2019年08月26日

「トロいせき」って、知ってるかい ─ 特別史跡・登呂遺跡(1/2)

 一九七〇年代に小・中学生だった世代にとって、「登呂」は、間違いなく古代史のチャンピオンだった。
 当時すでに、もっと歴史をさかのぼる遺跡や遺物も発見されていたと思うが、教科書の最初のほうを燦然と飾る登呂遺跡の訴及力には絶大なものがあった。いや、正直にいうと、暗記が多い歴史科目はたちまち挫折するので、教科書の前のほうに載ってたことしか記憶に残らなかった、ということもありますけどね。

 子ども時代に見た教科書に、登呂遺跡がどう書かれていたかは、じつはすっかり忘れたが、「絶大な訴及力」の源は、なんといっても登呂が集落の跡(弥生時代)で、コメを作ってみんなで「ごはん」を食べていた、ということだった。親しみやすさだ。
 これも子ども時代の記憶はあいまいだが、登呂の竪穴住居も高倉式倉庫も、一九五〇年代初頭にはすでに復元をみていたはずで、だとすると、茅葺きの、いかにも素朴な住居や倉庫の感じが日本の田舎の「原風景」に重なり、さらに親近感があったのかもしれない。おりしも「ディスカバー・ジャパン」ブーム。中仙道あたりの宿場町や、いまでいう古民家などのキャンペーン・イメージがよく目についたころでもあった。
 小・中学生ふぜいで、都会の再開発に心をいためて地方回帰していたはずはないが、すくなくとも登呂遺跡は、戦乱や権力抗争でなく、牧歌的な「暮らし」を想像させたのだ。親密さと共感が、登呂の名をいまも記憶にとどめさせているのだろう。

180826t1.JPG

 登呂遺跡は、戦前に発見され戦後に本格発掘されたことで、日本人のアイデンティティ再設定にかかわる重要なイコンとなった。
 弥生時代の暮らしが初めてわかったのも、発掘・調査の思想や体制に大きな変化があり、誰もが注目したのも、敗戦によってこそだ。
 その背景が、教科書への記載や記述にまで影響したかどうかは、さだかでない。しかし国民的関心のなかで、当時の小・中学生までもが、できる形で発掘過程に参加したというから、その興奮が、のちの世代にも伝えられようとしたことは間違いない。

 一九四三年に遺跡が見つかったきっかけは、その上に軍需工場が建設されたからだ。住友金属工業プロペラ工場。いまの鹿島建設が担当した、戦闘機の部品工場だ。基礎工事中に土中からお宝がザックザク出てきた。
 それが宝かどうか分からぬも、とにかく学校に届けた請負業者、大発見と察知した国民学校の先生、その先生と親しかった全国紙の地元支局記者、という連携があり、古代史の素養があった市行政担当者らの動きなどから中央学会、省庁の働きかけが起き、戦時中の軍事領域ながら基礎調査ができた。戦局悪化で工場建設は中断するも、敗戦の年の静岡大空襲で基礎調査資料などが焼失、現地も空襲被害を受けた。ただ、未発掘の土中部分の多くは助かり、戦後調査の成果をもたらす。
 軍需工場建設がなかったら、あるいは戦勝景気のときその工場が完成し、戦後はべつの工場に移管されでもしていたら、登呂遺跡の発見はなかったか、見つかっても、戦後史上さしたる意味は持たなかったかもしれない。

 それというのも、予算も食糧も充分でなかった戦後間もない発掘調査に、専門家、一般市民のみならず国民的な熱意がそそがれた──全国から千通以上の応援手紙が届いたという──のは、この遺跡が「皇国史観」のパラダイムシフトを後押しする存在になったからだという。

 現代の価値観では理解が難しいが、日本神話(それも歴史的事実であるという前提で)から登場した天皇を万世一系とする歴史のみが日本の正史で、それ以外の説はダメ! というパラダイムでは、どこの誰とも知れぬ古代人、古代文化など、なきに等しい、というか居られても困る。敗戦あってようやく「古代」の正当な検証が可能になったというのだ。

 それが、さきほどの発掘「思想」の大変化だが、発掘「体制」も劇的に変わった。
 たとえば古代遺跡の学際的研究、つまり、あらゆる学問領域の専門家が参加し知識を提供し合う、自然科学の視点も重視する、という方法は、登呂の戦後発掘調査が初めてなのだそうだ。
 これまた現代の感覚では想像が困難だが、戦前はこういうことは考古学の専門家の担当に限られ、遺物は現地から持ち出されて帝室博物館(東京国立博物館)にしまい込まれる決まりだったのだ。

 そして、発掘への市民や一般学生の参加も史上初。
 驚くことに現場での男女共同作業も、登呂遺跡が初めてだ。
 当時の写真をみると、土の仕事をスカート姿でしている女子たちがいる。「もんぺ」でないことに意味があったに違いない。ちょっとした「ロマンス」──いい言葉ですね──もあったとか、なかったとか。地元婦人会が食べものを差し入れたり、女子青年団が洗濯を引き受けたり。前に書いたとおり、全国からも声援があった。

190826s2.JPG

 みな、明日を見ていた。
 明日を見るために、本当の出発点を確認しようとしていた。
 戦前の発見時、全国に初報を送った地元支局の記者──後年、古代史やシルクロードを扱う記者になった毎日新聞の森豊──は戦後まもなく、民族の自信を失って混迷する国民に日本民族の正しい歴史を教え、心の支えを確立する、という思想を、登呂発掘に求める記事を書いた。

 誰もが、神話ではなく遺跡という確固とした存在に、アイデンティティを探したのだ。いっぽうその行動には、アイデンティティ崩壊をもたらした戦争そのもの、あるいは戦争への、それぞれの関わりを確認することで、アイデンティティを立て直すのではなく、そこは飛び越えて古代にさかのぼり、はるか古い時代に「正しい日本民族」の歴史の出発点を見い出したいという心情があったのではないか。戦後を生きる「心の支え」であってほしい、それが、登呂遺跡の圧倒的訴及力の起点だったのだ。(ケ)

【つづきは→こちら←
posted by 冬の夢 at 22:41 | Comment(0) | 日記 旅・徘徊・発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年08月25日

宇宙人の携帯電話をひろったこと

 湘南のある海岸。
 砂浜を歩いていて、こんなものを拾った。おとなが持つと、手のひらにちょうどおさまるほどの三角形の石だ。

 海は面白い浸食作用を持っている。固いものが長い間、波にもまれたり砂に削られたりすると、角が取れていく。瓶のカケラは宝石になり、道路工事の砂利が古代の勾玉になる。
 砂浜にころがっているのは、もちろん美しいものばかりではなく、こんなものがなんで砂浜にあるんだというような海洋ゴミの断片も多い。また最近のアウトドアパーティやオートキャンプの流行と関係があるのか、夜逃げの跡のような生活感のあるゴミが、放置されていたりもする。
 もっと執拗にそれらを観察し、真上から写真に撮り、その写真を直立させて絵画のような鑑賞形態にするシュルレアリスム的シフトを行うと、東松照明の「インターフェース」の自分バージョンが作れると思うが、そういう根気はなく、浜辺の砂から顏を出す、さまざまなものを眺めながら散歩している。

 それら浜の品々を、コレクションする趣味もないわけだが、この石は、なんとなく拾ってきた。
 色や質感、重さからして、装飾レンガかガーデニング用の敷石だろうと思いつつ、番手を変えながら紙ヤスリで磨いてみたら、昔の特撮ドラマにでも出てきそうな、通信機のようになった。大きさも、高齢者向け携帯電話か、モバイルルータくらいだ。

 耳に当ててみると、なるほど、宇宙の音がする。
 静かな所で「デンワスル」しないと聞こえないが、シー、サ、サ、サ、とラジオの雑音のような音が聞こえている。
 マイクにあたる部分に、うまく角度がついてもいて、「デンワスル」のにちょうどいい。
 なんてなことを書くと、ちょっと危ない人になってしまうが、いつか、あちらから「デンワ」がくるかな、と思いながら、この宇宙人の落しものを、クローゼットの隅に立てかけている。
 地球人用の携帯電話には、ろくでもない用件しかかかってこない。その用件を解決するために出かけていくと、スマホと専用アプリを持っていないと、なんの用も果たせなかったりする。(ケ)

190825pH.JPG

※『E.T.』 1982年
20周年版トレイラーは→こちら←(0:35〜)

 
posted by 冬の夢 at 12:58 | Comment(0) | 日記 旅・徘徊・発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年08月24日

二〇一九年十月二十五、二十六日の、七年ぶりの「浅草おどり」を観にきてください

 今週末、浅草公会堂(東京・台東区)で開催される、

「浅草おどり」を観にきてください!

「浅草おどり」とは、浅草の芸者さんたちが日々、修錬をかさねた舞踊や邦楽の技芸を、舞台で発表する会だ。
 歴史と伝統がある有名な花街では、この「おどり」の会が大切に継承されている。今年一四七回という京都・祇園甲部の「都をどり」や、大正末以来だという新橋の「東をどり」などの名は、耳目にとまる機会も多い。

「浅草おどり」は、戦後の一九五〇年、浅草花柳界の復活発展を祈念して「浅茅会(あさじかい)」という「おどり」の会を開催したのがはじまり。関東大震災や第二次大戦の戦禍で低迷した花街を復興しようという、さまざまな人たちの熱意がみのってスタートした。

 浅草花街は、もともと江戸時代の明暦大火(一六五七年)による、幕府の遊里移転策によってできた千束の新吉原に付随する形で、興隆発展したもの。明治から昭和戦前には、浅草は東京を代表する娯楽の名所として人気を集め、いまも「浅草ROX」に名を残す公園六区などは、身動きがとれないほど人が押し寄せた、映画・演芸や、飲食・遊戯の一大歓楽街だった。
 
 以後も、訪れる好景気の波に乗って花街も躍進。震災や戦災で壊滅状態になっても意気を失わず、高度成長期にはその最盛期を迎えて、料亭は百店以上、そこへ出動する芸者さんたちは千人近くになったという。ちょっと信じられないのだが、昔のお練り(お披露目パレードというのでしょうか)などの写真を見ると確かに、浅草の街区が黒留の芸者さんで埋めつくされていたりする。

190824kb.JPG 
浅草見番。見番はおもに芸者と料亭の取次事務機能を担当。
写真クリックですこし拡大します。

 現在は、浅草見番に名をつらねる芸者さんは、お座敷踊りなどの技芸をする立方(たちかた)さん、伴奏をつける地方(じかた)さんを合わせて二十五人ほどだ。お座敷を提供する東京浅草組合の料亭さんは、いまわずかに六店である。
 それも時代の変化、ということなのかもしれないが、じつは浅草おどりも、明治座、浅草公会堂と場をうつしながら、一九九〇年代半ばには東京浅草組合・浅草観光連盟共催、台東区後援と広がり、四年に一度の大きなイベントになったものの、七年前の開催を最後に途絶えたままになっていたのだ。

 それではいけない、と関係者が奮起、紆余曲折あって昨秋、台東区生涯学習センターで小規模に「浅草おどり プレ公演」が開催された。これは好評を博し、満を持して今秋の本公演となった。さいわい事前人気は高く、協賛・協力も順調、券売も良好と聞いている。
 
 ならば、わざわざこのブログで宣伝する必要はなかろうし、そもそもお前、なんの筋で芸者の宣伝なんかするんだ、という話だが、たしかにわたしは、花街の関係者でも客でもない。芸者ありの宴席を知らないわけではないが、浅草はもちろん東京に六つある有名な花街で、お座敷をもったこともない。

 違う筋を通じて、ごく末端の手伝い、つまり諸案作りや印刷物の案・校正、ちょっとした撮影などをする縁があったからだ。やっぱり、応援したくなるのですね。
 手伝いの都合があると繰り返し浅草近辺を訪れるので、かつてないほど浅草を歩いたが、まさにインバウンド景気たけなわの、混雑のやや北、奥浅草とよばれるあたりで、ひっそりと──でもないかな──咲く、ほんとうに美しい花を、たいせつにしたい思いからだ。

 レンタル浴衣で闊歩する日本やアジア各国の若い女のコたち。それはそれでありがたいことだけれど、あの不気味な着付け具合を見せつけられたり、外国人観光客向けの(日本人にも買う人がけっこういる)「GEISHA」みやげ品のかなり多くが、「芸者」でなく「花魁」であったりする(芸者[芸妓]と花魁[遊女]は違う。念のためだが)のを毎度、見るうちに、「がんばれ浅草芸者!」という気分になってくるわけだ。

 だったら、お座敷遊びを自分でやって、年に何度か総揚げするなり、本筋の支援をしろ、か。
 そ、そうですね……。
 じつは「浅草おどり」を宣伝したくなったのは、このイベントで、わたしが発案して形になった「浅草みやげ」も、いくつか売られるというからだ。
 どのおみやげがそうかは、売り場で想像ください、ということで、久しぶりに再出発をきる「浅草おどり」を、ぜひ、観に来てください。

190824F2.JPG 190824F1.JPG 
★チラシ画像はクリックで拡大。
 浅草おどり「令和の寿(ことほぎ)」
 10月25日(金) 15時30分開演
 10月26日(土) 12時00分、15時30分開演
 浅草公会堂(東京・台東区) 全席指定 S:5000円 A:2000円
 問い合わせ:浅草おどり公演事務局 03-5355-1280

★なんと赤坂芸者衆も応援出演! おトクだ!
★浅草見番には日本に唯一残った「ほんもの」の幇間(ほうかん=太鼓もち)が所属。
 当日は楽しいお座敷芸を披露してくれます。

 来場者に無料パンフレット進呈
 展示ホール、ロビーにて、芸者さんのお茶席、伝統工芸実演、おみやげ販売あり



 ついでに、もうひとこと。今回は実現しなかった、われながら「惜しい」おみやげ。
 浅草名物といえば人形焼、ならばと発案した「芸者人形焼」だ。

190824ny.JPG

 素人造作で自分でサンプルまで作り提出(笑)、内々には好評と聞いたが、「型」製造予算がなくて見送られたそうだ。
「型」とは昔の鯛焼きの型、で分からなければ、ホットサンドイッチを焼くやつに似た、ヤットコみたいなのです。
 もしこの芸者人形焼が「いい」とお思いになり、「型」の協賛をしてあげようという場合は、ぜひ「浅草おどり」を観に行き、会場の関係者に申し出てください。
 なお、この案は浅草見番に帰属。浅草で実現する前にパクらないで(笑)くださいね。(ケ)


 浅草の地方(じかた=演奏担当)さんをつとめる、浅草紫沙さんのブログ「唄と三味線と」は→こちら←
 浅草芸者イベント情報などが充実している。
 紫沙さんは清元や小唄の先生で、イベントやメディアでも演奏。「芸大(東京芸術大学)卒の芸者さん」である。
posted by 冬の夢 at 20:00 | Comment(0) | 伝統芸能 舞踊・芸者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする