2020年08月14日

「男はつらいよシリーズ」全作品鑑賞苦行記 A(のつもり)

@はこちらです。

 「男はつらいよシリーズ」連続鑑賞をとりあえず継続中。今回は第九作から十七作までの記録となります。
 @では寅さんが繰り返す迷惑行為を作品ごとに取り上げたのだが、シリーズが恒例化し、ファン層が拡大するのに伴って、それはとらやの中に留まることになったようだ。初期作品では法を犯すところまで行っていたのが、内輪揉めと言うか口喧嘩と言うか、家庭内の些細な騒動に収束するのがこの時期。よって「迷惑行為」ではなく「騒動」という括りにしてみた。が、それもあえて取り上げるほどでもない、とらやの日常のひとコマになっていく。
 と言う訳で、例によって、製作順、タイトル、公開年、マドンナ女優、採点(双葉十三郎基準)を表記。騒動の内容に加えて、印象的な名場面がある場合のみ特記します。


[9]『男はつらいよ 柴又慕情』1972年8月 吉永小百合 ☆☆☆★★
【騒動】自分の部屋が貸間に出されて怒った寅。どこかで一間借りようと不動産屋に探させた部屋はとらやだった。仲介手数料まで支払うことになり、寅は家を建てようとする博に罵詈雑言を並べる。真面目に働いて自分の家を持つことが悪いことなのかと問うさくら。寅はまたとらやを出て行く。
【名場面】結婚を決意して「嬉しいのに涙が出ちゃう」と泣く歌子。傷心の寅が夜空を見上げると星が流れる。寅と歌子が背中合わせに逆方向を向く左右対称の構図。どこか淋しげな吉永小百合の存在感に泣けてくる。

[10]『男はつらいよ 寅次郎夢枕』1972年12月 八千草薫 ☆☆★★★
【騒動】題経寺で母親が子に「寅さんみたいになっちゃうよ」と叱る姿を見た寅は、とらやでも自分のことを陰で悪く言っているのではないかと疑う。そんな自分の立場をつらいと言う寅に向かって、さくらは本当につらいのはおいちゃんたちだと泣いてしまう。
【名場面】なし

[11]『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』1973年8月 浅丘ルリ子 ☆☆☆
【騒動】さくらが何気なくピアノが欲しいと言うのを聞いた寅は、すぐに飛び出しておもちゃのピアノを買って来る。欲しかったのは実はアップライトピアノだったと知り、おもちゃを買ってきた自分が恥をかかされたと言い捨ててとらやを出て行く。
【名場面】リリーがいなくなって旅に出る寅は駅までさくらに商売道具の鞄を持って来させる。「満に飴玉でも買ってやんな」と出した財布に入っていたのは五百円。さくらは自分の財布から几帳面に折りたたんだ千円札を数枚広げて寅の財布に。「もっとお金持ってくれば良かったね」のひと言は涙なしでは見られない。

[12]『男はつらいよ 私の寅さん』1973年12月 岸惠子 ☆☆★★★
【騒動】おいちゃんとおばちゃんを九州旅行に誘ったさくらと博。明日出発というそのときに寅が帰ってくる。旅行に行くことを隠すそぶりに怒る寅。旅先からの電話でおいちゃんと口喧嘩してしまうのだった。
【名場面】なし

[13]『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』1974年8月 吉永小百合 ☆☆☆
【騒動】寅が帰ってくるなり「お絹さんという人について重要な発表があります」ととらやのみんなに告げる。いよいよ結婚相手が決まったと近所からもお祝いの品が届けられ、祝宴の席となるが、いつも通りの片思いだった。急に場がシラケてしまったことに怒る寅に、タコ社長は庭に投げ出される。
【名場面】この騒動の前に寅が旅館での番頭の仕事を語る。「サッと」「トントントンと」などオノマトペを巧みに挟みながら流れるような渥美清の台詞回しで寅の働く姿が伝えられる。カメラはよく見ないとわからないほどゆっくりとトラックアップする。シリーズ最初の寅のひとり語り。
あとは歌子との再会で恋やつれした寅におばちゃんがうどんでも作ろうかと言う場面。「ナルト巻は要らねえよ。あの渦見ると目が回っちまうから」

[14]『男はつらいよ 寅次郎子守唄』1974年12月 十朱幸代 ☆☆☆★★
【騒動】京子の誘いでコーラスに参加するさくらについて行った寅と源。さくらのハンドバッグから取り出した口紅で遊ぶ姿にメンバーが大笑い。せっかくの練習を台無しにしてしまう。
【名場面】寅が連れ帰った赤ん坊。子宝に恵まれなかったおばちゃんが熱心に世話をする。佐賀から赤ん坊の父親がやって来て連れて行ってしまった晩、ベビー用品を片付けながら泣くおばちゃん。三崎千恵子の演技が泣かせる。

[15]『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』1975年8月 浅丘ルリ子 ☆☆☆☆
【騒動】寅が旅先で知り合った謙次郎パパが置いて行った土産のメロン。リリーが来たからと、とらやのみんなで食べようとするところに寅が帰ってくる。自分の分がないことをネチネチと責める寅。それをリリーが本当ならみんなで食べてくださいくらい言うべきだと一喝する。
【名場面】リリーが歌う酒場を見てきた寅。もっと広いところで歌わせたいなと、金があったら歌舞伎座とかを借り切ってリリーがリサイタルを開く場面を語り始める。
また、小樽で初恋の人がいる喫茶店を訪れる謙次郎パパ。コーヒーも飲まずに出て行こうとするのをかつての恋人が止める。電車の時間とかあるんでと歩き出すパパの後ろ姿。

[16]『男はつらいよ 葛飾立志篇』1975年12月 樫山文枝 ☆☆☆
【騒動】帰ってきた寅がなぜ学問をするのかと真面目な話をするのに、タコ社長が寅の四角い顔を揶揄してケンカになる。まあ、騒動と言うほどのものでもないが。
【名場面】年末でかき入れどきのとらや。そこへ田所先生から礼子に電話が入る。注文をさばく声が響くとらや。電話で田所のプロポーズを拒む礼子。何気ない対位法が見事。

[17]『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け』1976年7月 太地喜和子 ☆☆☆☆

【騒動】寅が連れてきた爺さんが日本画の大家とわかり、満男のために描いた絵に値打ちが出るのはと色めくとらやの面々。興奮したタコ社長がその絵を破ってしまい、寅と大喧嘩に。と言う内輪揉め。
【名場面】龍野を去る青観(宇野重吉)を見送る志乃(岡田嘉子)。志乃は精一杯背伸びをして手を振る。草履から少しだけ浮いた左足が名残惜しさを最大限に表現している。

 タイトルを「苦行記」としてしまったのが恥ずかしくなるくらい、この時期のシリーズは見ごたえのある傑作揃い。単体でひとつの作品として見ても、良質な喜劇が多い。中でも『寅次郎相合い傘』は間違いなくシリーズ最高傑作。双葉十三郎先生も「日本映画 ぼくの300本」(文春新書)で☆☆☆☆の最高点を付けて、シリーズを代表する作品として紹介している。
 さらに『寅次郎夕焼け小焼け』。シリーズの基本設定である「寅が恋してフラれて旅に出る」のパターンを完全無視。芸者と日本画家と寅次郎の三人による人情噺にしてしまった。それを噺家ではなく、映画が話す巧さ。もちろん俳優の貢献度が大なわけで、太地喜和子も宇野重吉もシリーズ最高の演技を見せてくれる。
 これらの傑作が連続して生み出された背景には、ワンパターン回避の工夫があった。山田洋次ら製作陣は、シリーズのお約束パターンをおさえた上で、マンネリにならないよう微修正を加えていた。お約束がマドンナだとすると、そこにプリマ・ウォーモ的なゲスト俳優を加える。あるいは寅の失恋が基本パターンであれば、寅が惚れられるという逆パターンを仕掛ける。そのような変奏曲が次々にハマった。『相合い傘』と『夕焼け小焼け』が傑作なのも、シリーズの中でも特に見事な変奏曲になっているから。ゲスト俳優の船越英二と宇野重吉は、マドンナとの本線ストーリーが霞むくらい印象深いキャラクターを作っている。また、本線を覆して、寅は全く失恋していない。リリーは本気で寅と結婚しても良いと思ったし、ぼたんと寅の間では「所帯を持とうな」は挨拶代わりの言葉でもあった。
 かくして、シリーズは早くも絶頂期を迎えてしまった。この後の作品はほとんどが初見となる。はたまた見続けることが出来るのか。うまく行けば次回はBとなります。(き)

夕焼け小焼け.jpg


posted by 冬の夢 at 23:50 | Comment(0) | 映画 男はつらいよシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年08月10日

府民の危機にとどくことば──大阪府知事・吉村洋文のポピドン会見(抄)

 ええ、あの、うそみたいなホントの話で、うそみたいなマジメな話を、これからさせていただきたいと思います。

 二〇二〇年八月四日、大阪府知事の吉村洋文は「大阪府立病院機構大阪はびきの医療センターによる新型コロナウイルス感染症患者への研究協力に係る共同記者会見」を、上の発言で始めた。
 
 このブログでこれまで何度か、危機に直面した人びとに届くことばについて書いた。初回は英首相のボリス・ジョンソンが、新型コロナウイルス感染症による命の危機から回復し退院したとき、国民に語ったメッセージだった。 

 あらかじめ、お断りしておくことがある。
 このブログでこれまで書いた「届くことば」では、できるだけ全文紹介を心がけてきた。英語の場合、最後まで正しく訳すのが難しく、しばしば挫折しかけたが、自分の考えをつけ足して紹介するなら、はしょらずに全文を示すべきと思ったからだ。
 今回は日本の記者会見で、全編動画も容易に見られるから、ていねいに書き取ればいいだけだ。けれども、英文和訳よりはるかにひどい徒労感に襲われて、全文紹介はあきらめた。

 したがってここでは、大阪府民に届く「つもり」で発したと思われることばを(ちなみに同席の研究関係者は世界に届く気でいたが)抽出したのみ。
 発表内容がわかりにくい面もあるが、すでによく知られているだろうから、地の文で補うなどはしていない。
 また、ネットの「全文」報道ではふつう省略や書き換えがされる部分も──この日の会見の全文はネットには見当たらなかった──なるべく書き取りつつ、一部を略、間投詞を除いた所もある。
 動画を繰り返し再生し書き取っていると、吉村のみならず日本維新の会に連なる者には、どこか共通する口調や話法があると気づいたが、以下の書き起こしではかならずしも伝わっていない。

 以上の理由で今回は、感想や説明はつけ加えていない。
 思うことだけ、すこし書いてから、抄録にうつらせていただきたい。

 吉村は、現状をなんとか打開しようとしていた。そして、一定の効果が現われたと知らされたことを、一刻も早く「ことば」として届けることにし、知事の立場で励行も呼びかけた。
「打開しよう」という思いの部分は認める。しかし、府知事の「ことば」で「成果」だと「届ける」なら、素人でも断定できる端的な科学的事実として届けてほしかった。

 もし吉村の発表が、ほんとうに「成果」を「届けることば」だったなら、売薬ながらあまり使うべきでない存在になっていたうがい薬を、必要とあらばすすんで使う。
 予防や治療の効果はなく、飛沫内のウイルスは減らすということに「なりそう」で、結果として軽症者の重症化率や近接感染の可能性を低下させる効果がありうる「かも」という、「だめもと」提案がこの会見の正体だったなら──翌日の会見で吉村は、話を聞いたときはもう、うそみたいな本当で真面目な話だというふうに思ったから、そういうふうに発信した、といっていたが──このばかばかしいほど長い会見に、わたしは困惑と悲しさしか感じない。そして、あまり使わないほうがいいとされるうがい薬を、だめもとで励行するかどうか、とても迷わざるをえない。

 わたしは、感染すると重症化や死亡の率が高い要因を複数持っている。医師にたずねたうえで、春以降ほとんど外出していない。
 だから、この会見はぜひ全文紹介したいと思って、全編録画から書き起こそうとした。

 吉村に、お願いしたいことがある。
 わたしの、貴重な人生の残り時間を、むだな作業に浪費させないでほしい。
 吉村に、いっておきたい。あなたは報道各社の報道権を尊重し、多忙でも長時間の質疑に答えていると胸を張っているようだが、科学によって証明され確立した事実は、一般市民には五分で説明できる。まして松井一郎・大阪市長の恫喝話法による援護射撃など、まったく不要だ。
 昨今この人気知事の言動を批判すると、たちまちキレて吠えつく支持者がやたらにいることは承知している。ちなみにわたしは、人として嫌いだから何でも批判する、という立場ではない。

       *

■上にお断りした理由で、以下、注意して書き取りましたが、校正はしていません。


 ポピドンヨードを使ったうがい薬、いま、この目の前にいくつか種類がありますが、皆さんのよく知っているこの、うがい薬を使って、そしてうがいをする。ことによってですね、コロナの患者さん、このコロナがある意味、減っていくと。コロナの陽性者が減っていく。薬事法上、効能をいうわけにはいきませんが、コロナに効くのではないかと、いう研究が出ましたので、それをまず皆さんにご紹介するのと、それから府民の皆さんへの呼びかけをさせていただきたいと思います。

 府の宿泊施設、これは宿泊療養施設で、軽症者のかたが入りますが、そのかた41名のかたを対象として、実証しました。(略)1日4回、ポピドンヨードによるうがい薬を、実施をいたします。そして入所中ですね、その対象のかたに、毎日、PCR検査を実施します。(略)その結果ですね、ポピドンヨードを含む、うがいによって、宿泊療養者のウイルスについての頻度は低下すると、いうことが判明をいたしました。

 もともと唾液の中に非常に多くあるというのが、コロナの特徴です。(略)その原因として、舌にですね、ウイルスが付着する、そこから増殖する、といわれています。で、唾液腺というのは舌の裏側にありますから、(略)唾液が出て、そして舌にあるウイルスとからみ合ってですね、それが外に飛び散ることによって広がっていく。そこにある唾液のところのですね、このうがいをすることによって、この唾液のPCRをしたときにですね、ま、圧倒的にこれが、陽性が減ると。

 この、ポピドンヨードによるうがい薬をすることによって、この、コロナに、ある意味、うち勝てるんじゃないかと、いうふうにすら、思っています。ただ、これはまだ、いま研究段階ですので、これは確定的にいうことはできません。それから薬事法があるので、これがコロナに効くと、いうことは薬事法上、いうことはできませんが、この研究結果が、明らかになった、ということです。

 これから、じゃあ大阪府として何をするのか、ということですけれども、ひとつは宿泊療養施設、軽症者のかた、同意いただけるかたは全員、このポピドンヨードの、臨床の研究にご参加をいただきたい、というふうに思っています。(略)それから、すでに患者を受け入れている医療機関に対しての情報提供です。(略)実際に処方するかどうかは、主治医において個別に判断をしていきます。そして3つめの活用方法ですけれども、これは府民の皆さんへのお願いになります。この目の前のポピドンヨード、代表的なのはイソジンですけれども、8月20日まで集中的に、ぜひ、うがいを励行してもらいたいと、思います。それによって、どこまで効果が出るかというのは、これはわかりませんが、大阪における感染というのは、抑えていきたいと思っています。(略)その効果がどれくらい出るかというのは、これは、われわれも予測はできないですが、今回の研究結果によればですね、これはコロナに対して非常に大きな、効果があるだろうと、いう研究が出てますので、それをお願いしたいと思います。


この会見では松山晃文・地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪はびきの医療センター;次世代創薬創生センター長の解説が続いたが、府知事の説明と大きく異なるところはないので略し、松山の、まとめ発言のみ書き起こしておく。 

 うがいという日本に土着していた文化というものが、今回のCovid_19に対して、世界を変えていくんであれば、それは大阪府から発信できたということで、大阪市から発信できたということで、私にとっては研究者として非常にハッピーだと、いうところでございます。


発表後の、記者との質疑応答の一部を書き起こした。

 記者の質問:研究途中の発表で、非常に前のめりな発表に見えてしまうんですけれども、政策と研究は分けるべきだとおっしゃるなら、タイミングのほうも研究が完了した段階でいうなり、もう少し分けるべきではないかと思うんですけれども、いかがでしょうか。

 吉村:この研究は、さきほども申し上げたとおり5月から始めて、第1次の研究については、これは終了してます。倫理委員会の承認を得て、ひとつの研究が終了したのが7月末になりますから。ですので、それを終了した段階で、ひとつの研究成果が出たので、その研究研究成果を受けていま、これ発表しているということです。で、これ間違いなくいっとかなきゃいけない、薬事法上、このうがい薬に、コロナに効く、というのは、厚労省に認めてもらわない限りは、これは違うって話になりますので、いま明らかになっているのは、こういった研究成果があったということを前提に、いまもどんどんどん感染者が広がっているわけだから、いまいった意味で唾液のウイルスを殺す、減らす、この研究成果を踏まえてね、うがいすることは悪いことでもなんでもないので。ですので、リスクの高いかたというかね、うがいを励行しましょうということ、です。ですので、それに基づく、こんどは第2の研究というのがまた、進んでいくわけですけど、第1の研究が終わった段階で、府民のみなさんにその情報を提供する。ということです。これは、わかりませんよ。僕はこの研究の成果の中でそれをお願いしているわけですけども、その成果が出るか出ないかというのは、これはもう、わかりません。やってみないと。でも、わからないがやってみるだけの価値はある、というふうに思ってます。承認されてない薬だとか、あるいはお医者さんがどうしても処方しなきゃいけない薬だとか、(略)そういったものをどんどんどんやっていくのは、それはやっぱり副作用等も含めてね、懸念はあるから、なかなかわれわれも、そんな、まずはお医者さん、先生で確定させてから、というのはありますけども、うがい薬なんで。みんな薬局で買える薬ですから。当然、用量用法は守らなきゃいけませんけど、害になるもんじゃありませんので。もちろん副作用も書いてあるんですけどね。ふつうに僕だって、皆さんだって使ったことがあるうがい薬が、実はコロナを、ウイルスを低下させる研究成果があるんであれば、いちど府民の皆さん、いっしょにやってみませんかと、ま、そういうことです。いまの陽性者の状況等も含めて、薬のない状況も含めたときの、まあ、呼びかけです。これはもう、知事としての呼びかけです。


 記者の質問:中部大学でアオサがコロナに効くだとかいう発表をした後に撤回したりだとか、まだコロナに関してはわかってない部分が多くって、その段階で知事から呼びかけを行うのは、かなり影響力が大きいと思うんですけれども、それでもこのタイミングでいわなきゃいけなかった理由について、あらためてお願いします。

記者が吉村の『知事としての呼びかけです』に対して質問していることは明らかだが、質問の途中で、吉村の隣に座った大阪市長・松井一郎が、吉村の脇に置かれたマイクに手を伸ばした。

 松井:府市と大阪はびきの医療センターの皆さんで5月から研究して、この成果を黙っとけ、いうの。この結果、出たのに。効くとはいってないけども、事実としてうがいしてないより、このイソジン、イソジンてあまりいうたらいかんていわれた──このうがい薬でうがいした人、陽性患者に、ホテルで療養してる人に、こういう形でうがいを推奨してやってもらったら、結果、あの数字が出ましたよ。で、いま記者の、君のいうのでは、確実に医薬品として薬としてきちっと決まるまで、厚労省で承認するまでは、この話を表に出さんと、ごく近いもんだけで、発表すんな、って聞こえんねんけど。答、出たんやから、いったん。


 記者の質問:研究成果の発表はしていいと思うんですけれども、それを踏まえて呼びかけをするのは、また別の問題だと思うんですけれども。

 松井:いや、このCovid_19に対しては、手洗い、うがい、マスク、ソーシャルディスタンスはこれまでも呼びかけてるやん。この、うがいの中が、何もなしでするんじゃなくて、うがい薬をつかった方が効きましたという発表。もともとうがいはお願いしてるの。手洗いとうがいは。で、そのうがいの中で、これ、使ったほうがこういう結果出ましたと、いうことやから。従来お願いしているところに、今回このうがい薬を使った結果を足しただけの話。うん。それをそういうことは、いわないほうがいいとか、もう黙っとけというのは、ちょっとおかしいと思うけどね。

なお、ピックアップした『記者の質問』はすべて、ひとりの記者によるもの。

 吉村:僕らって、府民の皆さんの命ってのを守る責任を、常に背負いながら日々判断をしてます。これまだ、当然、厚労省で、イソジンが、いやうがい薬が、効くっていう効能の許可まで得てないけども、この研究成果が一定出たんであればね、われわれとしては、一人でも死亡者を減らしたいという思いでやっているんです。一人でも重症者を減らしたいという思いでやってます。そういう思いでやってる中でですね、非常に、ある意味、副作用が強烈にあるかもしれないというのであれば、これはわれわれも、ちゅうちょはしますけども、普通に売っているうがい薬だから、それを使うことのデメリットというのを考えた時に、メリットの可能性の方が圧倒的にこの研究成果から高いでしょうと。であるならば、内緒で抑えておくのではなくて、まあ、皆さんこれまでもうがいお願いしてるので、このポビドンヨードが入ったうがいを特に感染リスクが高い方はお願いしますと呼びかけるのは、僕はこれは、全然おかしなことではないと思っています。

(ケ)

★続編があります →こちら

散歩と
posted by 冬の夢 at 23:02 | Comment(1) | 時事 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする