2020年03月06日

「コロナ・バカンス」の緊急提案

コロナウイルスの問題が日増しに深刻度を増している。極めて残念だけれど、当分の間状況は悪化し続けることだろう。身内に呼吸器系疾患を病んでいる者もあり、少なからずの友人たちには糖尿病の傾向があり、かく言う当の本人もすでに老人と言っても過言ではない年齢だから、感染すれば危ういことになりかねない。最近は外食しても全然楽しくない。きっと同じような気分の人が増えていることだろう。景気も大幅に落ち込んできていると聞く。この先は経済面・社会面でもいっそうの混乱が起きてしまうのかもしれない。

そこで、アホな緊急提案をしたい。全国の小中学校を一斉封鎖するよりもずっといいはず。名称は何でもいいのだが、要は、この際ついにこの日本にもバカンスを導入しようというもの。今年は仕方ない、「感染症を防ぐため」という名目の下、3月の間(間に合わなければ4月も可)に原則的には全ての労働者が2〜3週間の休暇を取って自宅近辺で静かにしている。そうすれば、満員電車も解消されるし、自宅に残される子ども問題も解消する。そして、来年以降も3月を「日本のバカンス」にする。元々学校は春休みの時期に重なるし、役所も企業も年度末は3月ではなく2月とすれば、3月は文字通りに「空白の月」になり、日本人が大好きな花見も思う存分楽しめるというわけだ。仮称コロナバカンス。どうでしょう? 今年は家で大人しくしているにしても、来年以降は国内・海外を問わず、どこにでも出かけていって、大いに羽根を伸ばして遊ぶ。当然、消費も刺激されるので、経済も活気づくのでは。

それに、今年に限って考えても、労働者が全員2〜3週間の休暇を取って、果たして社会的機能が維持できるのかという危惧も感じられるが、どのみち、このまま感染症が蔓延してしまったら同じことが起きてしまうだろう。それに、もしもきちんと計画的に「コロナ・バカンス」を導入できれば、メーカーは抱え込んでしまった在庫を比較的高値で一気に処分できる。ということは、薄利多売でしか生きられなかった日本のメーカーにとって、一発逆転のまたとないチャンス到来ということではないか。観光業は如何ともしがたいが、この機会を利用して、日頃改善したくてもできなかった問題点を見直して解決するとか、旅館であれば、改装改築(とまでは行かなくとも、徹底的な大掃除をして一気にイメージアップに努める)などをするとか、そうでなければ、要するに、ゆっくり休む。サービス業も同様だ。そして、社会全体にとっては働き方を根本的に見直す良い機会になるのでは?

コロナウイルスと聞くと鬱陶しく怖ろしげな響きがするようになってしまったが、ここはビールのためにも(?)、かつての車(もうないよね?)の名誉のためにも、「コロナ」の元来の輝かしいニュアンスを回復しなければなるまい(そんな必要、微塵もないかな?) コロナって語源的には「花冠、光輪」という、何とも素敵な意味なんだよね……新型コロナウイルスも、もう少し温和しく、可愛らしく振る舞ってくれるとありがたいのだけど。

アホな安倍(『アホな』というのは我らが首相の枕言葉だね)が素っ頓狂な声で言い出した「新型インフルエンザ対策特別措置法改正案」よりもずっと良案と自分では思っている。是非とも国会で緊急に審議してもらいたい。誰だって恒常的なバカンス、欲しいよね? それがたとえ「コロナ・バカンス」でも。
(H.H.)

Solar_eclipse_1999_4_NR.jpg
(太陽のコロナ;Original image by Luc Viatour)

DSC02150 (1).jpg
(花冠、つまり花弁の輪)
posted by 冬の夢 at 18:34 | Comment(0) | 時事 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: