2015年11月28日

フレッド・アステアの"They Can't Take That Away From Me"(誰にも奪えぬこの想い)

"They can't take that away from me"は、1937年のアメリカ映画『踊らん哉』(※1)の挿入歌。ジョージ・ガーシュインが作曲し、兄のアイラが詞をつけた。
歌ったのは、もちろんフレッド・アステア。ジンジャー・ロジャースと共演したミュージカル映画は、1930年代の人気シリーズのひとつだった。二人の組み合わせは、後にフェデリコ・フェリーニが『ジンジャーとフレッド』で作品にするくらい、映画史上最高のコンビとなった。
『踊らん哉』に限らず、「アステア・ロジャース映画」にはスタンダード・ナンバーとして長く歌い継がれる楽曲が数多く登場する。その中でも別格なのが、"They can't take that away from me"で、同じ年のアカデミー編曲賞にノミネートされている。

アステア1.jpg

スタンダード・ナンバーの大半は「好き」とか「愛してる」という内容の歌なのだが、あえて"love"という単語を使わないタイトルが付けられることが多い。今様に言えばコピーライティングの一種に近く、いかに"love"を使わずに愛の歌であることを表すかに作詞家の腕が試されたのでもあった。
わかりやすい例は、"I've got you under my skin"あたり。邦題は「あなたはしっかり私のもの」となっているが、本来のタイトルのニュアンスはもっと肉感的だ。
そんな中で、"They can't take that away from me"というタイトルはかなりいい線を行っているのではないだろうか。タイトルのキーフレーズは"that"。これが何を指すのかが、歌詞の中で明らかになるわけで、そこにほろ苦い味わいがある。そのような感覚は「誰にも奪えぬこの想い」という日本語タイトルではなかなか伝わりにくい。
ガーシュイン兄弟はアステアが歌うことを前提に作ったのであるが、歌手ではなく踊りが本職のアステアは、この曲に限って言えば、歌声に深みがなく歌詞の印象を薄めているように聞こえる。たぶんアステアの歌い方ではエレガント過ぎて、歌詞本来の苦味が出しにくいのだろう。

ビリー・ホリデーやエラ・フィッツジェラルドといった女性歌手のビッグネームたちも揃ってカバーしていて、彼女たちが歌うと当然ながら"me"は女性ということになってしまう。なぜだか歌の世界では、歌詞に登場する"I"は、男性が歌うときは男、女性が歌えば女の設定に早変わりする。その点、演歌を中心として日本では、男性歌手が女の気持ちになりきって歌うことが当たり前にあるわけで、歌の上では日本のほうがジェンダーフリーが進んでいたと言える。
それはともかく、"They can't take that away from me"はアステアがロジャースに向けて歌う場面での挿入歌なのだから、歌の中の「私」は男性として考えたい。映画よりも歌だけがスタンダード・ナンバーとして残っている今となっては、アステアの優雅さよりもフランク・シナトラの飄然とした歌い方がよく似合う。
そのシナトラの歌声をイメージして、歌詞を訳してみよう。


The way you wear your hat
The way you sip your tea
The memory of all that
No, no, they can't take that away from me

The way your smile just beams
The way you sing off-key
The way you haunt my dreams
No, no, they can't take that away from me

We may never, never meet again
On this bumpy road to love
Still I'll always, always keep the memory of...

The way you hold your knife
The way we danced till three
The way you've changed my life
No, no, they can't take that away from me
No, they can't take that away from me


きみの帽子の被り方
きみの紅茶の飲み方
そんないろんな癖の記憶
ハハ!こいつを僕から取り上げるのはムリ

きみの笑顔のキラめき方
きみの音階外れの歌い方
僕の夢によく出てくるし
ハハ!こいつを僕から取り上げるのはムリだね

僕ら二度と再び会うことはないんだろうな
愛というにはでこぼこ道ばかりだったから
それでも僕はいつもいつまでも憶えておくつもり
それは──

きみのナイフの持ち方
ふたりで三時まで踊ったね
きみが僕の人生を変えてしまったこと
ハハ!この思い出を僕から取り上げるのはムリだよ
は〜、この思い出を僕から取り上げるなんてできるわけないさ



シナトラの歌を聴いていても、失恋の痛手のような暗さはまったく感じられない。明るい曲調とも相まって、愛した女性のちょっとした仕草や癖を思い出しては笑っているという感じだ。
キーワードの"that"が指すのは、恋人のそうしたディテール。「折れたタバコの吸い殻で/あなたのウソがわかるのよ」(※2)と言うように、洋の東西を問わず、深い関係になればなるほど、相手の癖が記憶に鮮明な刻印を残すものなのだ。
恋をなくしても、彼女の愛すべき振る舞いの残像が蘇る。たぶん、帽子の被り方も紅茶の飲み方もどこか少しファニーだったに違いない。笑顔はメチャクチャ輝いていて光線を放つようである一方で、歌はキーがはずれている。フォークの使い方は完璧だけど、ナイフの持ち方はなんだかマズい。
そんな魅力溢れた女性との日々はバンピーな道のりを経てダメになり、今は離ればなれに。ふとした仕草を思い出すうち、自分の心はすっかり彼女の面影で支配されていることに気づく。それはもう取り戻すことは出来ない。歌の最後には"that"は、愛した女性との思い出そのものに変わっている……。

シナトラ.jpg

ところで、フレッド・アステアをはじめて見たのは、『ザッツ・エンタテインメント』(※3)における「踊るニューヨーク」のタップダンスシーン。RKOでのジンジャー・ロジャースとのコンビを解消しMGMに移籍したアステアが、パートナーをエレノア・パウエルに替えて踊った映画だ。「ビギン・ザ・ビギン」にのった二人だけのダンスは約三分間。それをわずか二つのショットだけで見せる。フルショットのカメラは、ダンスの動きに合わせて左右にわずかにパンするのみ。要するに、アステアとパウエルの至芸をとくとご覧あれ、という撮り方なのだ。観客にとって価値があるのは二人のダンスそのもの。余計な撮影テクニックや演出は不要。だから全身フルショットの長回し。シンプルでベストだ。

これ以外にはない当然の撮り方が普通に映画になっていた良き時代は、今はもうない。いや、絶えてからもう五十年くらい経過してしまった。TVの音楽番組やミュージッククリップなどを見ても、演出演出演出技術演出の繰り返し。もちろん「技」が絶滅したことも要因としてあって、演出しなければ見せられないという事情もあるだろう。でも、じっくり芸をみたいときでも、必ず映像とカメラと照明が邪魔をする。踊りを見たいのになぜ顔のクローズアップを入れる必要がある?コンビネーションを見たいのになぜひとりだけスポットライト?カット割りがすべての流れを分断することがなぜわからない?

不満ばかりの現代において、便利になったことも一方ではある。YouTubeで検索すれば、アステアのダンスなど溢れるくらいにひっかかってくる。もちろん「踊るニューヨーク」もPCやスマホですぐに見られる。いい時代になったものだ。
そんなYouTubeを眺めていたら、1970年アカデミー賞授賞式にアステアがプレゼンターとして登壇する映像が出てきた。
当時の授賞式の司会者はボブ・ホープと決まっていて、オスカー像を渡し終えたあとのアステアはボブ・ホープに促がされてステージの真ん中へ。そこに音楽が流れだすと、アステアの身体がたまらずに動き出し、ダンスを披露してしまうという趣向。このときアステアは七十歳。細身の体型は寸分の狂いなく変わらず、そしてダンスは全盛期と同じくエレガントでシャープ。TVクルーも往年の映し方を知っていたのか、画面はひたすらフルショット。こんな素晴らしいアカデミー賞授賞式もあったのか、という歓びでシビレてしまった。

さらにおすすめ画面を繰ってみると、RKO時代の『踊る騎士』でアステアがドラムをパートナーにして踊るシーンが出てきた。アステアとドラムの組み合わせは『イースター・パレード』の玩具店でのダンスシーンが有名なのだが、その原典がRKO作品にあるとは知らなかった。そして、ドラムパフォーマンスは『踊る騎士』のほうがはるかにすごい!パートナーがドラムと言うよりは、アステアがドラムの一部分になってしまったかのような、アステアの楽器化。もはや人間技ではないレベルに達してしまっている。その技が1937年に完成されていたことを考えると、授賞式でのダンスなんてまさしくオチャノコサイサイであったに違いない。

最後にアステアの歌について補足しておくと、七十歳を超えてからレコーディングしたスタンダード・ナンバー集での"They can't take that away from me"は、段違いに良くなっている。と言うか『踊らん哉』が映画のワンシーンとしての表現だっただけで、映画以外では昔から良かったのかも知れない。
シナトラの絶対的な美声とは違ったアステアらしい枯れた歌い方。ダンスと同じようにリズムの取り方は譜面にぴったり一致するのだろう。
正確無比なゆとり感。アステアにしか醸し出せないアステアらしさである。(き)


(※1)監督はマーク・サンドリッチ。原題 は"Shall we dance"。
製作会社のRKO(Radio Keith Orpheum)は「電波塔」のイラストと「RKO/A Radio Pictures」の文字によるオープニングロゴが有名。映画草創期からプログラムピクチャーを量産したメジャースタジオだったが、50年代半ばに倒産・消滅してしまった。ヒッチコックの『断崖』『汚名』やオーソン・ウェルズの『市民ケーン』もRKOの作品。

(※2)中条きよし「うそ」。作詞山口洋子、作曲平尾昌晃で、昭和四十九年にヒットした。

(※3)MGMミュージカルの名場面を編集した1974年のアメリカ映画。監督のジャック・ヘイリー・ジュニアは『オズの魔法使い』のブリキ男の息子。この映画が公開された後、日本で「エンターテイメント」という言葉が一般化した。


アステア6.jpg


posted by 冬の夢 at 22:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 映画音楽・ソウルなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歌詞の翻訳のうまさに感服しました。しかし、たとえこの歌詞を女性が歌ったとしても、この内容はやっぱり男性のものだと感じます。
女性の立場で同じようなことを歌った名曲は山口百恵の「イミテイション・ゴールド」ではないかと思います。
新しい恋人の何気ない仕草をみた瞬間に、前の男の姿がフラッシュバックする。恋は終わってしまったけど、僕の中の君の姿は永遠だ、と歌う男に対して、若い新しい恋人と前の男を比べてしまう、一緒にいてもまだ前の男が忘れられない!と叫ぶ女。やっぱり男の方が恋に対してロマンチックなんだなあ、と感じ入った次第です。
ちなみに、70歳のフレッド・アステアが軽やかに踊っていた、とありますが、私が見て唖然となったのは80歳の坂田藤十郎が歌舞伎のスチール撮影の後、スタジオの雰囲気がミュージカルの舞台みたいだといって、タップを踏んでおどけた姿。当時、そういう現場の仕事をしていたのですが、日舞の名手はいつまでも身のこなしがしなやかで、足運びが軽やかだ、と感心したものです。
Posted by maya at 2015年12月01日 23:47
コメントを頂戴し、恐縮至極です。
藤十郎、八十歳のタップはすごいですね。アステアの最後のダンスは七十六歳「ザッツ・エンターテイメントPart2」のときですから、それよりもさらに上。
やっぱり小さい頃からの稽古で、しなやかさや軽やかさが身についているんでしょうね。
Posted by (き) at 2015年12月02日 18:49
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック