2019年08月30日

John Keats を読む Ode on Indolence 邦訳【完成版】

 しばらく中断していた、ジョン・キーツ(一七九五〜一八二一)の詩を読んで訳す、という危険運転、いや無謀行為、どちらでもいいが、それを再開。
 大学で英文学の先生をしている友だちは、せっかく訳すなら、近代詩の名作としても知られるキーツの五大(だったかな)「オード」でしょ! という。

 何年か前、岩波文庫の和訳で初めて読んだときから、ちょっと怖くて、あまり熱心に読まなかった「オード」!
 いえ、内容が怖いんじゃないです。内容はどれも、けっこう「ステキ」な感じなんだ。
 が、特別な形式のようだし、むずかしそうで。
 オードといわれても「オードブル」みたいなものですか、としかわからず、辞書的にはどうかというと、なおさらわからない!
 頌詩、整然と形式化、複雑な有機的構成、長い、ギリシア時代、ラテン語文学──「オード」に拒絶されている気がした。読むどころか、その定義を汲んで訳すなんて、どだい無理だ。

 が、さきほどの友人は、こう力説する。

 キーツは、パンクだよ!

 その意味も、まだうまくわかっていないけれど、これまた和訳でチラ読みしたシェリーやバイロン、ワーズワースたちの詩とは、たしかに「違う感」がある。
 その三人はキーツと同じロマン派で、近い時代の人びとだが、キーツとは違う場所にいて書いた詩のように読めるから。

 ならば、お前にとってキーツのなにが魅力なんだ、ということだが、じつはそこが、よくわからない。それでも、わからないまま読もう訳そうとしてきた。すいません。

 わからなさ、でいうなら、さきほど出てきたキーツと同時代のイギリスの詩人のことをはじめ、文学史的な知識もない。キーツについては、夭折ゆえ資料が少ないので、本になっている書簡の抄訳や、読む詩に関係する書簡の原文を探して読む程度で、よしとしてしまっている。キーツの手紙はとても読みにくい。

 そんなことより英語力が問題だ。うまく読めて話せたら自分の性格はこうでない、と思うほど英語に苦手意識。一八世紀末から一九世紀初めのイギリスの詩なんて、見ただけではわからない──いつも重要な部分にかぎって文章ごとわからなかったりする──ので、ネット上にある英語の解説サイトをアレコレとカンニング。それも英語で読まなきゃならないが、ネイティブというか英語で思ったり話したりする人のほうが、キーツに距離が近いのではと。その解釈を受け入れたり受け入れなかったりしつつ、わからない部分の訳を組み立てている。
 そしてこのブログにアップロードすると、ありがたいことに、さきほどの友人が「添削」してくれる。まあ、高校生レベルの間違いは早く直せと気になっちゃう(笑)のかもしれませんが、で、ようやくタイトルに【完成版】(とりあえず)とつけている。
 
 キーツのオードから、最初に選んだのは「怠惰のオード」だ。
 日本語にするのはむずかしい。もちろん上記『添削』の助けも借りた!
 ただ、よく知られるロンドンの大病院に置かれている、二百年前、その病院の修習生だったキーツの像、そのはかなげな姿が以前よりも繰り返し浮かんでくる。
 昔、ロンドンに何度か行ったときはキーツを知らなくて、近年、ウエブの病院サイトの案内写真で見つけたものだ。
 その像に会いに行きたい、と思うようになった。


Ode on Indolence
怠惰のオード


They toil not, neither do they spin.
(野のゆりがどうして育つのか、よくわきまえなさい)
 働きもせず 紡ぎもしません ──マタイによる福音書 6.28


One morn before me were three figures seen,
With bowed necks, and joined hands, side-faced;
And one behind the other stepp'd serene,
In placid sandals, and in white robes graced;
They pass'd, like figures on a marble urn
When shifted round to see the other side;
They came again, as, when the urn once more
Is shifted round, the first seen shades return;
And they were strange to me, as may betide
With vases, to one deep in Phidian lore.

 ある朝 ぼくの前に 三つの人影があらわれたよ
 こうべを垂れ 手をつなぎ 横顏だけを見せながら
 一列となって しずしずと 歩みを進めていった
 ギリシア風のサンダルをはいて 優美な白い長衣をまとうて
 通り過ぎていったよ 大理石の壺に描かれた人たちのように
 壺のべつの側を見たくて くるりと回したときのように
 あの人たちはまたやってきたよ 壺がいま一度
 ひと回りしたかのごとく さいしょに見た人影がもどってきたわけだが
 見たこともない人たちだった
 古代ギリシアの名匠ペイディアスの作った壺にくわしくたって
 たぶん誰かは分からないだろう


How is it, Shadows! that I knew ye not?
How came ye muffled in so hush a masque?
Was it a silent deep-disguised plot
To steal away, and leave without a task
My idle days? Ripe was the drowsy hour;
The blissful cloud of summer-indolence
Benumb'd my eyes; my pulse grew less and less;
Pain had no sting, and pleasure's wreath no flower:
O, why did ye not melt, and leave my sense
Unhaunted quite of all but-nothingness?
 
 影たちよ! あなたがたのことがわからなかったとは なぜなんだ 
 どうして 仮面劇みたいに顔をかくし 音も立てずに来たんだ
 潜行変装作戦とでもいうわけかい
 そのままそっと立ち去って
 ぼくの なまけた日々を 視察した跡を残さないようにするための
 半睡気分に満ち満ちた ってところだったからな
 かぎりなく楽しい 夏の だらけムードが
 視界を朦朧とさせ 心拍はだんだん か細くなり
 刺すような痛みは もはやなく 快楽の花輪の花々も閉じていき
 ああ なぜあなたがたは溶け去ってくれなかったんだ 僕の感覚を
 ただ「無」だけ ほかの なにものにもとらわれないままに しておいてくれなかったんだ


A third time pass'd they by, and, passing, turn'd
Each one the face a moment whiles to me;
Then faded, and to follow them I burn'd
And ach'd for wings because I knew the three;
The first was a fair Maid, and Love her name;
The second was Ambition, pale of cheek,
And ever watchful with fatigued eye;
The last, whom I love more, the more of blame
Is heap'd upon her, maiden most unmeek, ─
I knew to be my demon Poesy.

 三度めに その人たちが通り過ぎたとき そう 通り過ぎながら
 それぞれに 顔をちらりと こちらに見せたよ
 そして消えていったが その人たちを追いかけていける
 空飛ぶ羽があったらなと 心が痛むほど焦がれたよ 
 なぜって わかったからさ その三人が誰かってことがね
 最初のは清らかな乙女だ その名は「愛」
 おつぎは「野心」 青白い頬をして 疲れた目で様子をうかがってばかり
 最後のは ぼくが愛すれば愛するほど ますます責めずにはいられない
 最悪の あばずれ娘さ
 ぼくは知っている その娘こそ ぼくにとっての悪魔 「詩」ってやつだ


They faded, and, forsooth! I wanted wings:
O folly! What is love! and where is it?
And for that poor Ambition! it springs
From a man's little heart's short fever-fit;
For Poesy! ─ no,she has not a joy, ─
At least for me, ─ so sweet as drowsy noons,
And evenings steep'd in honied indolence;
O, for an age so shelter'd from annoy,
That I may never know how change the moons,
Or hear the voice of busy common-sense!

 あいつらが見えなくなると ぼくは心底 羽がほしくなった
 いや ばかばかしい! 愛ってなんだ ありもしないというのに
 それから あの みじめな野心とやら! 
 人間のせこい心から発する いっときの熱病からわいて出るものだ
 詩ときたら! なんたって その娘は快楽というものを知らない 
 すくなくとも ぼくには喜ばしく思える
 甘美な怠惰にどっぷりつかった 眠くなる甘い午後も夕刻も
 おう ずっと長い間 煩わしさから身を隠しつくしていられるのなら
 月の満ち欠けがどうなっているかなんて ぜんぜん知らなくたっていい
 まして がちゃがちゃした世の常識なんかに 耳を傾けなくたってへいちゃらだ


A third time came they by; ─ alas! wherefore?
My sleep had been embroider'd with dim dreams;
My soul had been a lawn besprinkled o'er
With flowers, and stirring shades, and baffled beams:
The morn was clouded, but no shower fell,
Though in her lids hung the sweet tears of May;
The open casement press'd a new-leav'd vine,
Let in the budding warmth and throstle's lay;
O Shadows! 'twas a time to bid farewell!
Upon your skirts had fallen no tears of mine.

 そいつらがやってきた三度めのとき … ああ 何のためにだ
 ぼくの眠りはそこまでは ほの暗い夢に飾られてきた
 ぼくの魂は 花をまき散らした芝生 そして ゆれ動く影にさえぎられた光
 人影を見た朝は曇っていた けれど雨は降らなかった
 雲のまぶたには 五月の甘い涙がやどってこそいたけれど
 窓をひらけば 萌えたてのぶどうの若葉たちを ぐいと押して
 この 暖かさの到来と 卵を産んだツグミの歌を招き入れよう
 おう 人影たちよ それが はっきり別れを告げるときだったのさ
 ぼくの涙が お前たちの 長衣の裾に流されることも なかったよな


So, ye three Ghosts, adieu! Ye cannot raise
My head cool-bedded in the flowery grass;
For I would not be dieted with praise,
A pet-lamb in a sentimental farce!
Fade softly from my eyes, and be once more
In masque-like figures on the dreamy urn;
Farewell! I yet have visions for the night,
And for the day faint visions there is store;
Vanish, ye Phantoms! from my idle spright,
Into the clouds, and never more return!

 さて 三人の亡霊たちよ おさらばだ! おまえたちには
 花咲く野原に心地よく枕したぼくの 頭を持ち上げさせることはできないぞ
 というのも ぼくは決して おセンチな道化芝居にでも登場しそうな 
 賞賛を食わされて いい子ちゃん扱いされる羊なんかにはならんからだ。
 そうっと ぼくの視界から消えちゃってくれ そうして もと通りに
 あの仮面劇のような ぼくの夢だったにちがいない壺の絵になってくれ
 もう会わないぞ! いまだって 夜になると想像の幻をあれこれ見ているんだ
 日中は おぼろげになった幻で在庫いっぱいってところなんだからな
 消えてしまえ お前ら幻影よ! ぼくの なまけ心だけ残して
 雲の中へ消えてくれ そしてもう 一度たりとも巡ってこないでくれ!

※冒頭の箴言の訳は『聖書 新改訳』(日本聖書刊行会)

(ケ)
190830My.JPG 
オードブル、タベタイヨ……


※訳文の無断転載はご遠慮ください (C) 趣味的偏屈アート雑誌風同人誌

posted by 冬の夢 at 12:47 | Comment(0) | 文芸・読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする