2020年09月12日

真空管アンプの電圧増幅管(プリ管)交換による音質変化

 前回の「真空管アンプ」レポートは、出力管(電力増幅管)交換に関するものだった。そのときのとりあえずの結論は、「同じ種類の出力管(EL34)をあれこれと取り替えてみても、思っていたほどの差はない」というものだ。が、実はそのときからずっと「次は電圧増幅管(プリ管とも呼ばれる)の『実験』をしなければ」と思っていた。はたして、電圧増幅管を交換すると、真空管アンプの音質に変化が生じるのだろうか?
 
 しかし、先ずは真空管アンプのごく簡単な説明をしておこう。一部の好事家、一部のマニア限定商品にしては、真空管アンプは市場に数多く存在している。すっかり時代遅れのデバイスであるはずの真空管がオーディオ(と一部のロックファン?)の世界では今なお現役で活躍中というのは、老年期を間近に控えた身としては心強い限りで、慶賀すべき現象なのかもしれない。

 多種多様な真空管アンプ(以下、オーディオ用アンプに限定)の中で一番シンプルなものは、通常4本か5本の真空管が使われている。(これはステレオ=両チャンネルの場合で、現在では珍しいけれども、モノラルなら2本か3本の真空管が最小モデルとなる。)ときおり、ステレオアンプなのに2本か3本の真空管しか使われていないものが見受けられるが、その場合はダイオードやトランジスタが併用されており、いわゆるハイブリッドになっていると考えて間違いない。

 このハイブリッド版はさておくとして、「シングルアンプ」と呼ばれる一番シンプルな回路を持つアンプに、真空管5本版と4本版の違いがあるのは、整流管と呼ばれる真空管が使われているのか、あるいはその代わりに整流ダイオードが使われているのか、この違いである。どちらが好ましいかは「蓼喰う虫」の話になる。「単純な」性能と耐久性、そしてコストの面ではダイオードの方が有利であることに疑問の余地はない。が、整流管を使うと、音質が良くなるという「精神的効用」に加え、アンプの立ち上がりが「優しくなる」点が個人的には長所だと思っている。どういうことかと言えば、真空管は白熱灯みたいなもので、フィラメントに相当する部分が相当に熱くならないと電流を通さない。したがって、真空管アンプ(ラジオの場合も同じ)を使うと、電源を入れてから10秒〜15秒くらいは何の音も出てこない。それからゆっくりと、まるで写真を現像しているときのように(今ではフィルムも真空管と同様に博物館行きか?)、はるか遠くからいかにも頼りない幽かな音が現れて、そのボリュームが次第に盛り上がり、数秒後にようやくしっかりとした明確な音として安定する。このように「おっとり」とした動作をするアンプなので、整流(電気を交流から直流に変換する過程で必要)だけをダイオードに任せてしまうと、それだけが別次元で素早い仕事をしてしまうので、他の真空管に負担がかかり、最悪な場合は何らかの故障に発展しかねない。(人間関係にも似たようなことがときどきありますね……ひとりだけがやたらと張り切って、ダントツに速い仕事をして、そのせいで周りが疲れてしまう……)ダイオードではなく整流管を使えば、この整流管が仕事を始められるほどに暖まった頃には他の真空管もすでに準備完了となっているので、その点では安心となる。

 さて、我家のアンプの構成は以下のとおり。
   出力管:EL34(別名6CA7)× 2
   電圧増幅管(プリ管):5755 × 2
   整流管:5AR4 × 1

この5755という真空管、これだけでわかる人はかなりの好き者であろう。しかし、ここでメーカーの名前を出せば、「おっ!」と思う人が意外なところにいるかもしれない。というのは、この真空管の作り手はRaytheonという企業で、主にミサイルや飛行機などの軍需製品を作っていた。現在もその「末裔」がロケット産業で一定の地位を保っているようだ。というわけで、このRaytheonという名前は一部のオーディオマニアよりも、もしかしたら軍事オタクの面々にいっそう馴染みの名前なのかもしれない。事実、5755という真空管は、不思議なことに、ソ連空軍のエース機でもあったミグ戦闘機やミサイルに使われていたという。「不思議なことに」と言ったのは、あの冷戦時代に、仮想敵国だったソ連の戦闘機にアメリカ製の部品が使われていたなんて、ある意味、大らかというか、金になるなら何でもする「血の商人」恐るべし、というか……
 さて、21世紀の今では、まさか戦闘機やロケットに真空管が使われることはないであろう。そこで、元々は軍用だった真空管が巷に大量に流通している。我家のアンプを製作してくれた人の判断でも、「5755は安価に入手できる」とのことで(EL34を選んだのも同じ理由だ)、電圧増幅管として有名な12AX7や12AU7を押しのけて、見事栄光(?)の座を占めることになった。

R0013220 (1).jpg
(Rayteon 5755)

 しかし、購入当初より「軍事用真空管」というのがどうにも心に重く引っかかっていた。一部マニアの間では「軍用管は信頼性が高い、性能がいい」と囁かれてもいるようだが、考えてもみよう。たとえそれが万に一つもない可能性だとしても、例えば秋葉原かどこかの電気屋さん、貴重品からガラクタまで何でも置いてある某ラジオショップの片隅に格安のRaytheon 5755があるとする。通電はするけれど、新品か中古かは誰にもわからない。旧ソ連のミグ戦闘機にも使われていたというのだから、ミグの定期整備ではその度に大量の5755が交換されたはずである。もちろん、そのほとんどが十分実用には耐える状態だったはずだ。そんな真空管の山が旧ソ連のあちこちに、それこそ野積み、山積み状態で転がっていたことだろう。そのうちの一山が長年月を経て極東の島国に辿り着いたということもあり得ない話ではない。

 そして、ここまでならまだいい。ほんの序の口だ。問題なのは、その5755を装備されていたミグ戦闘機が、アフガニスタンやイラク(アメリカがいわゆる湾岸戦争を起こす前、オサマ・ビン・ラディンがテロリストになるずっと前、ソ連はアフガンやイラクに侵攻を繰り返していた)に爆弾を落とした戦闘機ではなかったという保障がどこにもない、ということだ。戦争を体験した真空管……無辜の市民の血に染まった真空管……それが自分のアンプに使われているかもしれない……
 そうなると、せっかく「どうだ! オーダーメードの真空管アンプでござい!」と一人悦に入って、「これで聴くモーツァルトの弦楽四重奏の美しさ!」とうっとりしていたとしても、ふと「でも、この真空管を載せていた飛行機は……」などという想いが脳裏をよぎることになり、そうなれば、何もかもが台無しとまでは言わないにしても、それでもやはりせっかくの愉しみに大いに水がさされてしまう。

 そこで、Raytheonではない別の真空管を使いたいと考えるようになった。というか、話の(いや、真空管の歴史の、と言うべきか)順序で言えば、本来はWE420Aという電圧増幅管が5755よりも先に存在していて、5755はWE420Aのコピー版と言われている。それならば、いっそのこと元祖を使ってみたいというのが、マニアにとってはむしろ自然の欲求だ。しかし、真空管黄金時代が遠い昔になってしまった現在、このWE420Aも当然ながら公式には製造されていない。(こうした過去の聖遺物となってしまった真空管は「古典的真空管」と、どこか由々しい肩書きで呼ばれる。)わざわざ「公式には製造されていない」と言ったのは、「古典的真空管」と言われるものは、今では目が飛び出るほどの高値で売買されることが多く、この地上の片隅では今もせっせといかがわしいコピーが作られ、「まがいもの」が本物の顔をしてネットオークションなどに並べられることも少なくない。だから、もしかしたらこのWE420Aもどこかで「密造」されている可能性もゼロとは言えない。しかし同じWestern Electric社(この名前が付いているだけで中古価格が跳ね上がる、マニア垂涎のブランド)の真空管でも、300Bなどの超有名管とは違って、今どきWE420Aを欲しがる人はさほど多くはない。ということは、わざわざこのWE420Aの偽物を作ろうという人は、それはそれでよほどの変わり者かもしれず、そんな変わり者が作る「まがい物」であるなら、かえって購入欲が刺激されるというものだ。

R0013219 (1).jpg
(WE420A: ただし、本物かどうか真偽不明)

R0013224.jpg
(ついでに、電圧増幅管のサイズがわかるように、単三乾電池と並んでもらった)

 すっかり横道にそれてしまった話を元に戻すと、5755につきまとう「軍用管」という肩書きがどうにも気になっていたことに加え、「いつかは本家のWE420Aを試してみたい」という欲望がとうとう抑え切れなくなった頃、運良く(運悪く?)その探し物が4本セットで売り出されているのを見つけてしまった。一応「新品」とは謳われているが、その真偽を確かめる知識も技能もこちらにはない。加えて、そもそもそれが本物のWE420Aなのかどうかを確かめることさえできない。が、それでもとりあえず「軍隊」とは関係のない真空管であるなら、血塗られた真空管でさえないのであれば、そして、ともかく通電するのであれば、買ってみる価値はありそうだ。こう考えて、恐る恐るその4本のWE420Aを購入した。購入価格は極めてリーズナブル、つまり、安価な5755よりは高いが、新品の12AX7や12AU7と比べれば、必ずしも高くはない、そんな価格だった。もしも本物のWE420Aであったなら、格安といってもいいだろう。

 以上が今回の長い序論で、いよいよ本題なのだが(こちらは短い)、電圧増幅管を交換して、はたして何が起きたのか?

 驚いたことに、音が明らかに変わった! 昔レコードを聴いていた頃、カートリッジ(針)を換えると明らかに音質が変化したのだが、それと同じように、5755を420Aに取り替えると、かなり劇的な音質の変化が認められた。以前に出力管(EL34)を交換したときとは全くちがう。出力管による変化は極めて微細なものだったけれど、電圧増幅管の場合は、素人の耳にも明らかにわかる変化だ、ヘッドホンを交換した場合ほどには顕著ではないにしても。

 それでは、いよいよ肝心の音質に関するレポートだが、好みで言えば、420Aの方が断然好ましい。透明度がちがうというか、音の抜けが良くなったというか、サスティーンが伸びたというか、ともかく心地よさが向上した。一方、5755の方は、これがダメなのかというとそうではなく、音の力強さでは5755の方に軍配を上げたくなる。ただ、両者を比較すると、5755では音がややハスキーになる。誤解を恐れずに言えば、音が少々濁るとも言えようか。それでもハスキーヴォイスが好きな人がいるように、5755の音の方が好きな人がいても少しも驚かない。バイオリンの弦の音なども、420Aで聴くとひたすら滑らかであるが、5755で聴くと、いかにも弓で擦っているように聞こえるから面白い。

 というわけで、我家のアンプによるささやかな実験からは、出力管の変更よりも電圧増幅管の変更の方が音質面においての変化がいっそう顕著に認められた。そして、電圧増幅管は5755にはいったん退いてもらい、WE420Aが連日連投している。これをひとまずの結論としたい。 (H.H.)

(附記:ところが、その後、またまた新たな「発見」があり、結果的に我家のEL34は雨後のタケノコのように増殖中。つまり、前回とは別の出力管を使ったところ、相当程度の音質変化が認められたので、そのレポートもなるべく早く行いたい。さらには、「それならば、『音質にはあまり影響はない』と言われている整流管を換えたらどうなるのか?」という問題も残されている……)

 
posted by 冬の夢 at 00:30 | Comment(0) | 音楽 オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: