2019年08月23日

木村伊兵衛の撮った六代目・尾上菊五郎─歌舞伎の切手を「切手市場」で買った(3/3)

 六代目・菊五郎の「芸の深さ」という、写真には写らないものまでも、「最大公約数」で写真で表現しうる、と木村伊兵衛はいった。
 その「ひとこと」は、どこか突き放したように韜晦めいてもいる。が、断固とした写真術と悠々たる旦那芸を矛盾なく実践できた、木村伊兵衛という特異な写真家だからこそ、その発見と駆使は確信をもって可能だったのだ。

 東京の下町生まれで、市井を撮る庶民派、というのが写真家・木村伊兵衛の通評だが、実家は組紐製造業で、慶應幼稚舎へ人力車で一時間かけて通ったこともある。子どものころから寄席や芝居など芸事好みで、小学校の学芸会ではみごとな落語を披露、将来の夢は「箱屋」──簡単にいうと芸者の付き人──だったというのだ。
 粋筋好きの坊ちゃん育ちとして親しんできた空間のひとつが劇場であり、写真家となった木村伊兵衛にとっても、劇場は表現の舞台であった。
 写真を見ていくと、ひとつの演目に劇場のさまざまな場所からカメラを向けていることがわかる。黒澤明なら同時に複数のカメラを回して撮るところを、木村は一人で行っているわけで、必要に応じて同じ演目に何度も通ったのだろう。
 それが当然であるかのような身軽さもさることながら、どのアングルも不自然でないことに、いまになって驚く。被写体との対決でなく、被写体の研究や分析でもない写真、それが木村伊兵衛の撮影の特徴なのだが、舞台写真でもまた、演目や演者を説明的に劇空間から切り抜くのではなく、お芝居の世界を金魚すくいの薄紙でさっと捕まえたかのような、みずみずしい臨場感がある。

 多少、歌舞伎や文楽の舞台を観てきて、現代の宣伝写真などを見た後で、あらためて木村の撮った写真を見ると、どことなく構図が「ゆるい」感じもする。演者の見得も、彫像のようには決まっていなくて、流れていくような印象もなくはない。
 しかしそこには、いまここで演じられている舞台を見つめる、観客としての期待と興奮もまた、写っていると感じる。

 それがもっともよくわかるのは、菊五郎の「娘道成寺」を、花道の下手から客席へ向かって撮った写真だ。
 菊五郎は後ろ向きだ。その衣文の抜け具合と微妙な首の傾げかた。美しさの「予感」が暗い空間にふわりと漂う。
 画面の背景を埋め尽くした観客たちはみな、こちらへ視線を向けている。ほほえましいほどの期待感が、菊五郎の姿を浮かび上がらせる。心なしかその所作は、観客たちに向かって語りかけてもいるようだ。

 もう一枚、「仮名手本忠臣蔵」の松の間、塩谷判官(忠臣蔵の浅野内匠頭)の菊五郎を見てみよう。
 被写体ブレがひどく、増感現像のせいだろうか、画面がボケて見えるから、いまの感覚だとボツになる写真かもしれない。すくなくとも「拡大プリントは無理」となりそうだ。
 しかし、押さえに押さえた屈辱を一声の怒声にこめて高師直(吉良上野介)に斬りつける判官の、はじける身体はどうだ。刀のギラつきとともに飛び上がる動きが、痛いほど目に刺さる。いっぽう師直はその動きを、砕けた腰で卑屈に受ける。両者の所作も距離感も文句なしだ。動きは静止しておらず、すべて流れて写っているのに、判官の表情は鋭く、明瞭な像をなしている。完璧という以外にない。
 構図はやはり、なんとなく「ゆるい」のだが、現代のセンスならトリミングして切り捨てるかもしれない画面天地の黒い部分が、判官の斬りつけの動きを強調し画面全体を力強く締める。「ゆるい」から写ってしまったらしいのだが、やや余分な右手の空間背後には、襖の松が枝が、しっかり写っている。
 ブレすぎで、あまり拡大できない、と書いたが、ひょっとすると、演者が等身大になるくらいまで大きく伸ばしても、強烈な迫力で迫ってくる写真ではなかろうか。

190824si.JPG 190824sk.JPG

 明るいレンズを使用すると、或る程度までの動きは容易に瞬間撮影する事が出来るが、この場合、よく寫しとめた寫眞は舞臺の現實から懸け放れた味のないものになり勝ちである。動的なものの美しさは、寫眞の上にその動きによる美しさや律動的な感じが出ていなければならない。その為めには、撮影者は、露出されるシャッターの速さ如何に依って、その寫された演技の結果を熟知している必要がある。

 いま、誰がこのように「動的なものの美しさ」を、静止表現で伝えることが出来るかと思いつつ、木村の言を続けて読むと、こうもある。

 六代目の演技には、その表情に獨得の良さがあり、その一瞬を捉えた写真にこそ、心理的にその役を掴んだ六代目の藝の眞髄が表現出來ると考え、そこに一つの狙いを持つことも私は怠らなかった。

「鏡獅子」の写真を見てみよう。
 撮影を開始した早い時点から、上の考えが撮影方法に浸透していることがわかる。
 力強い円運動を送り出す足腰の踏ん張りや上半身の膂力が、うねるような衣裳の輝きとメリハリにみなぎる。歌舞伎の衣裳には大きな誇張があるが、生身の身体が扮装からはちきれんばかりに力強いのだ。ちなみに菊五郎は鏡獅子の練習は褌裸でやっていたそうだが。
 渦を巻く白い髪は、ふつうなら純白に仕上げたいところ、グレーの諧調が残してあり、「たてがみ」の流れが見える。菊五郎は写真の中で止っているが、「たてがみ」は、この写真の中で回っているように見えるのだ。
 上手背景には地方(伴奏)たちが見え、それが舞台の奥行を感じさせ、広い舞台を支配する菊五郎ひとり、ますます際だたせる。

 木村はこの写真を三列目ほどの席から撮っているのだが、前にいる客のシルエットが盛大に写っている。
 この写真はおもに正方形で発表されているが、やや横長で発表されているバージョンもある。使ったカメラがライカなら、横長で撮ったものだろう。菊五郎の所作は素晴らしいが、あまりに客の写り込みがひどいので、トリミングしたことは間違いない。
 面白いのは、なんど見直しても、失敗しているのを無理に救った写真には見えないことだ。
 むしろその、前席の客のシルエットこそが、菊五郎の「芸の深さ」を「写真で見ても納得できる最大公約数」として機能しているような気がしてくる。

 そこであらためて、切手になった「鏡獅子」を見てみる。
 切手サイズで、ひと目でわかる絵柄を作るためには、原画づくりや製版工程に非常な注意がはらわれたことは知っていて、もとの写真を見てから切手を見ると、その苦労が伝わってくるようだ。
 しかし、切手になった「鏡獅子」は、すでに見た木村伊兵衛の写真の魅力はもちろんのこと、「菊五郎の持つ芸の深さを、写真でみても納得出来る最大公約数」をも、切り落としてしまっている。いちいちあげつらうような後出しジャンケンはしないが、文字を重ねる要や、「いらんものが写ってしまっている」という判断か、トリミングと塗りつぶしをして、タテ長の画面に「鏡獅子・六世 尾上菊五郎」という説明どおりに、六代目・菊五郎の「人形」を切り抜いて置いたわけだ。
 そう気づいて見直すと、一九九一年から発売の「歌舞伎シリーズ」の切手はどれも、宣伝用の貸し渡し写真のようで、舞台の空気感がない息苦しい絵柄のものが多い。もちろん、歌舞伎の「演目シリーズ」ではなくて、名優のブロマイドシリーズなんですよ、といわれたら、なんの文句もない。そういうことなのだろう。じつは、一九七〇年代の「伝統芸能シリーズ」歌舞伎編では、切手の絵柄に誰が選ばれて誰が選ばれなかったかということが、業界で相当な物議をかもしたそうなので、九〇年代は、文句のない選定、文句のない絵柄、ということにむしろ気が回ったのかもしれない。ひょっとすると校正を関係者に見せて、いらん注文がついたりした結果(笑)だったりして。まあ邪推は、そのくらいにしておきましょう。

190823s3.JPG 190823sk.JPG

 小学生時代、いっとき熱中した記念切手集め。
 数年もしないうちにやめてしまった。
 昨年、ふと国立・国定公園の記念切手に興味を持ち、半世紀ぶりにひとしきり集めたが、完成したところで収集熱はまた冷めていた。
 今回、伝統芸能シリーズ切手に抱いた興味の落としどころとしては、六代目・尾上菊五郎が不世出の名優であることは、基礎知識としては知っているが、実際にどんなにすごい舞台をやったのか見てみたい。
 小津安二郎の『鏡獅子』は見た。しかし、なぜか面白くない。『晩春』の能舞台(『杜若』)の場面をひくまでもなく、ちゃんとわかっている小津が担当した映画なのだから──立合いと構成のみと書いたが、菊五郎に演出をつけているような記録写真を見たこともある──面白くないのは「映画の出来不出来」ではなくて、自分が「わかっていない」せいだと落ち込んだ。

 すっかりしまい込んでしまっていた木村伊兵衛の写真集をいくつか、引っぱり出したので、しばらくは、それらを見て想像することにしよう。初発表の『六代目尾上菊五郎舞臺寫眞集』(一九四九年)は、出版当時、限定三百部。いまの貨幣感覚で五万円くらいしたはずの写真集だから、かつて古書価格を調べる気も起きず、持っていないので図書館で見たが、いまの古書市場では、新刊写真集より安いような値段で出ているようだ。ネットオークションなどではゾッキ本のような「即決」価格が示されたりしている。この文でも書いた、蔵書の大量処分時代が古書市場にもたらした値崩れ状態は、確かなことらしい。(ケ)

【その2は→こちら←
【その1は→こちら←

『六代目尾上菊五郎舞臺寫眞集』(和敬書店/一九四九年)
『木村伊兵衛名作全集』(世界文化社/一九七五年)
『ソノラマ写真選書 六代目菊五郎 木村伊兵衛写真集』(朝日ソノラマ/一九七九年)
『木村伊兵衛写真全集 昭和時代』(筑摩書房/一九八四年)
『木村伊兵衛の世界』(東京都写真美術館/一九九二年)
『六代目尾上菊五郎 全盛期の名人芸』(ネスコ文芸春秋 /一九九三年)
 ほかを参考にしました。


●切手の博物館・専門図書室に、お世話になりました。記して感謝します。

Originally Uploaded on Aug. 26, 2019. 00:30:00
*写真の解像度は低くしてあります

posted by 冬の夢 at 00:01 | Comment(1) | 切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年08月22日

「鏡獅子」切手と木村伊兵衛─歌舞伎の切手を「切手市場」で買った(2/3)

 切手収集家のフリーマーケット、「切手市場」で買った伝統芸能の記念切手は、一九七〇年七月発売の歌舞伎三種類に、一九七二年三月発売の文楽が三種類。これらは「伝統芸能シリーズ」の一部で、ほかに雅楽と能が三種類ずつ、計一二点構成だ。
 それと「歌舞伎シリーズ」。歌舞伎俳優の舞台姿が切手になっていて、一九九一年六月から二、三か月ごとに、二種類ずつ一二点が発売されたもの。
 切手の絵柄になった演者は、一人も実際に観たことはない。演目も観たことがないものの方が多いので、一度に二十枚近く買って並べたら、切手ひとつひとつを細部まで見るのは面倒になってしまった。

 しかし一枚だけ、目につく切手がある。
「歌舞伎シリーズ」初回発行の62円切手、緑の単色に「日本郵便」と「KABUKI」の文字のみ金の「鏡獅子」だ。
 獅子つまりライオンに見立てて、白いタテガミをぐるんぐるん振り回す豪快な場面は、ほんものの歌舞伎舞台を観たことがなくても、どこかで一度目にしたら忘れられないイメージだ。そして切手に書かれた「六世 尾上菊五郎」とは、いわずとしれた名優中の名優、六代目・菊五郎のこと。だから目にとまるのだろうか。

190823s3.JPG

 いや、そうではなく、この「写真」を、かつて見たことがあり、とても感心した写真のはず、と思うからだ。
 この写真を含む、歌舞伎の舞台写真を写真集か何かで見て、さまざまな被写体の存在感や空気感に圧倒された。劇場鑑賞の経験もなく、六代目がどうだとも知らずに。歌舞伎や文楽を劇場で観てみようと思ったのは、それらの写真に影響されて、なのだ。
 東京・目白の「切手の博物館」で調べてみるとやはり、原画撮影者は「木村伊兵衛」となっていた。
 そう、わたしが劇場で歌舞伎を見る、ひとつのきっかけになったのが、木村伊兵衛が撮った六代目・菊五郎の写真なのだ。

 撮影は戦前の一九三四年から三九年ごろで、「鏡獅子」は、そのもっとも早い時期、一九三四年撮影となっている。
 当時の外務省文化事業部が、対外宣伝のため菊五郎の海外公演を企画。海外への事前広報映像として、映画と写真の撮影が立ち上げられた。
 映画は外務省の外郭団体が制作し、小津安二郎の監督で短編ドキュメンタリーができた。一九三六年公開の『鏡獅子』である。
 写真撮影を木村伊兵衛に発注したのは、外務省文化事業部の柳沢健。一九三五年、画家の藤田嗣治に、日本を海外に紹介するドキュメンタリー映画の監督を依頼した人だ。
 柳沢は、事務官僚より文化人であることを自他ともに認めた人らしいが、調整が不得手だったのか、藤田嗣治監督映画の海外公開も、菊五郎歌舞伎の海外公演も、幻に終わっている。木村は、企画の頓挫で撮影が終了してしまうのが惜しく、みずから菊五郎の許可をとって撮り続けたのだそうだ。

 六代目・尾上菊五郎は、気むずかしくて写真を撮られるのが嫌い、というのが定説だった。
 このころ、職業カメラマンや高級アマチュアにもたらされた小型カメラと大口径レンズ、低光量でも感光するフィルムによって、専用照明がなくても舞台公演が撮れるようになってきたが、それによって演技がリアルに写ることを、菊五郎はかならずしも喜んでいなかったらしい。
 さきに完成した記録映画『鏡獅子』の出来に菊五郎は納得がいっておらず、撮影されたがらなくなったという。
 木村伊兵衛の見立てでは、映画の出来不出来より──小津安二郎の監督業は立合いと構成のみ──自分に見えない部分がリアルに写ることで、自分の表現意図と違うところばかり誇張されて観覧者に伝わってしまう、という不安を抱いたようだ。これが写真ともなれば、まだ制限が厳しくない時代ゆえ客席から素人にスナップされ、形のよくない写真が劇場外へ広まるから不愉快だ、ということか。
 じつは菊五郎はカメラ趣味人で、楽屋で写真の会をするほどだったそうだ。しかし菊五郎が楽しんでいたのは、サロン絵画調のソフトで微温的な写真。瞬間の出来事を時代のメッセージとして明瞭に記録伝達しようとしていた木村伊兵衛たちとは、写真の認識がかけ離れていたといっていい。
 菊五郎の実子、九郎右衛門の取り持ちで撮影はOKとなったが、菊五郎がすべての撮影コマに目を通し使用許可を出すことになった。

 そこで面白いことが起きる。木村伊兵衛の撮った「リアル」さを菊五郎は「こりゃうめえ、面白れえや」と、いい出したのだ。しかも、不愉快に思っていたはずの、舞台を背後から撮った写真などを、とくに。
 そうなると話は早くなり、踊りの所作で正しく写してほしいところなどが、六代目からレクチャーされもして、この撮影は、菊五郎+伊兵衛のコラボレーション作品となった。歌舞伎舞台写真の金字塔の誕生である。三千カットにおよぶ撮影済フィルムは、さいわい戦災をまぬがれ、戦後に写真集になった。ただ、菊五郎の生前に大きくまとめての発表はかなわず、写真集の刊行も、惜しくも菊五郎の没年に、没後出版となっている。

 この撮影の要諦を木村伊兵衛は、この人らしく、あっさり書いている。

 菊五郎の持つ芸の深さを、写真でみても納得出来る最大公約数的なものを作る

 しかし、この一文には、爽快なほど透徹した写真論・撮影論が含まれている。
 ひとつは、写真には写せないものがあるという断固とした線引き。
 もうひとつは、その「写せないもの」こそ、写真の力で万人が見てとれるものになりうるという確信だ。写真に写らないものは最大公約数という表層的な切り口で表現するしかないが、卓越した撮影者は、写らないものの全体をほとんど割って取れる最大公約数を見い出すことができる、ということなのである。
 趣味道楽が嵩じて「うまさ」になったと、しばしば解釈された──「旦那芸」だとよくいわれた──木村伊兵衛の写真の、趣味とはまったく違った領域の「深さ」は、まさに、この一文にある。(ケ)

【続編は→こちら←
【前編は→こちら←

Originally Uploaded on Aug. 24, 2019. 00:20:00
*写真の解像度は低くしてあります
posted by 冬の夢 at 00:01 | Comment(0) | 切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年08月21日

記念切手「伝統芸能シリーズ」─歌舞伎の切手を「切手市場」で買った(1/3)

 歌舞伎や文楽の記念切手を、このブログに観劇評を書いている伝統芸能ファンの別の筆者に進呈したら、喜ばれた。
 昨年、国立・国定公園の記念切手をふと集めたついでに、なんとなく買っていたもの。あげた後でまた欲しくなり、もう一度、揃えることに。しばらく行っていない「切手市場」で探そう。

「切手市場」とは、毎月東京で開かれているフリーマーケット式の記念切手市。専門店から個人コレクターまで、さまざまな売り手が、ビルの貸しフロアのテーブルに自慢の品を並べる。
 と説明すると、いかにもマニアックで素人は門前払いをくいそうだが、たしかにハードルは低くはない。初めて訪れたときは、テーブルに並んだものの価値どころか、なんの意味がある収集対象なのかさえ、わからなかったほどだ。
 が、出店者は毎度の顔ぶれが多いらしく、雰囲気はけっこう明るい。高額稀少品しかないなんてこともなく、様子を見てテーブルを選べば、花の絵柄でとか、なるべく安くて色がキレイなの、というような素人買いもできるし、実際にそういう買いかたの人も見かける。

 今回は、月例とは別に、浅草・台東区区民会館で開かれた「切手市場感謝祭・夏」という催しを訪れた。といっても会場の様子は月例とあまり変わらず、静かな中にも親しみやすさがあった。
 とはいえ、出店者と来場者もかなりの率で顔見知りらしく、聞こえてくる隠語というかコレクター的やりとりは、まったく理解できない。また、目当ての切手は、ここではあまり出品されない領域で、見つけにくい。
 とにかく、なるべくケハイを消し、各テーブルをやや遠目にスキャンしつつコソコソ歩き回る。いや、素直に聞けばいいんですけどね。ウチはないけど隣の人は出してるよ、などと教えてくれると思う。


 伝統芸能切手が「切手市場」にはあまり出品されないというのは、稀覯品だからではない。その逆である。
 このブログでも何度か書いたが、一九六〇年代以降の日本の記念切手で未使用品は、経年価値がほとんどないのだ。発売枚数が多かったのと、かつての収集ブームの渦中にいた収集家の高齢化で収集品が整理されるようになり、在庫過剰だからだ。
 なので「額面」と記されたブックやケースを見つけ、そこから見つけると、かなり昔のものでも、各切手の表記額つまり発売時に郵便局で買うのと同じ値段で買えてしまう。ということは額面(郵便料金)が低額の、昔の切手ほど気軽に買えるわけで、嬉しいような寂しいような感じだが、古書市場にも似たようなことが起きつつあるという。

 というわけで、ある出品者さんのテーブルに「額面」と書かれたアルバムを発見、すぐに探しものすべてを入手できた。伝統芸能切手はシリーズ2つあり、後者は一九九〇年代の発売で百円切手がけっこう含まれるため、爆安とまではいかないにしても、計算ヘチュセヨしてみると、十五点以上で千円程度だ。

 それにしても、日本の記念切手がぎっしり「在庫」されたアルバムをめくっていると、時を忘れる。まさに小さな歴史博物館だ。
 文字通り「切手大」の小さな紙っきれに、絵柄をこんなにも細密に刷るために、どれほどの印刷技術が開発投入されたのか。目あての切手を探すのが目的で、流し見なのだが、感心しきりである。
 不思議なのは、古いほうのシリーズ、つまり一九七〇、七二年発売の歌舞伎や文楽の切手のほうが、明らかに美しく見える。印刷技術、いまでいう「解像度」などは、どうしたって九〇年代のシリーズのほうがいいに決まっているのに、舞台にぐっと目を凝らすときの感じは、古い切手のほうにある。絵柄に選ばれている演者のせい──昔の俳優や遣い手の方が所作がよい──だと単純に思ったが、そうでもない。すこし調べたが、理由はよくわからない。

 というような、重箱ツツキな疑問は忘れ、観たことがない有名演目がまだたくさんあると思ったり、観たことがある演目が切手になっているのを懐かしく「鑑賞」したりした。
 歌舞伎でも文楽でも演じられる演目が切手になっていて、実際に歌舞伎でも文楽でも観劇したことがあるのは、熊谷陣屋の直実。歌舞伎の直実は八代目・芝翫(橋之助)の襲名公演を、文楽の直実は吉田玉男の襲名披露公演、その後に桐竹勘十郎で観た。

 切手になった文楽の直実は、桐竹亀松。勘十郎は二十二歳のとき阿古屋の足を初めて遣ったが。その阿古屋の主遣いが亀松だったそうだ。
 そして切手の歌舞伎の直実は、初代・中村吉右衛門。
 この人は、いまの吉右衛門の実の祖父で養父だという。なんじゃそりゃ、というのは、男の子がなかった初代・吉右衛門は一人娘に養子をと、嫁に行かせなかったが、その娘は初代の白鴎と結婚するにあたり、男の子を二人は産み一人に吉右衛門を継がせるから、と父の吉右衛門にいったのだそうだ。すごい話だが、ほんとうに男の子が二人でき、長男がいまの白鴎、次男が約束通り祖父の養子になり、現・吉右衛門なのだ。
 そして、いまの吉右衛門の四女が、いまの菊五郎の息子(菊之助)へ嫁にいった。これは、直系継承は厳しいとみられた吉右衛門と菊五郎の次代を同時に生成せしめようとする起死回生のプロジェクトである──という見立ては、今回、伝統芸能切手を進呈した、べつの筆者が書いているとおり。
 こんな話をしていると、こと「継承」となると、驚くようなことを本気でやる梨園のすごさを思い知る。伝統の価値と正統性は、そこまでやってこそ、ということなのだろう。ならば皇室は……いや、この話を皇室にあてはめたりしたら、怒られますが。

 すっかり切手の話を離れてしまった。
 次回は日本の伝統芸能切手の絵柄について、すこしお話しできたら、と思っている。(ケ)

【続編は→こちら←

190824sj.JPG


Originally Uploaded on Aug. 24, 2019. 00:15:00
posted by 冬の夢 at 00:01 | Comment(0) | 切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする