[映画 邦画]の記事一覧

「男はつらいよシリーズ」全作品鑑賞苦行記 B(まで来た)[2020/10/18]
@はこちら Aはこちら 「男はつらいよシリーズ」連続鑑賞をなんとか継続して、第二十六作まで来たところ。折り返し点を通過しながらも、シリーズがパターン化・マンネリ化してい..

原節子と三船敏郎 〜『東京の恋人』と『愛情の決算』での共演[2020/09/30]
 日本映画を代表する俳優は誰だろうか。好き嫌いは人それぞれにしても、昭和から平成、令和の今日までを概観したうえで選ぶとすれば、原節子と三船敏郎のふたりになるのではないか。いやい..

『君の名は』三部作を一気見する[2020/08/26]
 『君の名は』は、昭和二十八年から二十九年にかけて三部作として公開された松竹映画。元はNHKラジオで放送された連続ドラマで、毎週木曜日の夜八時半になると銭湯の女湯が空になったと..

「男はつらいよシリーズ」全作品鑑賞苦行記 A(のつもり)[2020/08/14]
@はこちらです。  「男はつらいよシリーズ」連続鑑賞をとりあえず継続中。今回は第九作から十七作までの記録となります。  @では寅さんが繰り返す迷惑行為を作品ごとに取り上..

溝口健二『残菊物語』と明治期の歌舞伎[2020/07/30]
 二代目尾上菊之助が主人公の『残菊物語』。溝口健二の映画は数本しか見ていないが、長回しや移動を多用したショットが特徴だということは、本作においても明らか。そして、太平洋戦争が始..

『安城家の舞踏會』 〜 映画の古典にノックアウトされた話[2020/07/22]
 映画評論家の双葉十三郎は、外国映画が専門だと思っていた。ところが日本映画も大量に見ていて、その博識ぶりは『日本映画 ぼくの300本』(文春新書)を読むと一目瞭然だ。その巻末に..

「男はつらいよシリーズ」全作品鑑賞苦行記 @(の予定)[2020/06/15]
 四月からBSテレ東で始まった「土曜は寅さん!4Kでらっくす」。これまでも「男はつらいよシリーズ」は度々番組化されてきたが、今回はTV初の全作4Kデジタル修復版での放映。私がこ..

小林正樹『怪談』 〜 映画における美術の役割[2020/06/07]
 小林正樹監督の『怪談』を見ようと思ったのは、岸惠子の「私の履歴書」(※1)に『怪談』にまつわる逸話が出てきたから。パリに住む家族と離れて京都で長期間撮影した『怪談』が、めでた..

TVドラマ『沈まぬ太陽』 〜 単純化と対立化による引き込み力[2020/05/05]
 昭和六十年八月。私はつくば万博の会場にいた。つくば万博とは「国際科学技術博覧会」の略称で、その年の三月から九月まで筑波研究学園都市で開かれた国際博覧会。会場には世界各国や日本..

『男はつらいよ お帰り寅さん』を見た大晦日[2020/01/04]
 『男はつらいよ』を集中的に見たのは地元にいた高校生のとき。大学に入って上京するとフィルムセンターや名画座など面白い映画をたくさん見られる場が増えて、『男はつらいよ』を見ること..

『河のほとりで』 〜 昭和は遠くなりにけり[2019/05/04]
令和の時代が始まったのに昭和の映画の話をすること自体、意地を通しているようでみっともないように思える。けれども『河のほとりで』の中で、東宝映画のシンデレラガールとして売り出した..

『花の中の娘たち』──東宝初のカラー劇映画と多摩川梨のこと[2019/01/07]
 日本初のカラー映画、それも国産フィルムで撮影した長編劇映画は?  一九五一年公開の『カルメン故郷に帰る』(木下恵介/松竹)だ。  郷里の田舎でひと騒動起こすストリッパーを..

『海底軍艦』 〜 東宝特撮映画の中でも抜群の出来栄え![2018/11/13]
日本映画専門チャンネルで連続放映されていた「東宝特撮王国」。ワールドワイドに特撮の古典となった『ゴジラ』の後、東宝は怪獣映画だけではなく、特撮SF作品を連続して平行投入した。あ..

『蜘蛛巣城』再見 〜 黒澤明の本質は何か?[2018/08/26]
「国立映画アーカイブ」という名称になったのだけれど、わかりやすいのはやっぱり「フィルムセンター」。京橋にあるその建物には、大小二つのホールと展覧会場があって、そこでは「国立映画..

『七人の侍』(4Kデジタルリマスター版)を見たらば[2018/07/21]
初めて『七人の侍』を見たのは中学生のとき。東宝が完全版と称して、初公開時と同じ尺でリバイバル上映したと記憶している(※1)。『荒野の七人』を見て、スティーヴ・マックィーンの格好..

『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』 ゴールデンウィークと冷凍怪獣[2018/05/05]
 買ってもらったプラモデルは、軍艦が「摩耶」、怪獣は「バルゴン」だった。  いずれも幼稚園か小学校低学年のとき。両者がどれくらい偉いかは、よく知らなかった。  いま思えば、..

黒澤明『野良犬』 暑い夏に見る映画[2017/09/08]
  その日は恐ろしく暑かった  汚れた野良犬が、歯と舌を剥き出して暑さにあえぐタイトルバック。それが消える直前、ハアハアという犬の呼吸に、このナレーションがかぶる。 「..

『県警対組織暴力』追悼そして継承 松方弘樹の遺言 【改】[2017/08/22]
 ごしごしごしごし──。  暴力団・大原組の若頭、広谷賢次が、どしゃ降りの雨の中、安アパートの共同炊事場で茶漬けの飯椀と漬けものの小鉢を洗っている。素手で、わき目もふらず。 ..

『陸軍中野学校』 〜 スパイ映画の裏番長[2017/08/01]
子どもの頃、小学校の近くに文房具店が二軒あった。道路を渡らなければならないほうの店は、学校帰りに立ち寄る子どもたちの数も少なく、だからじっくりといろんな文房具を見ることが出来た..

『君も出世ができる』 〜 日本でもミュージカル映画ができる[2017/04/21]
出張で地方都市のビジネスホテルに泊まったときのことだ。疲れる飲み会がやっと終わって、ホテルの部屋に戻り、何気なくホテルの有線TVのスイッチを入れた。ブラウン管の小さな画面に出て..

追悼・松方弘樹 〜 影の代表作『新・日本の首領』シリーズ[2017/01/26]
映画俳優の松方弘樹が亡くなった。 享年七十三歳と聞いて、意外と若かったのだなと感じたのは、芸能界での活動が長かったからだろう。松方は、時代劇ものに数多く出演した剣戟役者の近衛..

『仮名手本忠臣蔵』から『赤穂浪士』へ 〜 忠臣蔵ワールドにハマったこと[2017/01/07]
元禄十四年(1701年)の事実──江戸城中で浅野内匠頭が吉良上野介に対して刃傷に及んだこと。内匠頭は即日切腹となり、上野介はお咎めなしだったこと。播州赤穂浅野家はお家断絶になっ..

『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』はシリーズ最高傑作か?[2016/12/01]
「男はつらいよ」シリーズにハマっていたのは高校生のとき。地方都市の小劇場で山田洋次特集が組まれていて、三本立て上映会に毎週通った。なぜ山田洋次だったかと言えば、その頃松竹系映画..

『シン・ゴジラ』〜 東京のど真ん中に現れた罪業[2016/08/16]
『シン・ゴジラ』の巻頭には東宝映画のオープニングロゴが二度出る。正円に「東宝」の文字が縦に入ったマークを中心にして、青い背景に虹色の光輪が二重に回る。その下に黄色い角ゴシック体..

「ウルトラマン=ハヤタ隊員」を放映開始五十年目に検証する──ほんとうの主演は誰だったのか[2016/08/10]
▼別の筆者(き)による『「ウルトラマン=ハヤタ隊員」を放映開始五十年目に検証する』は→こちら←  やはりそうか。  科学特捜隊員の中でハヤタだけが「どことなく違和感があ..