2018年03月24日

歌舞伎座三月公演 『国性爺合戦』 『男女道成寺』 『芝浜革財布』

今月の歌舞伎座は、高麗屋襲名披露公演が終わってひと息つく感じのプログラム。見物のほうも三階席で空席が目立ち、ひと休みと言ったところだが、三本ともに十分に充実した芝居だった。

まずは『国性爺合戦』(こくせんやかっせん)。近松門左衛門が書いた人形浄瑠璃が人気沸騰して、歌舞伎に移植された。主人公の和藤内(わとうない)は、歌舞伎の時代物キャラクターそのものだから、人形が隈取りをした役者に変わってもさして違和感はなかっただろう。
当時興行的に大ヒットした影響はお茶屋遊びにも残っている。ジャンケンと同じ拳遊びで、銃を持つ和藤内は虎に勝ち、虎は和藤内の老母渚に勝ち、渚は息子和藤内に勝つ。芸者と客の間に衝立を立てて、ひとつの身振りをしながら、衝立の横から顔を出し合って勝負を決める寸法だ。

千里走るよな藪の中を
皆さん覗いてごろうじませ
金の鉢巻きタスキ
和藤内がえんやらやと
捕らえしけだものは
とらとーら とーらとら
とらとーら とーらとら
とらとーら とーらとら


この座敷遊びが始まると、宴席の人たちは当たり前のように、杖をついた格好をして老母渚になり切り、吼える真似をして虎の形をつくる。文楽や歌舞伎が江戸の人びとに常識として通じていたから、こんなお茶屋遊びが大衆化していたのだ。今でも新橋あたりの芸者衆が普通に「とらとら」をやるのだそうだが、『国性爺合戦』に思い及ぶかどうかは定かでない。

今回の歌舞伎公演では、虎退治が出てくる「千里が竹虎狩り」は省かれていて、楼門の場面から始まる。この楼門をはじめとして、大掛かりな舞台美術が見事。門構えと城壁の丸みのある巨大さ。壁や旗や衣装の艶やかな色彩。玉座に敷いた毛皮に至るまで、異国を表現する絢爛さに溢れている。
和藤内を演るのは愛之助。TVドラマやプライベートのほうで注目されることが多かった愛之助であるが、和藤内を手の内に入れていて進境著しい。芝翫演ずる甘輝と並んで構える終盤においても、決して引けは取らない柄の大きさだ。
芝居としては、以前見た文楽公演と比較すると、登場人物の人間関係が伝わりにくい。錦祥女が自死をもって夫甘輝に韃靼征伐を決意させるのも、上滑りに流れてしまっている。帰化する以前に残した娘だとか日本でめとった妻だとか、根底にある家族の繋がりを心根として伝えてほしかった。

次にかかるのが雀右衛門と松緑の顔合わせによる『男女道成寺』(めおとどうじょうじ)。安珍清姫の道成寺ものには様々なバリエーションがあり、『男女道成寺』は白拍子花子だけではなく、白拍子桜子の二人で出てくる。この桜子が実は狂言師左近で、踊りの途中から男役に変わるという趣向。これを松緑が演るのであるが、なにしろ女形がこれほど似合わない人はいないというくらいの松緑であるから、花子と桜子が並んでもちっとも舞台が映えない。必然的に目は雀右衛門に向くわけであって、雀右衛門はとにもかくにも美しさが際立つ。先代よりも身体に厚みがあるので、可憐な華奢さが感じられない代わりに、熟した色気が漂うようになってきた。
ところで、道成寺ものの本家本元は『京鹿子娘道成寺』(きょうがのこむすめどうじょうじ)であるが、現役の女形の中でこれを踊れる役者は多くはいない。坂田藤十郎が踊ったのはもう十年も前だし、玉三郎は別格だとして、ひとりで踊った経験があるのは、菊之助と七之助、そして雀右衛門のみ。菊之助は二度、白拍子花子を務めた以外に、玉三郎とのコンビで『二人道成寺』を踊ったことがある。そのシンクロニシティが完璧だったので、玉三郎の薫陶を受けた菊之助が『娘道成寺』を受け継ぐ筆頭候補だろう。けれども菊之助の華やかさだけでは物足りない。重厚感があって艶やかな花子は、雀右衛門こそが相応しい。一昨年の暮れに先斗町歌舞練場で踊ったきりの雀右衛門は、今回の『男女道成寺』を踏み台にして、大きく『娘道成寺』に近づいた。ぜひ歌舞伎座で、先代が得意とした舞踊の大曲に挑戦してもらいたいものだ。

最後に出るのが『芝浜革財布』(しばはまかわざいふ)。三遊亭圓朝の落語を舞台化したこの演目が、今月の歌舞伎座の中でいちばんの出来栄え。それはひとえに芝翫の気持ち良い演技に尽きる。「酒呑みだけど性根は真っ直ぐな働き者の職人亭主」という役どころを演じさせたら、今の役者の中では比べる人がいないくらいに、見事に役にハマっている。

この落語話の勘所は、「あれは夢だったのか」をハラに落とすこと。浜で大枚の入った財布を拾った亭主。女房はそんな大金が手に入ったら余計に仕事をしなくなると心配して、亭主が酔っ払っている間に、財布を拾ったのは夢の中でのことにして、役所に拾得物として届けてしまう。落語ならば、酔っ払い亭主の馬鹿さ加減がお笑いになるところなのだが、芝居で生の役者が演じるとなると、単なる馬鹿では話が通らない。冒頭に亭主が実際に財布を拾うところを見せているわけだから、そんなに簡単に夢に出来るわけないだろうと、客席の見物たちは思うところだ。ところが、芝翫の演技と人物表現が巧みであるから、この亭主なら「あれは夢」で納得するのもありだな、とストンと腑に落ちてしまう。つまり、女房思いで一本気。細かいことは気にしない、黒か白かをはっきり分ける。そんな真っ直ぐな性格だから、女房から「財布なんか預かってない」「夢でも見たんじゃないのかい」と言われると、あれは夢だったのかと素直に得心してしまうのだ。
これをきっかけに心機一転、酒をやめて仕事に精進した夫婦は、三年後には商売繁盛で自分の店を構えるまでになっている。女房が財布を拾ったのは夢じゃなかったと、嘘をついたことを詫び、亭主はお前の嘘のおかげで立ち直ることが出来たと感謝する。下げ渡された財布の大金は年を越せぬ人たちのために使ってくれと全額寄進。「そんなの偽善だ」と斜めに構えるところだが、気持ちの良い人たちばかりの人情話が、そのまま気持ち良く見られてしまう。

女房から「私が勧めるんだから、久しぶりに呑んどくれよ」と酒を出される亭主。落語では、ここで「いや、やめとこう。また、夢になっちまう」どサゲるのだが、芝居では「夢なんかじゃないんだよ」と酒を飲み交わし、賑やかな年越しを迎える大団円となる。
芝居の飲み込みを良くさせる、芝翫の存在感が際立った『芝浜』であった。(き)

芝浜.jpg


posted by 冬の夢 at 11:50 | Comment(0) | 伝統芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: