2017年03月23日

Peter Frampton − Something's Happening 元気が出る曲のことを書こう[19]

 Who said It's my year was it you there - can't go wrong
  今年は僕の年になるっていったの あのときの君かい そうだよな
 I see a new way you'll be in my play - sing my song
  君が僕と演奏するのが新しいってわかるんだ だから僕の曲を歌ってよ
 Where is the reason I keep teasing - if I knew
  君をからかってるはずがないじゃない
 Now to see the new year not being blue here - all year round
  新しい年は その場でメゲずにすむんだ 年じゅうね

 Alright somethin's happening
  だいじょうぶ この話はほんとになるよ
 Hold tight it might be lightning
  しっかりつかまえよう 電光石火かもな
 Turn up the lights somethin's moving
  明かりをつけよう なにか動いてる
 Can't sleep at night my heart keeps missing a beat
  ビートを感じ続けたくて 夜も眠れないぜ (中略)

 Ooh baby, don't ever let it bring you down
  ううベイビー ぜったい落ち込んじゃだめだよ
 Ooh baby, that's not the way I want it to sound
  ううベイビー メゲた演奏なんかやりたくないぜ
 Ooh baby, don't catch me when I'm runnin' around
  ううベイビー 僕はそこらじゅう駆け回りたいのさ
 Ooh baby, I'll pick you up if your on the ground
  ううベイビー 君が地面にヘタってたら助け起こしてやるよ (リフレイン)

 この曲は「Frampton Comes Alive!」の、二枚組一枚目のA面一曲目。つまり、ステージのオープニングソングだ。
「Frampton Comes Alive!」は、一九七六年の年初早々に発売されるや、加速度的に売れ全米一位、同年春にはプラチナ・ディスクに。三曲ものシングルヒットも出た。アナログLP二枚組のライブ盤がそこまで売れるのは、当時はとても珍しかった。

170323cA.JPG

 もちろん「Frampton Comes Alive!」のことをよく知らなくとも、たまらなくワクワクする一曲目だが、ロックの歴史に残る名ライブ盤のひとつと知って聴くと、イントロのコードが鳴っただけで、客席の熱狂の仲間入りをしてしまう。
 
 演奏上むずかしいことは何もない。メロディはシンプル、歌の音域もさほどでない。
 フランプトンはけっして突出した歌手でなく、この程度の曲でもギリギリっぽい。しかしそのおかげで、期待感でうわずっているように聴こえ、むしろ嬉しい。ライブ盤のよさだ。
 そして、フランプトンのギターソロ! いまどき中学生でも弾かないようなホノボノとした「お祭りフレーズ」で、思わず微笑がもれる。いまだからそう聴こえるのではなく、昔も、そう思った。だいたい、この盤では、昔よく日本の洋楽公演の客をバカにしていわれた「お祭り手拍子」を、アメリカの聴衆もしている。
 けれども「Frampton Comes Alive!」を「ださい」とは、ぜんぜん感じない。昔もいまも。

「Something's Happening」は、初球ヒットでスタジアムを盛り上げる役目の一番打者ソングなのに、いかにも七〇年代っぽい、のんびりしたテンポだ。そこもいい。ライブ全編、速い曲でもこの程度なのだが、飽きはしない。地面にヘタっているところへ歩み寄り、助け起こし、手を貸してゆっくり歩ませてあげる、まさにその感じだ。
 最高なのはブリッジの「Alright somethin's happening」からの、たたみかけるような四つ打ちとコーラス。ゾロゾロはびこったヘコミ虫たちが逃げ出すのが目に見えるほど気持ちが晴れあがる。洗濯洗剤のコマーシャルじゃないですけどね。

 ところで「Frampton Comes Alive!」がとつぜん爆発的にヒットした理由は、発売から四十一年たったいまも、はっきりとはわからないようだ。

 この盤のジャケット写真にもその感じがあるが、フランプトンは一九六〇年代末のデビュー当時、ティーン・アイドルだった。しかし当人はその路線は嫌いだったそうで、スティーブ・マリオットとハード・ロック・バンド、ハンブル・パイを結成する。
 えっ、ピーター・フランプトンってハンブル・パイだったっけ! と驚く人はロック好きにも意外に多いはず。実際、ややソフトな音楽を志向したフランプトンは、ロック男道路線を進んだハンブル・パイからは早々に抜けている。
 せっかく王子さまルックスなのに、アイドル扱いはイヤ、はいいとしても、ハードロックはムサいアンチャンのナワバリだったので、中途半端なポジションになってしまったのかもしれない。「Comes Alive!」までのフランプトンは、ほとんどチャート圏外でジミにやっている、さして耀きのない存在だった。

 ところが「Frampton Comes Alive!」が爆売れし、フランプトンは文字通り一夜にして、過去のキャリアをはるかに超えるスーパースターに。
 発売時点ではフランプトンは売れていないから、人気スターのヒット曲がライブ演奏で聴けるから買いたいという売れかたはありえない。発表ずみで、しかもヒットしなかった曲で構成されたステージ録音の、LP二枚組。どう考えても売れるはずがない。

 いまでは本人を含め当時の制作関係者たちの回想を調べて読むことができるから、およその「個別事情」はわかる。幸運も手を貸し、個々のギアがベストのコンビネーションになり、推進力を得たということだろうか。
 そのあたりを、ざっとまとめると、こうだ。

 @当時のフランプトンは、レコードの低迷にめげずライブを続け、どんなローカルな所も回った。草の根ファン層がかなりできていた。
 A当初は一枚盤の予定だったが、サンプルを聞かされたレコード会社の創立者兼プロデューサーはひとこと「残りの曲はどうした」。いいものは逃さず、たっぷり盛り込もうと、迷わず二枚組を決めた「耳」があった。
 B一般のLP二枚組より価格を低くしたので、若い音楽ファンに「おトク感」があった。
 C販促・宣伝を精力的に行った。とくにラジオへの営業。
 Dフランプトンは親しみやすい人柄で、販促に積極的に顔を出し、DJや小売店と仲良くなる。好印象がプッシュにつながった。
 Eレコード会社の規模がまだ大きくなく、この盤のプロモーションに集中できた。大きな収益をもたらしたフランプトンの契約を後年カットしたのも同じ会社ではあるが……。
 F当時のハイティーンは新しいスターを求めていた。また、当時のティーンエイジャーは熱心にラジオを聞いている世代でもあった。
 
 ここからは想像だが、Fと関連し、心に翳りなく明るい将来を感じたい気持ちが、一九七〇年代半ば、戦後アメリカの「戦争を知っている子どもたち」には、あったのではないか。ブルーノートや、ひずんだ音を強調し過ぎない、明朗なメジャーキーのロックが聴きたい、と。
 そこへ、タイトルも「Comes Alive!」という盤をもたらしたのが、新人ではないが、イギリス人のフランプトンなのである。
 そのあたりが、うまく噛みあったのではなかろうか。だとしたら、まあ、ご都合主義っぽいけれども気持ちはよくわかる。

 かくして「Frampton Comes Alive!」は、絵に描いたようなシンデレラ・ストーリー、じゃなく「王子さま」ストーリーか、それをもたらしたわけだが、残念ながら「続編」は、なかった。
 フランプトン自身、あちこちですでに語っているが、急激な上昇の後にクールダウン期間をおかなかったのが敗因だ。「つぎ」を急ぎすぎ、プレッシャーで結果が出なかった。にもかかわらず、安ピカな仕事も受けたりしたのがいけなかった。せっかくの大セールスにも、手元に残ったものは少なかったらしい。数年後には「Frampton Comes Alive!」のジャケット写真でも持っているトレードマークのギターを、輸送機事故で中米で失ってしまう。運の尽きというやつだ。

 しかし、いまのフランプトンは、むしろ楽しそうだ。
 近年もライブ演奏を続けていて、やっぱり「Somethin's Happening」をオープニング曲にしているようだ。心なしか歌が上手くなっている気さえする。
 往年の王子さまも、さすがに美しい金髪は……いやいや、フランプトンの目を見てほしい。「Frampton Comes Alive!」のころからすこしも失われていない、その嬉しげな耀きを。

170323pF.JPG
 
「Frampton Comes Alive!」の三十五周年記念ライブのリハーサルで、ひさびさにかつてのメンバーも加わったバンドで「Something's Happening」を練習したら、バンド全員に自然と大きな笑みが広がったという。
 演奏するほうにも聴くほうにも微笑が浮かんでくる、すばらしい「きざし」を感じさせる曲。そんな曲を作り、演奏し続けられていることでフランプトンは存分に報われているというのは、こじつけすぎかな。

 そうそう、失われてしまったトレードマークの黒いレスポールだが、なんと三十一年後の二〇一二年、フランプトンのもとに戻ってきた。どうした経緯か、カリブ海のキュラソーのラウンジミュージシャンが長年、使っていたのだという。紆余曲折あって帰ってきた楽器は一九五四年製造のモデルだが、オリジナル製造元のギブソン社が修理することになった。それもいい話だな。※1
 かくして「Frampton Comes Alive!」で弾いた、フランプトンの分身のようなギターはよみがえった。「Somethin's Happening」は、このギターにむかって歌っている曲のようにも思える。

 ピーター・フランプトンは一九七五年、アメリカのサンフランシスコで初めて大会場のトリをとったときも、この曲をオープニングにした。
 自分らはドツボるんじゃないかと、ものすごく緊張したそうだ。
 しかし七〇〇〇人の観客は熱狂でフランプトンたちを迎えた。
 この曲のシングルも、もともとこの曲が入っていたLPも、ヒットはしていない。「Frampton Comes Alive!」からシングルヒットした三つの曲※2のひとつでもない。(ケ)


※1 フランプトンが、そのようすをYouTubeにアップしている。www.youtube.com/watch?v=ll018kpTfc8
※2「Show Me the Way」「Baby, I Love Your Way」「Do You Feel Like We Do」。はじめの二曲は「Frampton Comes Alive!」の前の盤からもシングルカットされているが、そのときはヒットしなかった。

【参考】
 音楽誌「billboard」サイトのインタビュー記事、音楽ウエブサイト「musicradar」のインタビュー記事ほか。

※ 二〇一七年三月二十五日、歌詞の訳に指摘をいただき、手直ししました。感謝します。



●「元気が出る曲のことを書こう」の記事一覧は→こちら←


posted by 冬の夢 at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック