2020年05月07日

John Keats を読む Ode on a Grecian Urn  邦訳【詩と訳】

Ode on a Grecian Urn
古代ギリシアの壺を讃えて

Thou still unravish'd bride of quietness,
 Thou foster-child of silence and slow time,
Sylvan historian, who canst thus express
 A flowery tale more sweetly than our rhyme:
What leaf-fring'd legend haunts about thy shape
 Of deities or mortals, or of both,
  In Tempe or the dales of Arcady?
 What men or gods are these? What maidens loth?
What mad pursuit? What struggle to escape?
  What pipes and timbrels? What wild ecstasy?

壺よ 静寂の花嫁よ いまだに純潔な 壺よ,
 壺よ 沈黙と たゆたう時間にはぐくまれた 壺よ,
ぼくらが作る詩なんかより ずっと甘美に
 はなやかな史話を語れる 森の歴史家よ:
神々の渓谷テムペ あるいは 牧人の楽園アルカディア
 そこにいる神々 それとも人間,でなきゃ両方を
  描いた上絵には 葉のふちどりで飾られた
   どんな伝説が秘められているのか?   
 壺に描かれた 人間たち もしくは神々は なんなのか? 
  乙女たちはなにを そんなに嫌がるんだ?
さかりがついたように追いかけられ 逃げようともみ合って
 いったいどうしたんだ?
 なんだろう 笛やタンバリンは?
  いったい この野放図な快楽は どうしたことだ?


Heard melodies are sweet, but those unheard
 Are sweeter; therefore, ye soft pipes, play on;
Not to the sensual ear, but, more endear'd,
 Pipe to the spirit ditties of no tone:
Fair youth, beneath the trees, thou canst not leave
 Thy song, nor ever can those trees be bare;
  Bold Lover, never, never canst thou kiss,
Though winning near the goal yet, do not grieve;
 She cannot fade, though thou hast not thy bliss,
  For ever wilt thou love, and she be fair!

耳にとどくメロディは心地よい,でも
 もっと甘美なのは聞こえない音楽なんだ; 
  だからこそ壺よ,静寂の笛を,吹き続けてくれよ;
もっと慕わしい笛の音を,音のないセレナーデを
 ただ音を聞こうとする耳にじゃなく,魂にとどくように
木の下に描かれた,美しい若者よ,
 曲が鳴り止むことはついぞなく,木々の葉も散りはしない;
 大胆な恋人たちは,けっして,けっしてキスできずにいるね
いまにも唇に届きそうだけど だめなのさ,でも悲しまなくたっていい;
 最高の喜びはなくたって,彼女は消えやしない,
  愛は永遠に続くし,彼女も永久に美しいからだ!


Ah, happy, happy boughs! that cannot shed
 Your leaves, nor ever bid the Spring adieu;
And, happy melodist, unwearied,
 For ever piping songs for ever new;
More happy love! more happy, happy love!
 For ever warm and still to be enjoy'd,
  For ever panting, and for ever young;
All breathing human passion far above,
 That leaves a heart high-sorrowful and cloy'd,
  A burning forehead, and a parching tongue.

ああ,幸せな幸せな,木々の枝たちよ! 
 葉を落とすこともなく,春に別れを告げることもなく;
どうだい,幸福な演奏家は,飽きることなく笛を
 永久に新しい曲を いつまでも 吹き続けてさ;
なにより幸せな愛よ! どこまでも幸せな,幸せな愛よ!
 さめることなく あたたかに いつまでも喜びに満ちて,
  はげしく息づきながら,永久に若さを失わず;
あらゆる息吹きが ぼくら人間の情熱を はるかに超えて,
 羨みの愁いで満たし もうたくさんだとさえ思わせる,
  ぼくの心を,熱に冒された額を,乾ききった舌を.


Who are these coming to the sacrifice?
 To what green altar, O mysterious priest,
Lead'st thou that heifer lowing at the skies,
 And all her silken flanks with garlands drest?
What little town by river or sea shore,
 Or mountain-built with peaceful citadel,
  Is emptied of this folk, this pious morn?
And, little town, thy streets for evermore
 Will silent be; and not a soul to tell
  Why thou art desolate, can e'er return.

仔牛を捧げる儀式に集まってくる人たちは何者だ?
 なぞの神官は,草葉の緑を飾ったどんな祭壇に
空に向かって鳴き続ける仔牛をつれていくのか?
 その柔らかな腹にも花で帯飾りした雌牛を
  この聖なる朝に 人っ子ひとりいない街って
  いったい どういう小さい街なのかな
川べりなのか 海辺なのか それともここは
 平和な砦がある山に囲まれているのか
そんな,小さな街よ,その街路は永久に
 静まりかえったままだろう; もはや誰ひとり
  なぜ人が消えてしまったか 告げに戻っても来るまい


O Attic shape! Fair attitude! with brede
 Of marble men and maidens overwrought,
With forest branches and the trodden weed;
 Thou, silent form, dost tease us out of thought
As doth eternity: Cold Pastoral!
 When old age shall this generation waste,
  Thou shalt remain, in midst of other woe
Than ours, a friend to man, to whom thou say'st,
 "Beauty is truth, truth beauty,"--that is all
  Ye know on earth, and all ye need to know.

アテネふうの壺の形! 美しいそのたたずまい! 
 髪を編んだ男たちや乙女たちが 大理石の彫刻のように
森の木々の枝や踏みわけ道とともに みごとに浮き彫られて;
 壺よ,沈黙のフォルムよ,
  ぼくらに 理屈で考えるのをやめさせてしまう 壺よ
永遠がぼくらにそうさせるように:
冷え冷えとしたその田園光景のなかで!
 長い時代をへて ぼくたちの世代が消えゆくとしても,
 壺よ いつまでもこのままなんだね,ぼくらの悲しみが
さまざまに移ろっても 変わらない悲哀の深みに立ちつづけて
 人間の友だちでいてくれて,こう言ってくれるんだね
 美は真実であり,真実は美である,──それが
  あなたがた人間がこの地上で知るすべてであり,
   知らなければならないすべてなのです,と


200508dd.JPG 
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス
水汲みの刑に処されたダナイデス 1903
public domain


【説明】は→こちら←

■請不要転載 (C) 趣味的偏屈アート雑誌風同人誌
 Originally Uploaded on May. 08, 2020. 23:45:00
posted by 冬の夢 at 00:05 | Comment(0) | 文芸・読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: