2017年04月09日

Bobby Caldwell − Real Thing 元気が出る曲のことを書こう[21] 【改二】

 うわっ、なんてキラキラな音だ!
 キーボードとエレキギターは、区別できないほどピカピカした音色。サックスにはエコーが大盛りだ。
 イントロの響きは天使のハンドベル。お星さまが降ってきて、身も心もメロウに……。
 書いていて恥ずかしくなってくるが、この「おしゃれな音」こそ、一九八〇年代中ばから九〇年代初め、バブル景気まっさかりの夜を彩った響きだ。

 自分で再現してみようと、当時買った大げさなエフェクト機材──「おしゃれなバンド」をやる機会はなくてホコリをかぶったきり──を引っぱり出し、それふうの音色で楽器を弾こうとした。
 いかん! 操作のしかたを忘れた!
 さいわい「プリセット」つまり番号を選べば一発で出る音色に、キラキラ音が用意されていた。デフォルトでプログラムしてあるということは、やはり当時よく使われた音色だったんだな。

       ♪

 歌っているのは、この曲を作ったボビー・コールドウェル。
 アメリカでは、歌手としてはあまり成功しなかったが、作曲家として、さまざまな人気曲を作った人だ。
 アメリカでいうソフト・ロック、アダルト・コンテンポラリーというのだろうか、しなやかで心にしみる、ゆるめのテンポの曲が得意種目で、近年はフランク・シナトラばりにジャズも歌っている。
 なぜか日本では、かなり人気があり、一九九〇年前後にはスポンサーつきのホール公演が何度かあった。近年も高級ライブクラブで来日公演をよく行っている。ことし二〇一七年も、すでに日本で演奏したはずだ。

170409Hm.JPG 
Heart of Mine 1989

 この曲は、『Heart of Mine』(一九八八年)の二曲目だ。
 ほかの歌手やバンドのために作った曲を、自分で歌っている盤だが、この曲は提供先がなかったから──ハワイのカラパナが演奏したが、この盤より後のことだ──コールドウェルの持ち歌といっていいと思う。

 作曲者としては、いかにもヒットしそうなドラマチックな展開の曲作りが特徴だが、歌手としては、熱唱型でなく、わずかに煙った渋い高音域をコントロールし、詞のストーリーを淡々と旋律にのせて歌うタイプだ。
 そこが、とてもいい味だと思う。
 発注元がヒットさせたバージョンより、コールドウェル自身が歌ったこの盤の各曲のほうが、ずっと落ちつく気さえする。
 ただアメリカでは、このての曲には豪華な熱唱のほうが人気があるらしい。コールドウェルの歌手としての売れかたが日米で違った理由は、そこにありそうだ。

       ♪♪

 Here comes the night once again
  またいつもの夜が訪れる
 I'll be feeling lonely
  ひとりぼっちだと思いつづける夜が
 Oh, if only things could work out like you plan
  ことが思ったとおりに なりさえすればいいのに

 Where can love be
  愛はどこにあるんだろう
 Tell me why it's so hard to find somebody
  どうして 出会いがむずかしいのかな
 Who will stand by me
  ぼくのそばにいてくれて
 And take the time to understand
  ぼくのことを わかろうとしてくれる人に
 And so may love again
  出会えれば 愛がよみがえるかもしれないのに

 I want the real thing or nothing at all
  真実そのものがほしい そうでなきゃ なにもいらない
 I need someone that I can be sure will
  ぼくが落ちこみそうだったら かならず
 Catch me if I should fall
  受けとめてくれると信じられる人に いてほしい
 Someone who'll be there when I call
  助けてと叫んだら いてくれる人のことさ
 Then I'll know that it's the real thing
  そうであれば それが真実そのものだと ぼくにはわかる。

 I want the real thing to warm me each night
  毎夜ぼくを あたためてくれる 真実がほしい 
 Someone to love me over and over
  それは ぼくをくりかえし愛してくれる人
 Making the future bright
  未来を照らしてくれて
 Somebody who will make it all right
  だいじょうぶよ と いってくれる人
 Just give me the real thing
  その人こそ ぼくに ほんとうの真実をくれる
  (二番略)
 
170409c2.JPG 
Heart of Mine (輸入盤)

「おしゃれ」なライフスタイルには、さして興味がなかったのに、なぜこのキラキラソングに元気づけられたか。
 じつは、歌詞の意味をとり違えていたが、間違えて受け取った意味が、当時の自分にぴったりだったからだ。

 Aメロの「things could work out like you plan」の「you」、これは「あなた」の「you」ではなく「世間」という意味だそうだ。
 つまり「世の中ってうまくいかない」から孤独になってしまう、だから真実をくれる「Someone」に出会いたいけれど、それはむずかしい、と嘆息している曲である。

 その「you」を「あなた」つまり当時の彼女に通じる、と間違え、こういう曲だと誤解した。

  ものごとが、あなたの思い通りになりさえすれば、ってんだろ。
  そんなのウソっぱちさ。
  ホンネをいうと、あなたでない「Someone」に出会いたいよ。


 実際、そういう関係になっちゃっていたもので……。。

       ♪♪♪

 バブル時代の「おしゃれ」には縁が薄かったくせに、一九九〇年前後のボビー・コールドウェルの「おしゃれ」な来日公演には何度か行っている。
 スポンサーつきのホール公演と書いたが、たしかそのスポンサーの流れで代理店の知人にペアチケットを都合してもらい、ジョージ・ベンソンふうに「メロウな東京の週末」とシャレこんだわけだ。平日だったかもしれないけど。

 なのに、隣にいる彼女との間には、とうに「the real thing」は失せた、と思っていた。
 しかも、その彼女でない「Someone」と意識しつつあった、べつの女性と、意思のやりとりをしていた。
 まったく、いまこの文に割り込んでブチまけることができない、彼女たちのどちらにとっても、ひどい話だ。

 それにしても、間違えた詞の意味が、あまりにドンピシャで。
 隣席の彼女でない、べつの女性を「Someone who'll be there」だと思うなら、勇気を出して行動しろと元気づけてくれる曲に聴こえて、しかたなかった。
 このときのツアーバンドがまた、キラキラサウンドを完璧に生演奏で聴かせてくれる玄人集団だったのだが、おかげで曲が楽しめるどころか、すべてはっきりさせなきゃダメだという緊張感にとらわれ、席に落ち着けなかった。

       ♪♪♪♪

 意味をとり違えた、この曲に元気づけられてしまった形で、後日のある夜「Someone」(その時点では『Someone 候補』ですが)に、はっきり意中を伝えるため会いに行った。
 この曲がはいった『Heart of Mine』をヘッドホンで聴きながら。当時はカセットプレーヤーだ!
 
 しかしその夜、「Someone who'll be there」であるはずの女性には、会えなかった。
 カセットプレーヤーがかさばる仕事カバンの中には、携帯電話もスマホもモバイルツールもない。いきなり訪ねて出会えず、近辺に公衆電話がなければ、機会をあらためなければならない。

 なぜか、再び訪ねていくことはなかった。
 いまとなっては、理由はよくわからない。
 そうしないまま、すべてが終わり、ふたりの女性とは以後、縁はない。

       ♪♪♪♪♪


 ずっと後になって、「リアル」ということばが流行する。「〜にとってのリアル」というように。
 なぜか「リアリティ」ではなく「リアル」という。
 そのころには、自分にとっての「the real thing」は、人も、モノも、どこにも見当たらなくなっていた。
 いや、見当たらないというより、わたし自身、嘘だらけの世の中で生きることに慣れてしまい、自分にも他人にも嘘をつくのがあたりまえになっていたのだろう。真実と虚構の区別も、つかなくなっていたかもしれない。

 この曲はもちろん、「おしゃれ音楽」をすすんで聴くことも、めったになくなっていた。ボビー・コールドウェルの盤は、けっこう持っているが、どこかにやってしまっていた。
 この曲の歌詞の意味をとり違えていたことは、長く気づかなかった。じつは、この曲のことを書いてみようかと思ったとき知った。ほとんど昨日のことだ。(ケ)


※ 二〇一九年六月三日、十一月二十日、二〇二〇年六月十七日、すこし手直ししました。管理用


●「元気が出る曲のことを書こう」の記事一覧は→こちら←

posted by 冬の夢 at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 映画音楽・ソウルなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く:ペンネーム可・アドレスは表示されません
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック