2017年10月14日

選挙が怖い

総選挙の話題が続きます、失礼。)

 第48回衆院選の投票を間近に控え、何だかとても怖い。もちろん、言うまでもなく、自民党・公明党の与党が再び過半数の議席を獲得することが怖い、ということはある。そうなれば、政治はこれまで通りで、平気で嘘を重ねる政治家たちの下品な阿呆面を眺め続けることになるだろう。それは苦痛だ。しかし、いっそう怖いのは、自民党も公明党も、維新の党も、さらには希望の党も、憲法の書き変えに非常に(異様に)積極的という事実だ。それとは対照的に、現行の日本国憲法を維持しようという勢力で、とにもかくにも政党として体を成しているのは、共産党、そして突如誕生した立憲民主党くらいなものだ。(社民党はもはや過去の遺物のようだ。)ということは、今度の選挙結果がどう転んでも、憲法の書き変えは必至だ。まさか自分が生きている間に日本国憲法が殺されるとは、正直、まだ信じられないでいる。

 だが、怖いと思うことはまだある。実際のところ、憲法を書き変えるには、国会での形式的議論(そろそろ誰かがはっきりと大きな声で指摘すべきだと思うが、日本の国会での議論は一から十まで、頭のてっぺんから爪先まで、全部単なる儀式・形式に過ぎず、時間の無駄だ。日本という社会には、議論を深めていく中でお互いに協力して最善の可能性を追求するという文化が存在しない)を経た後に、国民投票をしなければならない。それは敷島の大和の国の日本国始まって以来の、文字通りに初の試みだ。総選挙どころではない、とんでもない騒ぎになるだろう。そもそも、いまだかつて実施したことがないのだから、細かいルールなんぞ存在していない。これから急いで作らねばならないが、急ごしらえの例に漏れず、どうせろくでもない規定を作り上げることだろう。これも怖い。しかもそのくせ、もしかしたら、投票率が低すぎて、全く無駄な国民投票になってしまうかもしれない。これはもっと怖い。

 けれども、怖いことはさらにある。本当に、数え上げたら切りがないほどに。そもそも、なぜ今頃に総選挙が行われるのか? この突如降って湧いたような選挙は何なのか? 言うまでもなく、自ら率いる自民党に有利と判断して、首相がいきなり国会を解散したからだが、こんなあからさまな「反則」が、なぜこんなにも寛大に見逃されているのか? 例えば、もしも与党が選挙区の区割りを自分たちの都合の良いようにあからさまに変更すれば、それは悪名高いゲリマンダーとなり、厳しく非難されるはずだ。が、今度の国会解散・総選挙は、このゲリマンダーに負けず劣らず悪質だ。

 そもそもその正当性が最初から疑われる選挙で、そのような暴挙を平気でやり遂げた政党が順調に支持を集め、一方で、選挙で少しでも有利になるためには、正反対の主張をしている政党に平気で鞍替えするような代議士がウヨウヨし、さらには、何を勘違いしたのか、つい先日都知事になったばかりの、まだ見習い期間とさえ言っても過言ではない、「都民ファースト」の実質的代表(肩書きは「特別顧問」だそうだ)が、最優先すべき都民のことをさっさと放り出し、意気揚々と国政に乗り出してくる。(予想していたことだったが、この変わり身のあまりの早さ、あまりの厚顔無恥にはあらためて驚かされた。)そう、つまり、何が怖いって、これだけの恥知らずが、まるで腐った残飯に湧いたウジ虫のように集っているのに、何だかまるで当たり前のことが起きているかのように毎日が淡々と過ぎていく、これが本当に怖い。

 これって、もうどこにもモラルの欠片もないってことなのでは? もう誰も本気で他人にモラルを求めていないってことなのでは? だから、政治家は平気で嘘が言えるし、企業は平気で製品データの改竄ができるし、ときに従業員が過労死しても、勤務時間の抜本的見直しには繋がらない。そして、多くの人々は、こうしたモラルの決定的欠如を目の当たりにしても、「それも仕方ないね」の一言で軽く流しているのではないか。尋ねられれば、彼らも「とんでもないことだ!」と、一応は憤慨してみせるが、それは実は単なる振りに過ぎず、本当は誰も本気で怒っているわけではないのでは?(そのくせ、いわゆる「クソ真面目な精神」だけは、やたらと発揮したがるから、それもまた実に不思議だ!) 

今度の選挙を通して、今の日本のモラルの低さをイヤと言うほど見せつけられることになるのではないか。これが本当に怖い。 (H.H.)
posted by 冬の夢 at 04:20 | Comment(0) | 時事 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: