2014年04月12日

源義経の「坂落とし」は高尾山だった!という話【改】 .

 義経を手本にせよとて、まづ卅騎ばかり、まッさきかけておとされけり。(略)おほかた人のしわざとは見えず。ただ鬼神の所為とぞ見えたりける。

『平家物語』の「坂落」には、そう書かれている。いまから八三〇年前の源平合戦の名場面、ひよどり越えの坂落とし≠セ。
「まッさき」に突っ込んだのは、源氏軍を率いる源義経。小兵ながら美丈夫、悲劇に散った知恵と勇気の人とされる人気者だ。高さ三百メートル近い絶壁を騎馬で駆け下り、一の谷を大軍で守る平家の背後から攻撃するという、信じられない奇襲作戦で、わずかな兵で数万の平家軍勢を敗走させた。

 このとき源氏がたに、馬からおりて崖下をのぞき込む武士ひとり。怪力無双の畠山重忠だ。
 おい馬よ、と話しかける。
「この岩場で、けがでもさせては不憫だな。いつもお前には世話になるからなあ、今日は楽させてやろうわい」
 と、馬を軽々と背負い、岩の間をズシンズシンと下りた。
 子どものころ読んだ源平合戦の話で好きだったこのエピソードは、『源平盛衰記』が出所らしい。

 一の谷の戦いがあったのは、現在の神戸市須磨区とされていて、一の谷町に碑もある。源氏方が義経に続き無事に山を下るや、平氏の陣に火が放たれたという『平家物語』の記述どおり、須磨区の北側は山だ。ハイキングコースが整備されている。
 さっそうとした義経や、馬を背負った重忠を想像しながら、「坂落とし体験」ができるかもしれないと、いさんで須磨へ向かった。

 いや、向かわない。
 電車で須磨方面にどう行くか調べていたら、なんと神戸電鉄有馬線に「鵯越(ひよどりごえ)」という駅がある! おなじ神戸市の兵庫区だ。
 ここには、義経が馬を休ませ側近と作戦会議をした「義経馬つなぎ松」という伝承地もあるという。本当の「坂落」はここ、という説もあるそうだ。その説が正しい場合、一の谷も須磨区でなく、この鵯越に間近な北区と兵庫区の境あたりにあったのだろうか。

『平家物語』では、放火されて黒煙にあわてた平氏の軍勢は「前の海へぞおほくはせいりける」と続いている。一ノ谷が、北区と兵庫区の境あたりでは、海が遠すぎる。それとも当時はずっと内陸まで海が来ていたのだろうか。
 あるいは「ひよどり越えの坂落とし」のみ兵庫区の鵯越で、一の谷は海が近い須磨区だったのか。それも無理がある。いまの鵯越からの見晴らしはいいが、「坂落とし」をしてから須磨まで行って平家の陣を攻撃するとなると、崖を降りた後の馬で、すぐに襲撃できる距離とは思えない。源氏の軍勢は、まず新開地まで神戸電鉄で行き、山陽電鉄に乗り換えないとダメだ!

『平家物語』の「坂落」と、一般向けの歴史本をいくつか見たきりなので、決定的な説はわからない。専門研究者の間でも諸説あるようだ。もっとも、どの説も面白い。そもそも『平家物語』には演出や、史実かどうかはっきりしない記述もある。
 神戸は市街から山がとても近く、「坂落」の場所に興味を持ったらすぐ行けるし、諸説を論争的に考えるより、素朴に楽しむのもいいだろう。絶壁は駆け下りないまでも、ほんとうに馬で行ってみたい気がする。

140406ds.jpg 140406mm.jpg
鵯越駅。神戸電鉄有馬線は六甲の北へ入る。鵯鳥墓園の南門に神戸市史跡「鵯越の碑」がある。
写真をクリックすると、すこし拡大

 というわけで、さっそく「鵯越」駅に降り立った。
 新開地からすこし走ると上り勾配で、山あいの路線となり、鉄道ファンでなくとも気持ちがいい。
「馬つなぎ松」は、駅からひとしきり歩いた市営鵯越墓園の中。東京の青山霊園の十倍の広さという霊園で、お墓の間を探すのかと、ちょっと不安になる。墓地なので南門にある図にも名所案内は書いてないから、ますます困った。わずかに見かける墓参の人に聞くのもはばかられる。
 とはいえ園内はよく整備され、舗装道路が通っているから、あいにく寒の戻りでアラレがパラつくものの、何とかなるだろうと歩き出した。

 天気は悪いがウグイスの声が聞こえ、ところどころ桜も残る、ゆるい上り坂をまずは歩く。
 カーブの多い道を車がやたらに飛ばしてくる。墓参を急ぐ車ではなく走りに来ているらしく、ぼんやり歩くと危ない。
 クネクネ道をかなり歩いてヘバったが、迷わずに「高尾地蔵院」に出くわした。道に近くてすぐわかる。「義経馬つなぎ松」の案内もある。松は昭和三十年前後に病害で枯れたそうで、根元だけが残っている。
 なお墓園の管理センターが設置した、兵庫歴史研究会なる団体による解説パネルもあり、ここが「鵯越の逆落とし」攻撃の相談をした「『義経公御陣の跡』と呼ばれ、ここにあった古松を『判官松』または『義経馬つなぎ松』と呼び伝え、昔の人が大切にしていた」と書いてある。「高尾山山頂より眼下を見下ろすと、和田岬の周辺には総大将宗盛と安徳天皇を守る平家の軍勢が篝火を焚き、火の海をつくっていた」となっているが、このパネルの記述どおり、平家の陣がいまの一ノ谷町ではなく和田岬、現・兵庫区の南端(海に面している)にあったなら、たしかにここから見下ろせる。といっても和田岬は、戦跡碑のある須磨区の須磨浦公園よりはここに近いが、やはり、かなり距離がある。

 高尾地蔵院は、朽ち果てた祠など、なかなか怖いものがある。松の跡に向かって右から車一台幅のコンクリート道が出ていて、ゲートがあり、右奥に龍神さまがあるが怖すぎて見なかった。
 ゲートそのものは閉じられていたが、徒歩なら上ることができ、すぐに巨大な通信塔のようなものが見えてくる。神戸市降雨情報システム(rainmap-kobe250.jp)のレーダーだそうだ。 
 その塔の下付近に、高尾山への入口がすぐ見つかり、階段ですぐ登頂、標高四〇三メートル。墓園の中の山だが、じつに眺めがいい。山頂にある木に向かって左に遠く泉州、右に淡路が、神戸市街の先に見える。
 山から海までの開けかたはゆるやかだが、平地から数百メートルの高さだから、かりに一の谷がこの真下にあったすると、やはり平氏には、源氏が背後の山から攻めてくるとはとうてい思えなかっただろう。
 もしここが本当に「坂落」と一ノ谷の現場だったなら、『平家物語』の「坂落」は、話の展開をよくするため時間や距離を極端に圧縮した演出かも、とも考えられる。馬に乗って下れる程度の尾根が千尋の谷に化け、源氏は下ってしばらくパカポコ行ってから火をつけてヤアヤアとやったのを、怒涛の急襲でたちまち炎上という表現になり、平氏は海まで弁当でも食べながらエッチラオッチラ逃げたのを、「はせいりける」と書いた、みたいに。

140406ut.jpg 140406fg.jpg
「義経馬つなぎ松」は根っこの部分しか残っていない。
蛙岩は、写真左手が海側、墓所「新芝生地区」の駐車場のへりをよく探すと入口がある。

 鵯越墓園には、ここから坂落とししたよ、という場所も、ちゃんとある。見つけにくい場所だが、「蛙岩」が目印だ! 
 いかん、カエルに見えるよう写真を撮るのに苦心しすぎて、ここから坂落とししたらどんな感じなのか、よく視認してくるのを忘れた! 

 かくして、出発点の南門へ戻る。
 帰途は、周回している墓参バスに乗せていただくことにし、園内を一周する形で出発点に到着。車中はわたしひとり。静かな坂落とし探訪は終った。
 約五万区画の墓所使用数だそうだから、お彼岸ごろには相当混雑し、墓園内の道路は渋滞するのだろうか。あるいは季節がいいから歴史ファンたちが源平伝承を探してつめかけるのだろうか。お墓にいる霊たちは、にぎやかであってほしいのか、静かに眠らせてくれと思うのか、まだ死んだことがないからわからない。

140406ag.jpg 140406ss.jpg
神戸・高尾山上からの眺め、木の右手に淡路島。
少し下がった位置から神戸市街、かなたに大阪方面

 源義経は、「(判官)贔屓(ひいき)」するかどうかのストーリー仕立てから、風体や性格のキャラ設定まで、書き手によって違って後世に伝えられたことは知られている。義経が「坂落」を指揮したかどうかも、本当にその攻撃があったのかどうかさえも、確証はないようだ。
 にもかかわらず、奇襲、奇策、そして無謀をかえりみない突撃精神が、桶狭間、真珠湾※1などの成功美談とともに、ろくな裏付けもなく勝利の方程式になっていったことは、ここで説明するまでもないだろう。
 いや、劣勢でも勝った場合、それなりの戦略があったはずだが、予想もつかない作戦で吶喊すれば、どんな劣勢でも何とかなる、というヤケクソ状態の正当化につかわれ、それがまかり通っていった、と書いておくべきかもしれない。

 太平洋戦争末期の一九四四年、史実かどうかも不確定な「ひよどり越え戦法」が性懲りもなく登場する。イギリス軍の拠点で中国援助ルートの要所でもあったインド北東部を攻略し、戦局打開を狙うインパール作戦だ。「坂落とし」こそないが、山岳地帯や河川を踏破し、想定外のコースから奇襲攻撃しようという戦術だった。
 義経の「坂落」と比較することは省略。凄惨なまでの敗北と飢餓地獄に終わったことで知られるインパール作戦で、たとえ一瞬でも「ひよどり越え戦法」が成功したかどうかなど、調べる気も起きない。
 ひよどり越えだとか、ジンギスカン作戦──とは、補給のめどがつかなかったので、荷役と食用を兼ねて家畜と行軍※2させた──だとかを、本気でやらせるアタマの構造を疑ってしまうが、どんなに内実に欠けた施策でも心地よいキャッチフレーズさえあればひとり歩きしてしまうさまは、いまの時代にも、似たようなケースばかり見せられている気もする。
 古戦場の場所がどこだったかということより、「人のしわざとは見え」ない源義経の活劇の実態、そしてその勝利に方程式はあったのかなかったのか。そちらを証明してくれるような資料がないのが残念だと、つくづく思う。(ケ)


■『「馬」が動かした日本史』(蒲池明弘/文春新書/二〇二〇)の紹介はこちら



※以下ほかを参照しました。

・「日本古典文学全集『平家物語 二』」
・『平家物語』の舞台を歩く」(三池純正/潮出版社)

※ 神戸市サイトの、神戸市保健福祉局生活衛生課墓園管理センターが制作したページに、鵯越墓園の史跡場所を記した地図があります。知らずに訪れていました。

※ 須磨区役所まちづくり課内の須磨観光協会によれば、「さかおとし」には、坂を下る「坂落し」、馬を逆向きにして降りたという「逆落し」など、いろいろな解釈があるとのこと。この文では「坂」にしました。

※1 山本五十六は二度の駐米経験があり、真珠湾作戦はアメリカの国力・戦力を理解した上での案でした。アメリカの意気を挫く一撃は可能で、早々に講和する勝ち逃げの奇襲のみあり、という考えには一理があったのです。しかし当初の連戦勝利で日本は有頂天になり、講和どころか戦線を拡大、負け戦となってからは戦法だけが悪あがきのエスカレートを重ね、大切な兵の命をあたら失わしめたことはいうまでもありません。

※2 この地域の「山岳地帯」とは二千〜三千メートル級。家畜はジャングルの高山は登れず、河川に流され、ほとんど失われました。また家畜と移動していると敵機に見つかりやすく、攻撃も受けました。そもそも、よく知られていますが、暗号が解読されていたため、作戦は敵にわかってしまっていました。


※二〇一九年六月二十二日、二〇二〇年九月二十五日、手直ししました。管理用
posted by 冬の夢 at 03:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 旅・徘徊・発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック