2017年03月15日

Mozart−String Quartet No.19 in C major, K.465 元気が出る曲のことを書こう [17]【改】

 クラシック音楽はあまり聴かない。
 なのに、たまにどうしても聴きたくなるものがある。それは、弦楽四重奏だ。
 聴きたくなるときはいつも、とつぜん禁断症状に襲われる。キキタイヨ〜と、幽鬼のように震える手でCDを出しては、回しまくる。聴き終えた盤が部屋に散乱してしまう。
 そのくせ、いつもたちまち飽きて、悪態をつきながら盤を片づけているから、世話はない。
 しかも、弦楽四重奏なら何でもいいわけでもない。
 つい聴いてしまってかならず後悔するのは、モーツァルトの弦楽四重奏曲だ。

モーツァルトの躁鬱感

 モーツァルトの曲には、ひどい躁鬱の振幅を感じる。弦楽四重奏にかぎらず。
 創造の天才だから、ということがあるのかどうか、極度に心の揺らぎが激しい人が作った音楽であることがすぐにわかる。なぜなら、モーツァルトのような才能はどこにもないが、自分も類似の心性を持っているからだ。聴いていると、たちまち体調がおかしくなってくる。
 誰からも聞いたことはないが、モーツァルトの曲を聴くと体調が悪くなる人はいないのだろうか。聴くと健康によいとか、家畜や作物に聴かせると生育がどうこうという話がよくあるが、そんな「効能」は、まったく信じていない。
 いきいきした躍動感は文句なく認めるけれども、それが執拗で、気色悪いほどくどく、やり過ぎに聴こえる。モーツァルトの時代は、やり過ぎなほど聴かせるのがサービスだったとは思うが、聴いて元気が出るどころか、気分が落ち込んだときに聴くのは危ない。あえて躁鬱的な一面があることを意識しながら鑑賞していくと、違った発見もあるかもしれないが。

 モーツァルトが作った弦楽四重奏曲は、二十三曲もある。
 モーツァルトといえど、えらい人やカネ持ちの注文で作曲させられた時代なので、「明るく楽しいやつを作れ」的な発注が多かったとしても、二十三曲ほぼすべてが長調だ。短調は二曲しかない。ということは、モーツァルトらしい躍動感を明朗な長調で聴き続けたければ、楽しみがつきないわけだ。
 たしかに、四つの楽器が舞い踊るように鳴り響き、文字どおり「汲めども尽きぬ」旋律の洪水である。メロディの美しさはもちろん、スピード感や旋律のアップダウンにも興奮させられるし、どこをとっても爽快にできている。
 それらの魅力を素直に楽しめばいいじゃないかと、われながら思うが、どの弦楽四重奏曲を聴いても、第一楽章の半分もいかないうちに不安が襲ってきてしまう。逆説的な意味で、どんよりしたハウスミュージックを聴き続けると陥る麻痺快楽に似ていなくもなく、それをある種の癒やしと感じられるならいいかもしれないが、とにかく、明るく盛り上がった気分で聴き続けるのは、わたしにはむずかしい。

弦楽四重奏曲第十九番 K.465 の異様さ

 ところが、どれも似て聴こえる二十三曲のうち、ほかの曲とは似ても似つかない変な曲が、ただ一曲だけある。『不協和音』の通称でよく知られる、弦楽四重奏曲第十九番ハ長調 K.465だ。
 モーツァルトが好きな人に説明の必要はないが、曲のはじまりである第一楽章の冒頭が、どうにもおかしい。

 曲名でもわかるように、キーは「ドミソ」のハ長調、つまり「C」の曲なのだが、始まったとたん、モーツァルトの時代にこんなのありか、と思うような、コードも調もわからない陰鬱な旋律が交錯する。
 四つの楽器は、とうてい「ドミソ」に合わない暗い響きを重ね、テンポも Adagio で、重い感じなのだ。なまじっかその直後に、いきなり Allegro の「モーツァルト節」が最強の明朗さで炸裂するので、ますます不気味だ。

 エレキギターで音を拾ってみながら書いているが、どうしてこんな旋律が出てくるのか、よくわからない。
 音楽理論は得意でないし、エレキで弾いたってしかたないけれど、とにかくコードを合わせてみると、出だしの不気味な Adagio の部分は、その終わりでG7にまとまる感じがする。この部分はCマイナーの雰囲気なので、G7にまとまる、とは、Cマイナーのドミナント7thということだ。
 G7(ソシレ+ファ)という和音は、Cメジャーのドミナント7thでもあり、つぎにC(ドミソ)が来るのを待ってますよという和音だから、Cメジャーでモーツァルト節が炸裂する@ャれは、バッチリきていることになる。現代の聴感にはふつうにカッコいいし、この不可解な部分は、とってつけたものでもなさそうだ。
 あくまで、わたしのエレキギター的解釈でわかったつもりにすぎないけれど、モーツァルトの時代には写譜屋の転記ミスとまでいわれた、この部分の不可解さを「カッコいい!」と感じるようになった。しかもこの K.465『不協和音』を何度か聴くうちに、なぜか気持ちが上向いて、不思議に元気になってきた。最終楽章まで聴けるようになった。

ハイドン・セットにかくされた仕掛け

 この曲は、モーツァルトが敬愛するハイドンに捧げたので「ハイドン・セット」といわれる、六つの弦楽四重奏曲の最終曲だそうだ。
 さきに書いたように、この時代の作曲家はあくまで「家来」であって、曲作りは命令や注文でする仕事だったから、「ハイドン・セット」も、そのころ実際によくあったという「セット注文」の曲を、流用したのかもしれない。
 だとしても、雇用者や注文主より身分が低い、モーツァルト自身と同格の音楽家──ハイドンは尊敬する大先輩だが、身分はどちらも「家来」である──に曲を贈るのは、当時としてはかなりめずらしい。

 主君(政治)にも司教(宗教)にも束縛されない、音楽による自己表現、あるいは音楽を深く知る者だけが理解できるメッセージ、そういうものが、「不協和音」と「モーツァルト節」の間の、実際には計算されつくした対比のなかに、存在しているのではなかろうか。
 もちろん自分の立場が危うくならないよう、反時代的、反体制的だと聴き取られないように、ハイドンに贈る曲の詰め合わせのなかの、この曲に上手く仕込んだのではないかと思った。

 モーツァルトはこの曲を、一八七五年一月中旬、ハイドン・セットで五番めの弦楽四重奏曲第十八番 イ長調 K.464 と、ほぼ同時に完成させている。
 そして、出来たての二曲を含む、ハイドン・セットの後半三曲を、ウィーンの家に招いたハイドンに聴かせた。自分も楽器をとって演奏に加わったそうだ。
 その前年の暮れ、モーツァルトはフリーメイスンに入会している。ほどなくハイドンもフリーメイスンに加わらせ、父のレオポルトは自分と同じ結社に入会させた。
 ハイドンが自分に贈られた弦楽四重奏曲を聴いたのは、ハイドン自身がフリーメイスンに入会した翌日のことだという。モーツァルトが、イタリア語でハイドンに書いた献辞は「わたしのもっとも親愛なる友人よ」である。

モーツァルトとフリーメイスン

 いまも存在し、秘密結社といわれるフリーメイスンとモーツァルトとの関係は、べつに秘密ではなく、タイトルに「フリーメイスン」が含まれる、フリーメイスンのために作曲した曲もある。モーツァルトの楽曲を、フリーメイスンの「秘儀」の象徴として読み解く研究も、古くからされているそうだ。
 ただ、モーツァルトの曲のCDブックレットや演奏会プログラムに、こういう話が書かれていることは、めったになかった気がする。クラシックをあまり聴かないので、目にしていないだけかもしれないが。

 フリーメイスンについては、かなり多くが明らかになっているが、昔もいまも秘密結社であることに変わりはない。なので、モーツァルトがフリーメイスンの一員として、いかなる活動をしたかということは、ほとんど想像するしかない。よく知られているように、モーツァルトが遺した手紙は多いが、フリーメイスンに関連した内容の手紙や書類は、妻のコンスタンツェが処分し、存在していない。
 モーツァルトの時代のフリーメイスンには、権力者、資産家、聖職者も参加していた。世俗の地位を問わず「選ばれた」人たちの友愛・互助組織という側面も大きく、身分が高くなく収入不安もある音楽家が「選ばれる」ことには、名誉だけでない利点もあったと思われる。事実、モーツァルトはフリーメイスンから借金をしたりもしたようだ。
 政治経済の中心にいる人が入会している以上、社会とはまったく無縁の仲良しクラブであるはずはなく、フランス革命を扇動したと疑われたこともあったし、現在も世界制覇をたくらむカルト集団だという説があるように、フリーメイスンを話の中心に据えると、いやおうなく陰謀論になってしまう。ならばやはり、モーツァルトの曲の鑑賞とフリーメイソンは関係のないこと、としておくほうがいいのかもしれない。
 半世紀にわたる関心と研究の成果という、キャサリン・トムソンの『モーツァルトとフリーメーソン』にも、モーツァルトとフリーメイスンの「そもそも」の話については、資料もないのだろうが、明瞭には書かれていない。この弦楽四重奏曲 K.465は、モーツァルトとフリーメイスンを語るキーワード的な曲だとも思うが、トムソンの本ではこの曲の分析も、拍子抜けするほどあっさりしている。

弦楽四重奏曲「不協和音」に想像をめぐらせる

 この曲は、六曲のハイドン賛歌の締めくくりに、そのフリーメイスン入会を祝賀する曲であり、同時に、尊敬する巨匠と「友」と呼び合える立場になれたモーツァルト自身を祝う曲なのだと、想像しながら聴いている。
 既発の曲解説をいくつか見ると、はじめの不可解な Adagio の部分は人間の深みを凝視した表現だ、というような解釈がよくあるが、どんよりした「不協和」な聴こえかたが深遠だというのだろうか、根拠がよくわからない。もしそうなら、なぜこの曲にだけ、こんな部分が存在させられているのかが説明できない。そうではなくて、もっと即物的な何かが、この Adagio にはあるに違いない。
 語呂合わせや暗号遊び、ビリヤードなどにとても凝っていたというモーツァルトのことだ。ハイドンが聴けば一発でわかるフリーメイスン入会の秘儀なりサインなりが──かなりややこしいらしい──隠しコマンドのように封入されているのではないだろうか。モーツァルトの家でこれを聴かされたハイドンが、異様なほど感動した、というエピソードも、それでうなずける。
 もっとも、ハイドンはこの『不協和音』は敬遠したという説もある。いやいやそれは、秘密のメッセージを知ったことを気取られないためのハイドンの演技だった、などとといい出すと、いよいよ陰謀論になりそうだから、これくらいでやめておこう。
 いずれにしてもこの曲は、モーツァルトを聴くと、いい気分になれないことが多かったわたしを、すっかり面白がらせてくれた。

時代を超えた感性ゆえの「いらだち」

 それはともかく、モーツァルトといえば数と量≠ナはないだろうか。
 作ったり弾いたりした曲の数や音符の数。
 モーツァルトが実際にどれほど「おしゃべり」だったかは、よくわからないが、とにかく多弁多筆な手紙。
 よそ行きの服の数、そして多額の借金!
 天才ゆえに、創造と蕩尽に同時に驀進したということかもしれないが、音楽にも生活にも数となり量となってあふれているもののなかに、どこか焦燥感のようなものを感じる。とまらない「いらだち」のようなものだ。

 英才教育、というよりシゴキといったほうがいいかもしれないが、それを受けたので、さまざまな楽器を華麗に弾きこなして人を驚かすなどは、モーツァルトには朝飯前だったろう。
 しかし曲芸のように楽器が弾ける子ども、というだけでは、人気に限りがある。音楽の才能があるとみた息子を、より高く売ろうという親の思惑は、七歳の一流作曲家を作り上げるための作曲指導となった。
 幼いときから旅芸人のように長期間、遠距離の旅行もさせられ、虚弱体質になってしまったが、音楽芸人ではなく、後世に作品を残せる音楽家になれたことを、モーツァルトは親に感謝していたらしい。

 しかしモーツァルトは結局のところ、音楽家に芸術家・表現者としての地位がまだなかった時代に束縛された、人生を送らざるをえなかった。
 モーツァルトの感覚の先駆性は、同じ時代の音楽家にも鑑賞者にも理解が困難なレベルだったろうが、それを理解できる数少ない鋭敏な音楽家や鑑賞者との「対話」は、当時の社会制度にはばまれていたのである。
 とりわけ感性や知識にすぐれた人どうしが、身分や地位に関係なく仲間となって互助することが、当時のフリーメイスンの目的のひとつであったなら──現代でも、秘密のサインを示しておくことで、社会的立場に関係なく見ず知らずでも、会員とわかるそうだ──モーツァルトは喜びと熱意をもって、フリーメイスンに自分のアイデンティティを託していたに違いない。

モーツァルトの遺した品々と「不協和音」

 本当のことは、もちろん、わからない。
 モーツァルトの葬衣はフリーメイスンの黒装束だったというので、最後まで両者の関係は緊密だったということかもしれない。しかし、あまりにも音楽の中にフリーメイスンを表現しすぎたため、当の組織に謀殺されたという説もあるのだ。

 モーツァルトが亡くなったころのヴィーンでは、故人の遺産目録を作ることが法律で決められていたそうだ。
 なので、モーツァルトが最後に所持していた品々の細目と、その評価額が、驚くほど細かいリストで残されている。かなり興味深いので別途、書き写しておいた。遺品は、なにより雄弁にその主を語るというが、モーツァルトの遺品はモーツァルトの音楽についても、なにかを教えてくれるのだろうか。
 それらの品が、もとあったとおりモーツァルトの部屋にある様子を想像しながら、いま一度『不協和音(Dissonant)』こと、弦楽四重奏曲第十九番 ハ長調 K.465、その第一楽章を聴きはじめている。(ケ)

170314ms.JPG 
ドイツの切手/生誕250年記念 2006


※ モーツアルトの遺品をリストしたPDFファイルが開きます。→こちら←

 この文は、イタリア・カルテット(Quartetto Italiano)の演奏を聴いて書きました。弦楽四重奏曲全曲収録の、ボックスセットがあります。ほかの四重奏団の演奏で全曲を聴いたことはないので──そもそも、この文を書くまで、全曲を聴いたことはありませんでした──この四重奏団の演奏の良否をいえるような、説得力のある知識はありません。

【参考】
『モーツァルトとフリーメーソン』キャサリン・トムソン/訳:湯川新・田口孝吉/法政大学出版局/一九八三
『モーツァルト書簡全集Y』白水社/編訳:海老沢敏・高橋英郎/二〇〇一
『モーツァルトを聴く』海老沢敏/岩波新書/一九八三
 ほか

■ 二〇二〇年三月七日、二〇二一年四月五日、手直ししました。管理用


●「元気が出る曲のことを書こう」の記事一覧は→こちら←


posted by 冬の夢 at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック