2020年03月03日

「野党もしっかりしろ!」と言うバカにつける薬?

 新型肺炎に対する安倍内閣の対応があまりにお粗末なために、多くの人が動揺し、困惑し、呆れ、少なからずの被害に遭っているためか、日頃は自民党を支持している人たちも安倍批判に傾かざる得ないようだ。日頃から安倍批判をしているぼくから見れば当然なことだが、しかし、同時に、国会で相変わらずのパフォーマンスを続ける野党に対しても「あげ足取りばかりせずに、野党はもっと実のある審議をしろ。安倍内閣を批判したいなら、もっといい提案をしろ」といった批判も多いようだ。

でも、これはあまりに酷い、議員内閣制というものを無視した、見当違いも甚だしい批判だ。昨日も同じことを書いたけれど、野党に自民党案よりももっと良い提案を求めることは、病気のときに八百屋や肉屋に駆け込む愚に等しい、とまでは言わないにしても、病気のときに薬を求めてコンビニまがいの薬局(ドラッグストアというのですか?)に駆け込む愚に等しいと思う。市販の薬くらいは手に入るだろうが、何の診察も受けずに、素人考えと、せいぜい一人か二人の薬剤師をかろうじて用意しているにすぎないお店の判断に頼るわけだから、見当違いの薬を服用したり、その結果甚大な副作用を被る危険性は極めて高い。素人が薬屋さんに出かけて安心して購入できるのは、いつも常用している馴染みの薬に限るのではなかろうか。そして、野党に期待できることは、せいぜい、我々素人が考えつくようなことに毛が生えた程度のことだし、それを十全に発揮するのが野党の仕事だ。

なぜか?
だって、これも昨日書いたことと重複するけれど、政策立案は内閣の仕事なんだから。こう言うと、「たとえ第一義的には内閣の仕事でも、その原案にイチャモンをつけるなら、それよりもいい対案を示すのが当然だ」という反応がありそうだけれど、繰り返すが、それは端的に無理というものだ。少し考えればすぐに分かることだが、与党の自民党や公明党が入手できる情報量と、野党の手に入る情報量とでは桁が違う。全ての省庁(つまり国家公務員の集合体)の親玉(つまり大臣)は自民党と公明党が独占しているのだから。そして、野党の国会議員が代議士の資格で情報開示を要求しても、省庁が「それはない」とか「もう処分した」とか「機密事項で開示できない」と拒否することは、モリカケ問題やサクラ問題を思い出せば、直ちに理解できるだろう。つまり、立案に必要な情報は内閣に独占されていると考えて間違いない。それなのに、いったいどうしたらそんな非力な野党に「もっといい対案」なんてものを期待できるのか、そんなことを言う人たちの頭の中を覗いてみたい。多分、見たこともないような脳味噌が詰まっていることだろう。

馬齢を重ねて、それなりに「出世」してしまった結果、平社員であった頃には思いも寄らなかったことが見えるようになった。情報はボスのところに一元的に集まることになっている。部下はボスに命じられたことを(イヤイヤ?)こなすだけではなく、同時に各自その作業を通してせっせと情報を集め、ボスの求めに応じてその情報を伝える。ところが、部下同士は他の人たちがどんな情報を持っているのかさえ知ることがない。みんな自分の仕事で忙殺されているのだから当然だろう。つまり、全ての情報を知っているのはボスだけだ。そして、その一元的に集められた情報を独占するという特権的立場にあるボスが、広く全体を見渡して、然るべき計画と戦略を立て、あらためて各部下にミッションを命じ(あるいは頼み?)、その執行具合を管理するわけだ。誰がどんなミスをしたのか、誰がセクハラをしたのか、誰がどんな業績を上げたのか、誰の家に不幸があったのか、こうした有象無象の情報にいち早く接するのも、その直接の当事者を除けば、部下たちが間抜けでない限りは、そのボスと決まっている。計画や管理を随時進める際にも、全体の状況を知っているのはボスだけだ。さらに、どの情報をどの段階で誰に知らせる(共有する)のかを決めるのも、そのボスの胸三寸。つまり、上司というのは、良くも悪くも、情報を管理し、その部署を統括する役目を果たしているわけで、当然ながら、その部署については最も多くの情報を、秘密事項も含めて握っている人間と決まっている。(念のために言い添えれば、もちろん各ボスには「片腕」なり「腹心の部下」なりが存在して、その役に就く人にはそれなりの権限が与えられるだろうけれど、結局は同じことだ。)

ということは、今さら言うまでもないことだけど、大臣にはその省庁が管轄する全ての情報が集まるわけで、その膨大な情報の中から必要な情報を選出し、然るべき対策を練り、その具体的実行を然るべき部署に下ろす、その号令をかけるのが彼(女)の任務だ。彼以外にその仕事ができる人間は存在しない。大臣はいわば司令官、軍事でいえば将軍クラスなわけで、官僚を手足のように使って、自ら立てた作戦を遂行する責任を持つ。そして、大臣クラスの集合体を内閣というのだから、内閣の仕事が内閣以外にできないことは理の当然だ。したがって、対案の提出を野党に要求することがどれほど愚かしいことか、これ以上グタグタと書き続ける必要はないだろう。

ところで、どんな組織でも同じことだが、一元的に情報を管理し、全体を見渡した上で各部署のすべき事柄を決め、全体の健全な運営を図るべき立場に、保身しか知らない無能な阿呆が万が一にも間違って就いてしまったとしたら、その組織が衰えていくことは必然だろう。人体に喩えれば、脳に重大な損傷が生じた結果、四肢の末端、各種臓器に異常が生じ、やがては部分的な壊死が起こり、最終的には死ぬことにもなろう。

さて、壊滅的な国会の有様を見て、雇われたネトウヨでもないのに、半ば真面目に「野党も文句ばかり言ってないで」という人間は、はたしてすでに壊死した部位に等しいといえるのではなかろうか。そして、その壊死を招いた真の原因が脳の損傷にあることは間違いない。残念なのは、今の日本にはブラックジャック級の天才外科医がいないことだ。もっとも、事実、ブラックジャックの天才振りを知っている日本人も少なくなっているに違いない。 (H.H.)
posted by 冬の夢 at 18:34 | Comment(0) | 時事 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: