2018年06月09日

Lowden F32 (mid - '90s) のリペアについて

 この楽器をメンテナンスすれば、持っている三つのギターすべてのチェックと修理が完了。ライブなどで、がっつり弾く機会は今後ないと思うが、どの楽器も、いい状態にして持っていようと。

 エレキギター二台は、さほど迷わず修理店を決めたが、アコースティックギターはエレキの何倍もビビってしまい、なかなか腰が上がらなかった。
 メーカーが違っても楽器の基本構造は似ていて、どの修理店でも作業は大きく違わないそうだが、エレキギターより木工芸品に近いと思うのか、修理がまずいと取り返しがつかなくなるのではと悩んだせいだ。

       *

 ローデン Lowden というギターメーカーの来歴は省略。メーカーのウェブサイトがキレイだし、検索でこの文を読むアコースティックギター趣味の人は、わたしの何倍もくわしいはずなので。
 アコースティックギターは、これ一台きり。この楽器だけ弾いてきたが、その感じをいえば特徴の説明になるだろうか。

100608Ld.JPG

 買ったのは、二十年近く前だ。
 このブログに書いた音楽の話は、ロックやジャズがほとんどだが、はるか昔の中学生のころ初めてギターで演奏しはじめたのは、日本のフォーク! 人生の汚点とよほど思ったか二度と演奏しなくなり、自分のアコースティックギターを持ったことはなかった。
 おとなになると「アンプラグド」ブームなど、アコースティックギター伴奏の音楽がさまざまに増え、自分も伴奏をジャンジャカ弾いてみたくなった。せっかくなら、いい楽器でライブもしたいと。フォーク以外で!

 買うからには一生ものの高級ギターだ! と楽器店へ。壮大な予算があったわけでなし、そこまで悲壮になることはなかったな。
 高級といえばマーティン Martin か、ギブソン Gibson と、ひとり決めして、ジャラ〜ンと鳴らして気に入ったほうだ! と。
 そして勇躍、踏み込んだお店に、このローデンがあった。

       **

 アイルランドのギターであること──北アイルランドで作られてきたので、正しくはイギリスのギターだ─と、好きな演奏家のピエール・ベンスーザン──自分では、ほんのサワリしか弾けない!──の楽器だということは知っていた※1。
 ちょっと気になっていた楽器だったが、安くはなかったし──ただし現行同型の半額以下だったはず──日本で売られ始めたばかりのためか、マーティンやギブソンのように買い得な中古品はなかった。
 見た目は、クラシックギターふうでジミ。円を組み合わせたような柔和な本体はヤワな感じもして、強く弾いたら壊れそうだ。繊細なつま弾き用なのか、ピックガードがないから自分の演奏向きでもなさそうだった。なんせ、もとはフォークですから。ちぇ!

 が、その店で鳴らしてみたら……やっぱり買っていた。この楽器を。

 北アイルランドは関係ないと思うが、マーチンやギブソンと違い、しみじみ悲しい音がする。
 湿気っぽい暗さでなく、乾いて寂しい感じ。
 細い弦の高音部の共鳴がとても美しいためだが、エコーでボヤけたカラオケマイクとは違い、すっきり響く。
 アルペジオの憂愁はそのように素晴らしいが、ガシガシと7th、13thのようなコードを弾いても、マーチンやギブソンほどガツンではないが、きっちり力強い。
 使う弦のせいもあるらしく※2。違う弦にしてみると、控えめな感じになったり、固めにもなったり。
 ギターそのものの存在感が薄いようでいて、芯があるといいたいわけだが、ルックスも含めた楽器のキャラクターより自分の弾きかたが目立つ。ヘタな指使いや、不十分な押さえかたが、すべて音になる。くそ!

       ***

 長年弾いて、ライブでも何度か使い、不具合は感じていなかったが、今回、部品交換となった。
 音や演奏に大きくかかわる部分を換えたので、弾いた感じが違う。多少の不具合があっても音のうちと思っていたせいもあるが、正直なところ、よくわからない。

 今回、どこにメンテナンスを依頼すべきか、北アイルランドの Lowden Guitars 本社にメールで問い合わせた。
 できれば同社の楽器にくわしい、リペア専門店か技術者を紹介してほしいと。
 返答は、現在の日本販売代理店である有名楽器店へということだった。
 事情でローデンの日本代理店は代わっており、わたしの楽器は、いま代理店になっているギター店で買ったものではない。
 しかし、本社にすれば当然のガイダンスだと思うから、あっさりその通りに。店にも、店員にも、なんの問題も責任もない。

 ただ、お店の人がその場で修理を判断。発注先がどんな修理者で、どんな意図でどう作業したかは、わからない。仕上がって渡されたときに説明もない。すこし特殊な使いかたをしているので依頼時に説明したが、伝票には書かれておらず修理者には伝わっていないだろう。
 二台のエレキギターを修理したときは、修理する本人が、楽器を見せながら悪い状態を説明してくれ、うち一台は治すところを見せてくれながらの修理だったので、治った状態の弾き具合が違っても──修理直後は違和感があるが、間もなく明らかに弾きやすく、それまで悪い状態で弾いていたと理解できる──作業意図は百パーセント伝わった……。

 もっとも、修理が終わった自分の楽器を試し弾きしたり、ついでに売りものを弾かせてもらったりしているうちに、修理云々より「ろくに何も弾けなくなっている」のを、いまさら思い知ったショックのほうが大きく(笑)、初心者として出直しだわと思った。
 十年ほど前から、事故で手に力が入れづらくなった。弦を押さえるのも、弦を押し上げて音程を変える「チョーキング」も、思うようにいかず、以後はエクストラライトゲージの弦を半音下げるという、音質的にはお奨めできない「特殊な使いかた」。それでもぎこちない。
 なので、そもそも思うようには弾けないのはしかたない。が、歳をとるたび、ますます弾けなくなっていくとは! それも、しかたないか……。

       ****

 帰途、ギターケースを持ったまま、ほかの店ものぞいてみた。
 あるお店の人に「それはローデンですか」と声をかけられた。年輩の、職人ふうに厚手のエプロンをした、最近の若いショップスタッフにはいない「懐かしい」タイプだ。
 自分のケースには「Lowden」のロゴがついているので、そのお店の高級楽器をもう一台どうですかと奨められるのかなと思ったら、その人は、わたしがこの楽器を買った昔、某楽器店でローデンのギターを担当していたという人。ローデンの修理経験も、もちろんある修理のエキスパートだった。
 Lowden Guitars には紆余曲折があり、わたしの持っているギターと、いまの同型番モデルは、形も方向性も違っている。その方向性の違いや、わたしの楽器の時代の特徴などを教えてもらい、わたしの楽器全体のチェックまでしてくれた。

 曇り気味の気持ちがすこし晴れ、帰宅してみると、別件で、自分がめずらしく、大きく「人のお役に立てた」知らせが届いていた。
 これで、ギターを美しく弾き鳴らせたら最高だが、やっぱり思うようには弾けなかった。
 ありがたい出会いや吉報があったのは、自分じゃなくギターの偉さのおかげ(笑)で、そのギターを存分に使えない自分がふがいなく、本格的にこの楽器の性能を発揮させて音楽がやれる人に譲ったほうが意義があるかとも思うけれど、いましばらくは「ふがいなく」この楽器とつきあっていきたい。(ケ)。
 
*続編もあります→こちら←

※1 ベンスーザンの公式Youtubeアカウントで「Le voyage pour l'Irlande」が聴ける。www.youtube.com/watch?v=luWveym90uE
※2 細かい話ですみませんが、ここは D'Addario Phosphor Bronze Wound Light Gauge .012 - .053 で弾いていたときの話。いまは同じ弦の Extra Light Gauge .010-.047 を半音下げて使っています。一九九〇年ごろのローデンギターは出荷時この D'Addario (Phosphor でないやつ)がセットされていたはず。現行モデルの推奨弦は Elixir と聞きましたが、確認はしていません。 
posted by 冬の夢 at 02:36 | Comment(0) | 日記 旅・徘徊・発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: