴子、渡辺美里、中村あゆみというような歌手たちが人気を集めていた。しかし、その人たちのルックスも音楽も、わたしを力づけてくれることはまったくなかったので──申しわけないようだが、ひどく嘘くさく感じた──なおのことに。
 もっとも当時は「Invisible」の歌詞を、うまく受け取れてはいなかった。
「Invisible」という語に「見えない回復力」のようなイメージを感じながら聴いていたと思う。
 実際は、優柔不断で身勝手なのに思わせぶりという、最低男を好きになっちゃったつらさを歌っている曲だ。

 日本にはあまり伝わってこないが、いまもイギリスでは不動の人気のアリソン・モイエは、この曲は二度と歌わないと宣言している。七、八年前に発売されたベスト盤に収録されたのも不満だったらしい。

 近年のドイツでのライブで、その理由はふたつだといっていた。
 ひとつは、自分はあくまでヨーロッパ人──本名はジュヌヴィエーヴ・アリソン・ジェーン・モイエ、両親は英国人とフランス人──なのに、この曲はあまりにもアメリカっぽく、歌詞が米中南部ふうの間のびした英語なのが嫌なのだそうだ。
 もうひとつは、初めて歌ったときは二〇歳代のネーチャンで、歌詞のようなことでメソメソするような実感もあったけれど、いま──そのライブのとき──自分はもう五〇歳代で、こんな男なんか「F××K OFF」──そこだけオフマイクでいっていたが──で終わりよ! と。
 英語が「間のび」しているといわれても、聴いてもわからないが、「そうですか」というしかない。

 またモイエは、かなり攻撃的な減量を行ったようで、劇的に成功してもいる。
 現在の彼女に一九八〇年代の音楽の女神のおもかげは、まったくない。そうと知らされなければ同じ人だと認識できないほどだ。
 でかくて美しい女神、その健康な美声こそが、こちらの元気の源だと昔は思ったが、もちろん太り過ぎは健康によくないし、実際に彼女は「不健康」だったのだそうだ。
 急にスターになった重圧感での──彼女は神経症にも悩まされる──ジャンクフードのムチャ食いなどが「大きさ」の原因でもあったそうで、それぞれ違う男性との間にできた三人の子どものお母さんにもなった彼女は、ほんものの健康を取り戻さねばと決心したのだろう。

 いっぽう、年齢のためか、歌いかたのコントロールを変えたのか、それとも小さくなり過ぎたせいなのか、モイエの歌声には「Invisible」のころのトーンも、なくなった。
 おそらくもう二度と、「でかくて美しい『Invisible』」を現在進行形で聴くことはできないが、それはそれで「そうですか」と納得している。
 ことし二〇一七年六月に最新盤『OTHER』が出る予定だが、タイトル曲のプロモ動画※2をみると、これはこれで、すばらしい歌いかただと思うから。(ケ)

20170331oT.JPG
OTHER 2017

●「元気が出る曲のことを書こう」の記事一覧は→こちら←



※1 www.youtube.com/watch?v=F2QmdMOX8mc
※2 www.youtube.com/watch?v=eOqwiSEahrQ
【参考】Nottingham Post October 16, 2009 ほか

※二〇一七年四月三日、歌詞のごく一部を直しました。ご指摘に感謝します
※二〇一八年四月四日、手直ししました。管理用



posted by 冬の夢 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック